Category : 海外ニュース

fisco1
13時間前

23日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と続落、貴州マオタイは連日で最高値(訂正)

23日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比13.73ポイント(0.45%)安の3061.95ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、14.23ポイント(0.44%)安の3206.67ポイントで取引を終えている。

不透明感が嫌気される。金融市場への監督強化や、不動産引き締めの動きなどが警戒された。足元で市中金利が上昇していることも懸念されている。

業種別では、海底資源関連の銘柄群が急落。海洋油田掘削サービス大手の中海油田服務(601808/SH)がストップ安し、海上油田エンジニアリングの海洋石油工程(600583/SH)が8.4%安で引けている。利益確定売りに押された。中国によるメタンハイドレート試掘成功を手がかりに、両社株はこのところ上げが目立っていた。不動産株や自動車株、運輸関連株、非鉄株、ITハイテク関連株などもさえない。

半面、保険株は続伸。中国保険監督管理委員会が保険各社に対し、「重要なインフラ建設プロジェクトに投資することを支持がする」と通達したことが引き続き材料視された。「一帯一路」関連のインフラプロジェクトに関し、投資手続きを簡素化する方針も打ち出されている。時価総額上位の銀行株やエネルギー関連株などもしっかり。酒造株も高い。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)は2.8%高の454.20人民元と続伸。連日で上場来高値を更新し、時価総額は5705億6500万人民元(約9兆2150億円)に膨らんだ。

一方、外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が5.68ポイント(1.77%)安の316.14ポイント、深センB株指数が10.50ポイント(0.97%)安の1076.64ポイントで終了した。


【亜州IR】

<WA>

fisco1
20時間前

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値下がり、新規の買い材料に乏しいなかで売られる流れ

【ブラジル】ボベスパ指数 61673.49 -1.54%
22日のブラジル株式市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前日比965.82ポイント安(-1.54%)の61673.49で取引を終えた。62638.49まで上昇した後、一時60924.77まで下落した。

売りが先行した後は下げ幅を拡大させ、その後は安値圏でもみ合った。国内の政治不安が依然として解消されていないことが引き続き指数を圧迫。テメル大統領が汚職に関わったとの疑いが浮上し、ブラジル最高裁が大統領の調査を承認したと報じられている。大統領が弾劾されれば、これまで進められてきた構造改革が一段と遅れると懸念されている。一方、原油価格が続伸したが、指数をサポートするには力不足だった。

【ロシア】MICEX指数 1950.51 -0.61%
22日のロシア株式市場は3日続落。主要指標のMICEX指数は前日比11.89ポイント安(-0.61%)の1950.51で取引を終了した。1966.66から1941.78まで下落した。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅を再び拡大させた。通貨ルーブル高の進行を受け、資源輸出大手に売りが継続し、指数の足かせとなった。一方、ブレント原油価格が上昇したが、相場を支えるには力不足だった。また、ロシアの成長率が7-12月に2%まで加速するとの見方も出ている。

【インド】SENSEX指数 30570.97 +0.35%
22日のインドSENSEX指数は強含み。前日比106.05ポイント高(+0.35%)の30570.97、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同10.35ポイント高(+0.11%)の9438.25で取引を終えた。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅をやや縮小させた。成長率の加速観測が好感された。モルガン・スタンレー証券(MS)は最新リポートで、インドの成長率が今年12月までに7.9%まで加速するとの見方を示した。インド景気が順調に回復している上、工業生産などが拡大段階に突入していると評価した。また、向こう3四半期の成長ペースについて、1%ずつ加速するとも予測した。

【中国本土】上海総合指数 3075.68 -0.48%
週明け22日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比14.96ポイント安(-0.48%)の3075.68ポイントと反落した。

