Category : 海外ニュース

fisco1
4時間前

27日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高と3日続伸、石炭株と鉄鋼株に買い

27日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比5.75ポイント(0.18%)高の3191.20ポイントと3日続伸した。約2カ月ぶりの高値水準を連日で切り上げている。上海A株指数も上昇し、6.02ポイント(0.18%)高の3342.10ポイントで取引を終えた。

中国景気の動向が楽観される。李克強首相は27日、大連市で開幕した夏季ダボス会議の冒頭で「中国経済は第2四半期も引き続き回復の勢いが増している」と指摘。この発言内容などが買い安心感を誘った。指数は前日の上げが大きかっただけに、戻り待ちの売り圧力が意識され小安く推移していたが、終盤に入りプラスに転じている。

業種別では、石炭株と鉄鋼株が高い。永泰能源(600157/SH)が2.0%、新余鋼鉄(600782/SH)が3.2%ずつ上昇した。前述した会議では、供給過剰問題を抱える業界で生産能力の淘汰・廃棄を推し進める方針が強調されている。非鉄株などもしっかり。政府系の防衛関連株やゼネコン株も高い。国有企業改革の進ちょくが期待された。自動車株や消費関連株、銀行株の一角も物色されている。

一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.79ポイント(0.24%)高の327.09ポイント、深センB株指数が0.24ポイント(0.02%)安の1144.35ポイントで終了した。

【亜州IR】

<CS>

fisco1
10時間前

概況からBRICsを知ろう~ブラジルボベスパ指数は大幅反発、銀行株が主に上昇

【ブラジル】ボベスパ指数 62188.09 +1.8%
26日のブラジル株式市場で主要指標のボベスパ指数は大幅反発。前週末比1.8%高の62188.09で取引を終えた。金融セクター(銀行株)の上昇ガ目立った。エネルギーセクターも強い動きを見せた。ボベスパ指数の構成銘柄のうち、49が上昇、9が下落、変わらずは1だった。

イタウ・ウニバンコ・ホールディング、ブラデスコ銀行、ブラジル銀行が上昇し、株価指数の上昇に寄与した。また、NY原油相場の続伸を意識してエネルギーなどの関連セクターの銘柄がしっかりとなった。

【ロシア】MICEX指数 1860.39 -0.38%
26日のロシア株式市場で主要株価指数のMICEX指数は反落。前日比-0.38%、7.07ポイント安の1860.39で取引を終えた。原油価格の続伸やルーブル高が意識されたが、利益確定とみられる売りが観測されており、株価指数を圧迫した。米長期金利の伸び悩みは株価指数に対する支援材料になるとみられており、株価指数の先高観は後退していないようだ。

【インド】
休場

【中国本土】上海総合指数  3185.44 +0.87%
26日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比27.57ポイント高(+0.87%)の3185.44ポイントと続伸した。約2カ月ぶりの高値水準を回復している。

海外資金の流入期待が再び高まる流れ。中国メディアの取材に対し、米MSCIのヘンリー・フェルナンデスCEOは25日、MSCI新興国株指数の中国A株組み入れが将来的に増える可能性を示唆した。それに先立つ21日、MSCIは同指数に中国A株を採用することを決定したばかり。実際の組み入れは2018年6月からとなる。当初は大型株222銘柄を採用すると発表した。


<NH>

fisco1
14時間前

26日のNY市場はまちまち



NYDOW;21409.55;-14.79
Nasdaq;6247.15;+18.10
CME225;20185;+65(大証比)



26日のNY市場はまちまち。ダウ平均は14.79ドル高の21409.55、ナスダックは18.10ポイント安の6247.15で取引を終了した。5月耐久財受注が予想以上の落ち込みとなり長期金利が低下。朝方、一時的に連銀の金融正常化プロセスのペースが鈍化するとの見方で買われる場面もあったが、その後は通信や公益関連などディフェンシブ銘柄が選好され上値の重い展開となった。イタリアの銀行救済を受けて金融セクターも概ね底堅い動きとなった。セクター別では、食品・生活必需品小売や自動車・自動車部品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の20185円。ADRの日本株はソフトバンクGが小安い他は、トヨタ、ファナック、三井住友、任天堂、ソニー、ファーストリテ、京セラ、HOYAなど、対東証比較(1ドル111.85円換算)で全般堅調。 <TM>

fisco1
1日前

26日の香港市場概況:ハンセン0.8%高と5日ぶり反発、政策期待が強まる

週明け26日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比201.84ポイント(0.79%)高の25871.89ポイントと5日ぶりに反発し、本土企業株で構成されるH株指数が100.62ポイント(0.96%)高の10530.66ポイントと3日続伸した。売買代金は681億9300万香港ドルと小幅ながら拡大している(23日の売買代金は658億500万香港ドル)。


