Category : 注目トピックス 外国株

fisco1
5日前

20日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と5日ぶり反発、深セン創業板は1.4%上昇

週明け20日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比9.49ポイント(0.28%)高の3392.40ポイントと5日ぶりに反発している。上海A株指数も上昇し、9.95ポイント(0.28%)高の3552.98ポイントで取引を終えた。

個人投資家のセンチメントが上向く。ベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は一時2.1%安と、約3カ月ぶりの安値まで売られたが、中盤から買いが入り1.4%高で引けている。全体相場も後場に入り、買いが徐々に優勢となった。

上海市場でもITハイテク関連株が急伸。電子・通信機器メーカーの航天信息(600271/SH)が8.1%高、太陽電池関連メーカーの北京京運科技(601908/SH)が8.0%高で引けた。バイオ医薬関連株も物色される。石炭株やセメント株、発電設備株もしっかり。

銀行株も高い。第3四半期(7~9月期)貨幣政策執行報告が公表され、「中立の金融政策スタンスを今後も継続する」と記されたことなどが買い安心感を誘う。一部では、引き締め的な金融政策に対する警戒感が強まっていた。

一方、不動産株はさえない。緑地控股(600606/SH)が2.2%安、金地集団(600383/SH)が1.3%安と値を下げている。中国国家統計局が18日公表した10月の主要70都市・新築住宅価格動向では、前月比の値上がり都市数が9月の44から50に増加したことが分かった。不動産引き締めの動きが不安視されている。

外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.60ポイント(0.17%)高の342.70ポイント、深センB株指数が4.92ポイント(0.41%)安の1182.94ポイントで終了した。


【亜州IR】


<WA>

fisco1
5日前

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は4日ぶりに反発、連日の下落で値ごろ感が強まる

【ブラジル】ボベスパ指数 73437.28 +1.28%
17日のブラジル株式市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比925.49ポイント高(+1.28%)の73437.28で取引を終えた。72389.59から73632.20まで上昇した。

狭いレンジでもみ合った後は後半に上げ幅を拡大させた。原油価格の上昇が好感され、資源の一角に買いが広がった。また、景気の回復見通しも引き続き支援材料。一方、この日の欧米市場が軟調だったことが足かせになった。

【ロシア】MICEX指数 2131.91 -0.03%
17日のロシア株式市場は小反落。主要指標のMICEX指数は前日比0.74ポイント安(-0.03%)の2131.91で取引を終了した。2139.43 から2127.95まで下落した。

売りが先行した後は前日の終値近辺でもみ合った。強弱材料が交錯する中、方向感の乏しい展開となった。原油価格の上昇が好感され、資源の一角が物色された。一方、この日の欧米市場がさえない展開を示したことがロシア株の売り圧力をやや強めた。

【インド】SENSEX指数 33342.80 +0.71%
17日のインドSENSEX指数は続伸。前日比235.98ポイント高(+0.71%)の33342.80、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同68.85ポイント高(+0.67%)の10283.60で取引を終えた。

高く寄り付いた後は狭いレンジでもみ合った。国債の格上げを受け、インドへの投資資金の流入が加速すると期待されている。また、政府が輸出規制を大幅に緩和する方針を示したことも輸出銘柄の支援材料なった。外部環境では、前日の欧米市場の上昇がインド株の買い安心感を与えた。

【中国本土】上海総合指数 3382.91 -0.48%
17日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比16.34ポイント安(-0.48%)の3382.91ポイントと4日続落している。

白酒(中国の蒸留酒)メーカー大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が4.0%安と急落し、投資家心理の重しとなった。このところの同社株上昇について、中国政府系メディアの新華網が16日、投資家に理性的な行動を促すコメントを発表。同社の株価が突然急騰する理由は見当たらないと指摘した。16日の相場では同社株が急伸し、上場来高値を更新。年初からの上昇率は100%を超えていた。人気銘柄の上昇に水を差す発言が全体相場の足かせとなっている。

<FA>

fisco1
1週前

17日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と4日続落、貴州マオタイ4.0%安と反落

17日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比16.34ポイント(0.48%)安の3382.91ポイントと4日続落している。上海A株指数も下落し、16.93ポイント(0.48%)安の342.10ポイントで取引を終えた。