新規の買い材料に乏しいなかで売られる流れ。金融当局の監督管理強化に対する不安が依然としてくすぶっている。業種別では、不動産株がさえない。上海世茂(600823/SH)が1.5%安、緑地控股(600606/SH)が1.1%安で引けた。不動産引き締め策を導入する都市が北京や上海といった大都市だけでなく、地方都市にも広がっている実態が嫌気されている。

<CS>

fisco1
22時間前

22日のNY市場は上昇



NYDOW;20894.83;+89.99
Nasdaq;6133.62;+49.92
CME225;19685;+15(大証比)


22日のNY市場は上昇。ダウ平均は89.99ドル高の20894.83、ナスダックは49.92ポイント高の6133.62で取引を終了した。原油相場の上昇を受けて買いが先行。トランプ大統領が外遊先のサウジアラビアで約1100億ドル相当の兵器売却で合意し、防衛関連株を中心に買いが広がり、終日堅調推移となった。セクター別では、半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が上昇する一方でエネルギーや医薬品・バイオテクノロジーが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の19685円。ADRの日本株はトヨタ、三菱UFJ、ルネサスが冴えない他は、NTTドコモ、ソフトバンクG
、ファナック、任天堂、ファーストリテ、京セラなど、対東証比較(1ドル111.29円換算)で全般小じっかり。

<TM>

fisco1
1日前

22日の香港市場概況:ハンセン0.9%高と続伸、テンセント連日で高値更新

週明け22日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比216.47ポイント(0.86%)高の25391.34ポイントと続伸し、本土企業株で構成されるH株指数が106.93ポイント(1.04%)高の10374.32ポイントと5日ぶりに反発した。ハンセン指数は約1年10カ月ぶりの高値を切り上げている。売買代金は818億5000万香港ドルに拡大した(19日は701億2300万香港ドル)。

海外株高が追い風。原油相場の大幅続伸を材料に、先週末の欧米市場で主要株価指数が軒並み上昇したことを好感した。上海商品取引所でこの日、非鉄や鉄鋼などの上場商品が急伸したことも投資家心理を上向かせている。香港の各指数は上げ幅を徐々に広げた。ハンセン指数の構成銘柄では、中国平安保険(2318/HK)が4.1%高、吉利汽車HD(175/HK)が3.6%高、銀河娯楽集団(27/HK)が2.9%高と上げが目立っている。保険株に関しては、中国保険監督管理委員会が保険各社に対し、「リスクを低く抑えることを前提に、重要なインフラ建設プロジェクトに投資することを支持がする」と通達したことが支援材料となった。インターネットサービス最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)は2.6%高の275.40香港ドルと続伸。連日で上場来高値を更新している。ブローカー各社が相次いで同社株の強気見通しを明らかにしたことなどが手がかりだ。

資源・素材セクターもしっかり。石炭のエン州煤業(1171/HK)が2.8%、石油の中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が1.1%、非鉄の中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が1.7%、鉄鋼の馬鞍山鋼鉄(323/HK)が6.9%ずつ値を上げた。市況高がプラス。なかでも、鉄筋先物は先週、週間で8%超上昇し、本日も堅調に推移した。

薬品関連セクターも物色される。中医薬メーカーの中国神威薬業集団(2877/HK)が2.3%高、中医薬を中核とする薬品メーカーの広州白雲山医薬集団(874/HK)が1.4%高、抗生物質・ビタミンC生産の石薬集団(CSPCファーマシューティカル・グループ:1093/HK)が1.2%高、薬品卸で中国最大手の国薬HD(サイノファーム・グループ:1099/HK)が3.3%高で引けた。

一方、本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.48%安の3075.68ポイントで取引を終えた。不動産株や証券株が安い。ゼネコンや建材などインフラ関連株も下げが目立った。半面、白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)は0.22%高の441.78人民元と続伸。小幅ながら連日で上場来高値を更新した。時価総額は5549億6300万人民元(約8兆9984億円)に膨らんでいる。