政策期待の高まりで買われる展開。香港返還20周年式典を今週末の7月1日に控えるなか、習近平国家主席が29日から3日間の予定で香港を訪問することが材料視された。「粤港澳大湾区」(広東・香港・マカオの経済、金融、交通インフラ、物流などを一体化するベイエリア構想)建設計画が正式発表されるとの観測が流れている。本土株高も追い風。上海総合指数は約3カ月ぶりの高値水準を回復した。香港の各指数は終盤に入り上げ幅を拡大している。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港金融大手の中銀香港(BOCホンコン:2388/HK)が6.3%高、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が4.6%高、中国政府系デベロッパーの華潤置地(1109/HK)が3.2%高と上げが目立った。中銀香港に関しては、モルガン・スタンレーが最新リポートで目標株価を上方修正したことも支援材料となっている(38.00→46.00香港ドル、前場終値は36.85香港ドル)。このほか、マカオ・カジノ株なども物色された。

建材や鉄鋼の素材セクターも高い。中国中材(1893/HK)が3.5%、安徽海螺水泥(安徽コンチセメント:914/HK)が2.6%、北京金隅(BBMG:2009/HK)が1.8%、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が3.3%、鞍鋼(アンガン・スチール:347/HK)が1.9%ずつ値を上げた。

H株金融セクターもしっかり。中国太平洋保険集団(2601/HK)が3.2%高、中国平安保険(2318/HK)が1.5%高、中信証券(6030/HK)が1.6%高、中信銀行(CITICバンク:998/HK)が1.3%高で引けた。

本土市場は続伸。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.87%高の3185.44ポイントで取引を終えた。海外資金の流入期待が再び強まる流れ。証券株が軒並み上昇した。インフラ関連株、ITハイテク関連株、不動産株、資源・素材株なども買われている。

【亜州IR】

<CS>

fisco1
1日前

26日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高と続伸、貴州マオタイ最高値更新

週明け26日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比27.57ポイント(0.87%)高の3185.44ポイントと続伸した。約3カ月ぶりの高値水準を回復している。上海A株指数も上昇し、28.86ポイント(0.87%)高の3336.09ポイントで取引を終えた。

海外資金の流入期待が再び高まる流れ。中国メディアの取材に対し、米MSCIのヘンリー・フェルナンデスCEOは25日、MSCI新興国株指数の中国A株組み入れが将来的に増える可能性を示唆した。それに先立つ21日、MSCIは同指数に中国A株を採用することを決定したばかり。実際の組み入れは2018年6月からとなる。当初は大型株222銘柄を採用すると発表した。

幅広い銘柄が物色される。上海総合指数の構成銘柄は、9割近くが上昇した。個別では、MSCIの採用が有望視される白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.5%高の484.68人民元に反発し、上場来高値を更新している。証券株も軒並み上昇。国泰君安証券(601211/SH)は3.1%高で引けた。インフラ関連株も高い。建機の三一重工(600031/SH)が7.1%、発電設備の上海電気集団(601727/SH)が4.3%ずつ値を上げた。ITハイテク関連株、不動産株、資源・素材株なども上げが目立っている。

外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が3.25ポイント(1.00%)高の326.31ポイント、深センB株指数が12.48ポイント(1.10%)高の1144.59ポイントで終了した。

【亜州IR】

<CS>

fisco1
1日前

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値上がり、時価総額上位の金融株が上昇し相場を支える

【ブラジル】ボベスパ指数 61087.14 -0.30%
23日のブラジル株式市場ではボベスパ指数は弱含み。前日比185.08ポイント安(-0.30%)
の61087.14で取引を終えた。

セクター別では公益事業、エネルギーの下げが目立った。一般消費財・サービス、情報技術はしっかり。株価指数構成銘柄では23が上昇、35が下落、かわらずは1だった。

【ロシア】MICEX指数 1867.46 +0.40%
23日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMICEX指数は前日比7.41ポイント高(+0.40%)の1867.46で取引を終了した。1850.22から一時1876.36まで上昇した。通貨安の影響が懸念されているが、株価指数は強い動きを見せた。22日に続いて原油価格がやや上昇したことも好感されたようだ。欧州諸国の株安は特に嫌気されなかった。