白酒(中国の蒸留酒)メーカー大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が4.0%安と急落し、投資家心理の重しとなった。このところの同社株上昇について、中国政府系メディアの新華網が16日、投資家に理性的な行動を促すコメントを発表。同社の株価が突然急騰する理由は見当たらないと指摘した。16日の相場では同社株が急伸し、上場来高値を更新。年初からの上昇率は100%を超えていた。人気銘柄の上昇に水を差す発言が全体相場の足かせとなっている。

業種別では、鉄鋼株や非鉄株の下げが目立つ。馬鞍山鋼鉄(600808/SH)が5.0%安、江西銅業(600362/SH)が2.6%安で引けた。これまでに公表された今年10月の同国経済指標では、消費や製造、投資などに関する統計が軒並み下振れている。景気鈍化に伴う商品需要の縮小が警戒された。海運株、ITハイテク関連株、バイオ医薬関連株なども安い。不動産株の一角も売られた。

半面、金融株は高い。招商銀行(600036/SH)が4.6%、中国工商銀行(601398/SH)が3.1%、中国農業銀行(601288/SH)が2.5%、中国平安保険(601318/SH)が3.1%、中国人寿保険(601628/SH)が3.0%ずつ上昇した。金融業各社に対しては、業況改善の期待が強まっている。

外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が7.51ポイント(2.15%)安の342.10ポイント、深センB株指数が27.61ポイント(2.27%)安の1187.87ポイントで終了した。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
1週前

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は4日ぶりに反発、連日の下落で値ごろ感が強まる

【ブラジル】ボベスパ指数 +2.38%
16日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比1685.20ポイント高(+2.38%)の72511.79で取引を終えた。70827.38から72895.77まで上昇した。

終始プラス圏で推移し、終盤にかけて上げ幅をじりじりと拡大させた。欧米市場の上昇が好感され、ブラジル株にも買いが広がった。国内では、景気の回復観測が好感された。テメル大統領はこのほど、ブラジル経済が回復軌道に乗っていると強調。2017年のブラジルの成長率が約プラス1%に回復すると予測した。

【ロシア】MICEX指数 2132.65 +0.04%
16日のロシア株式市場は5日ぶりに反発。主要指標のMICEX指数は前日比0.90ポイント高(+0.04%)の2132.65で取引を終了した。2112.20から2147.83まで上昇した。

中盤にマイナス圏に転落したが、その後は再び買い戻された。連日の下落で値ごろ感が強まり、買い戻しがやや優勢。また、利上げ期待が高まっていることも支援材料となった。ロシア中央銀行はこのほど、政策金利を向こう1-2年の間に6-7%まで引き下げると示唆した。一方、銀行セクターの下落が指数の足かせに。また、原油価格の続落も嫌気された。
【インド】SENSEX指数 33106.82 +1.06%
16日のインドSENSEX指数は4日ぶりに反発。前日比346.38ポイント高(+1.06%)の33106.82、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同96.70ポイント高(+0.96%)の10214.75で取引を終えた。

終始プラス圏で推移し、終盤にかけて上げ幅を拡大させた。連日の下落で値ごろ感が強まり、下値拾う動きが活発になった。また、この日の欧米市場が堅調だったことも買い安
心感を与えた。

【中国本土】上海総合指数 3399.25 -0.10%
16日の上海総合指数は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.27ポイント安(-0.10%)の3399.25ポイントと3日続落している。上海A株指数も下落し、3.43
ポイント(0.10%)安の3559.96ポイントで取引を終えた。

国内景気の先行きを不安視。これまでに公表された今年10月の同国経済指標では、消費や製造、投資などに関する統計が軒並み下振れている。企業業績に対する期待感などで指数は買われる場面がみられたものの、引けにかけて再びマイナスに転じた。



<NH>

fisco1
1週前

16日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と3日ぶり反発、中国保険セクターに買い

16日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数は前日比167.07ポイント(0.58%)高の29018.76 ポイントと3日ぶり、本土企業株で構成されるH株指数は121.21ポイント(1.06%)高の11533.96ポイントと4日ぶりにそれぞれ反発した。売買代金は1138億7300万香港ドルと高水準が続いている(15日は1151億4300万香港ドル)。

企業決算の好調が投資家のセンチメントを上向かせる展開。インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)は15日引け後、2017年第3四半期(7~9月)の業績を発表し、純利益が前年同期比69.1%増の180億600万人民元に達したと報告した。市場予想平均(158億人民元)を大幅に上回っている。これまでに公表された主要企業の決算では、増益や黒字転換などが多かったこともあり、再び企業業績の伸びが改めて意識された。ハンセン指数構成のテンセント株は、2.3%高の391.80香港ドルで取引を終了。終値ベースの上場来高値を更新した。