【亜州IR】


<SK>

fisco1
2日前

22日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と反落、保険株は急伸

週明け22日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比14.96ポイント(0.48%)安の3075.68ポイントと反落した。上海A株指数も下落し、15.58ポイント(0.48%)安の3220.90ポイントで取引を終えている。

新規の買い材料に乏しいなかで売られる流れ。金融当局の監督管理強化に対する不安が依然としてくすぶっている。業種別では、不動産株がさえない。上海世茂(600823/SH)が1.5%安、緑地控股(600606/SH)が1.1%安で引けた。不動産引き締め策を導入する都市が北京や上海といった大都市だけでなく、地方都市にも広がっている実態が嫌気されている。

証券株も安い。中国銀河証券(601881/SH)が4.8%、中原証券(601375/SH)が4.0%ずつ下落した。ゼネコンや建材などインフラ関連株も下げが目立っている。ITハイテク関連株、運輸関連株、自動車株、発電株なども売られた。

半面、保険株は逆行高。中国平安保険(601318/SH)が4.5%上昇した。中国保険監督管理委員会が保険各社に対し、「リスクを低く抑えることを前提に、重要なインフラ建設プロジェクトに投資することを支持する」と通達したことが支援材料となっている。銀行株や石油株の一角もしっかり。

外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が3.89ポイント(1.19%)安の321.82ポイント、深センB株指数が8.03ポイント(0.73%)安の1087.14ポイントで終了した。


【亜州IR】


<WA>

fisco1
2日前

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数はまちまち、成長率の上方修正観測が支援材料

【ブラジル】ボベスパ指数 62639.31 +1.69%
19日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比1042.26ポイント高(+1.69%)の62639.31で取引を終えた。63488.18まで上昇した後、一時61596.81まで下落した。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅をやや縮小させた。前日の急落を受けた反動から幅広い銘柄に買い戻しが広がった。また、原油価格の上昇も支援材料。一方、汚職に絡んだ疑いで国内ではテメル大統領を弾劾する可能性が依然として残されており、政治不安から大幅に回復する動きはみられなかった。

【ロシア】MICEX指数 1962.40 -0.27%
19日のロシア株式市場は続落。主要指標のMICEX指数は前日比5.26ポイント安(-0.27%)の1962.40で取引を終了した。1977.03から1954.32まで下落した。

買いが先行した後は前日の終値近辺でもみ合った。天然ガス大手ガスプロム(GAZP)の下落が足かせとなり、指数の下げを主導した。同社の配当金に失望した売りが広がり、ほかの資源関連も連れ安となった。一方、ブレント原油価格が上昇したが、相場を支えるにはやや力不足だった。

【インド】SENSEX指数 30464.92 +0.10%
19日のインドSENSEX指数はまちまち。前日比30.13ポイント高(+0.10%)の30464.92、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同1.55ポイント安(-0.02%)の9427.90で取引を終えた。

買いが先行した後は売りに押され、その後は前日の終値近辺でもみ合った。成長率の上方修正観測が支援材料。野村インターナショナルは最新リポートで、2016年度(17年3月まで1年間)のインドの成長率が6.7%から7.4%に上方修正されるとの見方を示した。統計局が先週、16年度の卸売物価指数や鉱工業生産を訂正したため、それに伴うGDPも修正されると予測した。

【中国本土】上海総合指数 3090.63 +0.02%
19日の上海総合指数は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比0.49ポイント高(+0.02%)の3090.63ポイントと3日ぶりに反発した。

個別に材料の出た銘柄が上昇し相場を支えた。金融当局の監督管理強化に対する懸念がくすぶるなか、指数は一進一退したが、引けにかけて買いが優勢となっている。

<CS>

fisco1
2日前

19日の米国株式相場は上昇



NYDOW;20804.84;+141.82
Nasdaq;6083.70;+28.57
CME225;19685;+85(大証比)