【インド】SENSEX指数 31138.21 -0.49%
23日のインドSENSEX指数は弱含み。前日比152.53ポイント安(-0.49%)の31138.21、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同55.05ポイント安(-0.57%)の9574.95で取引を終えた。

国内勢などの買いはやや後退しており、株価指数を圧迫した。引け前に欧米株安に対する警戒感が再浮上したようだ。SENSEX指数構成銘柄では、11が上昇、20が下落。パワーグリッドコーポレーションオブインディア(PWGR)が堅調推移。一方、タタ・モーターズ(TTMT)は軟調推移。

【中国本土】上海総合指数  3157.87 +0.33%
23日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比10.42ポイント高(+0.33%)の3157.87ポイントと反発した。

時価総額上位の金融株が上昇し、相場を支える。金融面の監督強化に対する警戒感が再燃し、指数は安く推移していたが、引け近くに買いの勢いが強まった。個別では、中国工商銀行(601398/SH)と中国人寿保険(601628/SH)が0.8%ずつ上昇している。不動産株の上げも目立つ。大手の保利地産(600048/SH)が4.0%上昇した。自動車株や資源・素材株、バイオ医薬関連株、消費関連株の一角なども物色されている。


<NH>

fisco1
2日前

23日のNY市場はまちまち



NYDOW;21394.76;-2.53
Nasdaq;6265.25;+28.56
CME225;20095;+15(大証比)



23日のNY市場はまちまち。ダウ平均は2.53ドル安の21394.76、ナスダックは28.56ポイント高の6265.25で取引を終了した。小幅下落して寄り付いたものの、原油価格が続伸したことが好感され上昇に転じた。昨日、連銀による大手金融機関のストレステストの一部が発表され、朝方は金融セクターが買われる場面もあったが、引けにかけて長期金利が低下したことでダウ平均は下落へと転じる展開となった。セクター別では、ソフトウェア・サービスや耐久消費財・アパレルが上昇する一方で食品・生活必需品小売や各種金融が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の20095円。ADRの日本株はソフトバンクG、三井住友、ホンダ、任天堂が上昇。半面、トヨタ、ファナック、ファーストリテ、SUBARUが小安いなど、対東証比較
(1ドル111.28円換算)で高安まちまち。

<TM>

fisco1
4日前

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数はまちまち、外国人投資家が買い越しに転じたことが指数をサポートした

【ブラジル】ボベスパ指数 61272.21 +0.84%
22日のブラジル株式市場は3日ぶりに反発。主要指標のボベスパ指数は前日比510.47ポイント高(+0.84%)の61272.21で取引を終えた。61353.61まで上昇した後、一時60758.22まで下落した。

終始プラス圏で推移し、引けに掛けて上げ幅をじりじりと拡大させた。原油価格が下げ止まったことが支援材料となり、資源の一角に買い戻しが広がった。また、最近の下落で値ごろ感も強い。一方、米国がブラジル産牛肉の輸入を一時停止しているとの報道が関連銘柄の売り材料となった。米国は、安全性が確認されるまで再開しない方針を示した。

【ロシア】MICEX指数 1860.05 +0.50%
22日のロシア株式市場は反発。主要指標のMICEX指数は前日比9.24ポイント高(+0.50%)の1860.05で取引を終了した。1863.42から1836.02まで下落した。

売りが先行した後は買い戻され、引けに掛けて上げ幅をじりじりと拡大させた。最近の下落で値ごろ感が強まり、幅広い銘柄に買い戻しが広がった。また、ブレント原油価格が反発したことも資源セクターの支援材料。一方、前日の欧州市場の下落が圧迫材料となり、朝方は軟調な展開を示した。

【インド】SENSEX指数 31290.74 +0.02%
22日のインドSENSEX指数はまちまち。前日比7.10ポイント高(+0.02%)の31290.74、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同3.60ポイント安(-0.04%)の9630.00で取引を終えた。

外国人投資家(FII)が買い越しに転じたことが指数をサポートした。FIIはこの日10日ぶりの買い越しとなった。また、物品・サービス税(GST)の導入(7月1日の予定)に伴う外資の流入期待が高まっていることも支援材料となった。一方、SENSEX指数が取引中に再び過去最高値を更新しており、高値警戒感から終盤に利益確定売りが優勢となった。

【中国本土】上海総合指数 3147.45 -0.28%
22日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.76ポイント安(-0.28%)の3147.45ポイントと反落した。