19日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は141.82ドル高の20804.84、ナスダックは28.57ポイント高の6083.70で取引を終了した。原油相場が1バレル50ドルを超す上昇となり、買いが先行。司法省がロシアへの情報漏洩疑惑に関する捜査指揮に特別検察官を任命したことで先行き不透明感がやや後退し、終日堅調推移となった。セクター別では医薬品・バイオテクノロジーを除いて全面高となり、資本財やエネルギーの上昇が目立った。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比85円高の19685円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、三井住友、任天堂、ファーストリテ、花王、京セラ、資生堂など、対東証比較(1ドル111.26円換算)で全般堅調。

<TM>

fisco1
5日前

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は反落、リスク回避の売りが広がった

【ブラジル】ボベスパ指数 61597.05 -8.80%
18日のブラジル株式市場は大幅続落。主要指標のボベスパ指数は前日比5943.20ポイント安(-8.80%)の61597.05で取引を終えた。67535.78まで上昇した後、一時60314.70まで下落した。

小動きに寄り付いた後は下げ幅を急速に拡大させ、引けまで安値圏でもみ合った。国内政治不安の高まりを受け、株のほか、通貨レアルも急落。政府がテメル大統領の更迭を検討しているとの報道が警戒された。汚職調査でテメル大統領も関連したとの疑いが浮上している。外部環境では、トランプ米大統領の情報漏えい疑惑に伴う弾劾懸念が高まっていることなども足かせとなった。

【ロシア】MICEX指数 1967.66 -1.34%
18日のロシア株式市場は反落。主要指標のMICEX指数は前日比26.69ポイント安(-1.34%)の1967.66で取引を終了した。1996.85から1961.20まで下落した。

朝方はプラス圏を回復する場面もあったが、その後はじりじりと下げ幅を拡大させた。トランプ米大統領の機密情報漏えい疑惑に伴い、大統領が弾劾されるとの懸念が高まっていることを受け、リスク回避の売りが広がった。また、ブレント原油価格の下落なども資源セクターの足かせとなった。

【インド】SENSEX指数 30434.79 -0.73%
18日のインドSENSEX指数は4日ぶりに反落。前日比223.98ポイント安(-0.73%)の30434.79、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同96.30ポイント安(-1.01%)の9429.45で取引を終えた。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅をやや拡大させた。トランプ米大統領によるロシアへの機密情報漏えい問題などで前日の欧米市場が下落した。また、この日のアジア市場もさえない展開を示していたため、インド株にも売り圧力が強まった。

【中国本土】上海総合指数 3090.14 -0.46%
18日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比14.30ポイント安(-0.46%)の3090.14ポイントと続落した。

金融当局の監督管理強化などを嫌気した売りが続く。中国保険監督管理委員会は4月10日から現在までの約1カ月間で計8件もの文書を発表し、保険会社に対してリスク管理の強化などを指示した。なかでも、特に重点的に監督する分野として、大口の株式投資、不動産投資、海外投資などを挙げている。

<CS>

fisco1
5日前

18日のNY市場は上昇



NYDOW;20663.02;+56.09
Nasdaq;6055.13;+43.89
CME225;19605;+35(大証比)



18日のNY市場は上昇。ダウ平均は56.09ドル高の20663.02、ナスダックは43.89ポイント高の6055.13で取引を終了した。朝方はトランプ政権を巡る先行き不透明感からもみ合う展開となったが、週間新規失業保険申請件数や4月景気先行指数が堅調な内容となり上昇。ハイテク株が選好されたほか、昨日の株価急落を受けた買い戻しも入り、上げ幅を拡大した。セクター別では、半導体・半導体製造装置や食品・生活必需品小売が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や耐久消費財・アパレルが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円高の19605円。ADRの日本株は任天堂、味の素が小安い他は、トヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、花王など、対東証比較(1ドル111.5円換算)で全般小じっかり。
<TM>

fisco1
5日前

18日の香港市場概況:ハンセン0.6%安と3日続落、テンセントは連日で高値更新

18日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比157.11ポイント(0.62%)安の25136.52ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が111.79ポイント(1.08%)安の10271.35ポイントとそろって3日続落した。売買代金は917億8800万香港ドルに拡大している(17日は695億9600万香港ドル)。

内外の不安材料が嫌気される。トランプ米政権の政策運営に対する懸念が強まるなか、昨夜の米株は1.8%下落した。中国金融当局の監督管理強化などが警戒され、本土株が続落したことも逆風。中国保険監督管理委員会は4月10日から現在までの約1カ月間で計8件もの文書を発表し、保険会社に対してリスク管理の強化などを指示した。特に重点的に監督する分野として、大口の株式投資、不動産投資、海外投資などが挙げられている。

ハンセン指数の構成銘柄では、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が9.8%の急落。空売り投資ファンドのゴッサム・シティ・リサーチが18日、粉飾決算の疑いなどを指摘するリポート第2弾を発表したことが売り材料となった。後場に入り下げ幅を大幅に広げている(前場は2.5%安で終了)。そのほか金融大手グループのHSBC(5/HK)は0.7%安。HSBCを含む金融機関7行に対し、メキシコ当局が債券価格操作の疑いで調査を進めている——と伝えられた。

H株金融セクターも軒並み安。中国郵政貯蓄銀行(1658/HK)が3.2%、交通銀行(3328/HK)が1.2%、新華人寿保険(1336/HK)が2.9%、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が1.8%、中国銀河証券(6881/HK)が2.0%、海通証券(6837/HK)が1.9%ずつ値を下げた。

一方、インターネットサービス最大手のテンセントは、1.6%高の264.00香港ドルと続伸。連日で上場来高値を更新した。同社は昨日引け後に市場予想を上回る1~3月期決算を発表し、売上高と純利益が四半期ベースで過去最高を更新したことを明らかにしている。香港拠点の銘柄群も逆行高。香港鉄路(MTR:66/HK)が1.1%、香港中華煤気(ホンコン・チャイナガス:3/HK)が0.8%、恒生銀行(ハンセン銀行:11/HK)が0.5%ずつ上昇した。香港鉄路は連日で上場来高値を更新。「マレーシア~シンガポール高速鉄道」の建設工事受注などに対する期待感が続いている。

本土市場は続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.46%安の3090.14ポイントで取引を終えた。金融当局の監督管理強化などを嫌気した売りが続く。インフラ関連株が安い。金融株や不動産株なども売られた。

【亜州IR】






<HT>

fisco1
6日前

18日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と続落、海底資源関連は急伸

18日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比14.30ポイント(0.46%)安の3090.14ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、14.99ポイント(0.46%)安の3235.97ポイントで取引を終えている。

金融当局の監督管理強化などを嫌気した売りが続く。中国保険監督管理委員会は4月10日から現在までの約1カ月間で計8件もの文書を発表し、保険会社に対してリスク管理の強化などを指示した。なかでも、特に重点的に監督する分野として、大口の株式投資、不動産投資、海外投資などを挙げている。

業種別では、ゼネコンや建材などインフラ関連セクターの下げが目立つ。中国交通建設(601800/SH)が2.7%安、北京金隅(601992/SH)が1.9%安で引けた。金融株や不動産株もさえない。空運株や海運株、自動車株、発電株、ITハイテク関連株、消費関連株の一角も売られた。

半面、海底資源関連の銘柄群は急伸。海洋油田掘削サービス大手の中海油田服務(601808/SH)がストップ高し、海上油田エンジニアリングの海洋石油工程(600583/SH)が7.5%高と値を上げた。「メタンハイドレートの連続試掘に世界で初めて成功した」と報じられたことが刺激材料となっている。

外貨建てB株相場は反落。上海B株指数が0.99ポイント(0.30%)安の325.52ポイント、深センB株指数が5.37ポイント(0.49%)安の1094.40ポイントで終了した。


【亜州IR】

<WA>

前の記事へ »