好材料の出尽くし感が意識される流れ。人民元建てA株がMSCI新興国株指数に採用されたことを材料に、指数は約2カ月ぶりの高値圏まで上昇したものの、引けにかけて売りが優勢となった。上海商品取引所でこの日、非鉄の一角が下げたこともマイナス材料となっている。

<CS>

fisco1
5日前

22日のNY市場はまちまち



NYDOW;21397.29;-12.74
Nasdaq;6236.69;+2.73
CME225;20100;+30(大証比)



22日のNY市場はまちまち。ダウ平均は12.74ドル安の21397.29、ナスダックは2.73ポイント高の6236.69で取引を終了した。朝方は前日終値を挟んで小動きとなったものの、共和党上院のオバマケア代替法案の詳細が明らかになると、ヘルスケアセクターを中心に上昇。原油価格が反発したことや、ハイテク大手決算も好感されたが、引けにかけて上げ幅を縮小し、ダウ平均は下落に転じた。セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で食品・生活必需品小売や保険が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の20100円。ADRの日本株はNTTドコモ、ソフトバンクG、三井住友、ホンダ、任天堂、ファーストリテが小じっかり。半面、トヨタ、三菱UFJ、ルネサス、日鉄住金が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.31円換算)で高安まちまち。 <TM>

fisco1
5日前

22日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と3日続落、H株金融セクターは上昇(訂正)

22日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比20.05ポイント(0.08%)安の25674.53ポイント3日続落する半面、本土企業株で構成されるH株指数は9.17ポイント(0.09%)高の10402.76ポイントと3日ぶりに反発した。売買代金は780億5100万香港ドルと小幅ながら拡大している(21日の売買代金は765億1600万香港ドル)。

好悪材料が入り混じる状況。原油相場の続落が嫌気される半面、中国の政策期待などは追い風となった。本土株が引けにかけてマイナスに転じるなか、香港でも資源・素材セクターが下落している。

業種別では、石油関連セクターがさえない。大手3社の中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)と中国海洋石油(CNOOC:883/HK)がそろって0.4%安、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が0.3%安と下落した。昨夜のWTI原油先物は2.3%安と3日続落し、約10カ月ぶりの安値を付けている。

中国の自動車セクターも安い。東風汽車集団(489/HK)が2.9%、北京汽車(BAICモーター:1958/HK)が2.4%、長城汽車(2333/HK)が1.6%、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.4%ずつ値を下げた。

一方、H株金融セクターは買われる。招商銀行(3968/HK)が3.6%高、中国民生銀行(1988/HK)が2.9%高、華泰証券(HTSC:6886/HK)が2.2%高、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が1.9%高で引けた。

中国の発電セクターも高い。華潤電力HD(836/HK)が4.8%、華電国際電力(1071/HK)が1.7%、大唐国際発電(991/HK)が1.5%ずつ値を上げた。「電力料金に含まれる賦課金のうち、7月1日から一部が減免される」と報じられたことが刺激材料となっている。

本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.28%安の3147.45ポイントで取引を終えた。資源・素材株がさえない。ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株も安い。半面、金融株は買われた。

【亜州IR】

<CS>

fisco1
5日前

22日の中国本土市場概況:上海総合0.3%安と反落、資源・素材株さえない

22日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.76ポイント(0.28%)安の3147.45ポイントと反落した。上海A株指数も下落し、9.18ポイント(0.28%)安の3296.27ポイントで取引を終えている。

好材料の出尽くし感が意識される流れ。人民元建てA株がMSCI新興国株指数に採用されたことを材料に、指数は約2カ月ぶりの高値圏まで上昇したものの、引けにかけて売りが優勢となった。上海商品取引所でこの日、非鉄の一角が下げたこともマイナス材料となっている。

業種別では、資源・素材株がさえない。非鉄の洛陽モリブデン(603993/SH)が2.4%安、鉄鋼の馬鞍山鋼鉄(600808/SH)が1.2%安、建材の北京金隅(601992/SH)が4.0%安で引けた。ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株も安い。不動産株やインフラ関連株、自動車株、消費関連株なども売られた。

半面、金融株はしっかり。招商銀行(600036/SH)が6.7%高、中国人寿保険(601628/SH)が2.5%高、中信証券(600030/SH)が0.8%高で引けた。招商銀行は約9年8カ月ぶりの高値を付けている。

外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.66ポイント(0.20%)安の323.41ポイント、深センB株指数が1.43ポイント(0.13%)高の1125.51ポイントで終了した。

【亜州IR】

<CS>

前の記事へ »