業種別では、H株保険セクターの上げが目立つ。中国平安保険(2318/HK)が5.6%高、新華人寿保険(1336/HK)が4.5%高、中国太平洋保険集団(2601/HK)が3.7%高、中国人民保険集団(1339/HK)が3.0%高、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が2.5%高で引けた。長期金利上昇のプラス面がクローズアップされる。保険各社の投資収益拡大が期待された。中国10年債利回りは先週後半から再び上昇基調を強め、足元では約3年ぶりの高い水準で推移している。

一方、港湾セクターは軒並み安。招商局港口HD(旧社名・招商局国際:144/HK)が7.3%、中遠海運港口(旧社名・中遠太平洋:1199/HK)が7.9%、天津港発展HD(3382/HK)が1.7%ずつ値を下げた。一部の港湾運営企業に、トラスト疑惑が浮上したことを不安視している。国家発展改革委員会は15日、独占的な立場を利用し、港湾企業が不当な利益を得ている疑いがあると指摘。上海港と天津港を対象として本格調査に乗り出すと発表した。

本土市場は3日続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.10%安の3399.25ポイントで取引を終えた。資源・素材株がさえない。銀行株や証券株、自動車株、海運・港湾株、インフラ関連株なども下げが目立った。半面、保険株は急伸。消費関連株も物色された。

【亜州IR】

<CS>

fisco1
1週前

16日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安と3日続落、貴州マオタイは最高値更新

16日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.27ポイント(0.10%)安の3399.25ポイントと3日続落している。上海A株指数も下落し、3.43ポイント(0.10%)安の3559.96ポイントで取引を終えた。

国内景気の先行きを不安視。これまでに公表された今年10月の同国経済指標では、消費や製造、投資などに関する統計が軒並み下振れている。企業業績に対する期待感などで指数は買われる場面がみられたものの、引けにかけて再びマイナスに転じた。

業種別では、資源・素材株がさえない。中国神華能源(601088/SH)が1.4%安、洛陽モリブデン(603993/SH)が3.8%安、江西銅業(600362/SH)が1.5%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が1.4%安と値を下げた。景気鈍化に伴う商品需要の縮小も警戒。この日の上海商品取引所では、鉄鋼などの主要商品が大幅続落で推移している。銀行株や証券株、自動車株、海運・港湾株、インフラ関連株なども下げが目立った。銀行株では、2016年11月に上場した上海銀行(601229/SH)がストップ安。上場後のロックアップ期間が今月16日に終了したことを受け、株式需給が悪化するとみられた。

一方、保険株は急伸。中国平安保険(601318/SH)が5.5%高、中国人寿保険(601628/SH)が3.5%高で引けた。長期金利上昇のプラス面がクローズアップされる。保険各社の投資収益拡大が期待された。中国10年債利回りは先週後半から再び上昇基調を強め、足元では約3年ぶりの高水準で推移している。

消費関連株も値上がりした。なかでも、白酒(中国の蒸留酒)メーカー大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)は4.5%高。719.11人民元と大きく上昇し、上場来高値を切り上げた。時価総額は9033億4400万人民元(約15兆3930億円)に膨らんでいる。第4四半期(10~12月)は白酒業界の繁忙期に当たることに加え、証券ブローカーが相次いで目標株価を引き上げたことが支援材料。うちゴールドマン・サックスは881.00人民元と、主要ブローカーで最も強気スタンスを示している。

外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.38ポイント(0.11%)安の349.62ポイント、深センB株指数が1.71ポイント(0.14%)安の1215.48ポイントで終了した。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
1週前

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は4日続落、原油価格の続落や欧米市場の下落が嫌気

【ブラジル】休場

【ロシア】MICEX指数 2131.75 -1.62%
15日のロシア株式市場は4日続落。主要指標のMICEX指数は前日比35.08ポイント安(-1.62%)の2131.75で取引を終了した。2162.41から2131.75まで下落した。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅を拡大させた。原油価格の続落や欧米市場の下落が嫌気され、資源銘柄を中心に売りが広がった。また、MICEX指数が約9カ月ぶりの高値水準で推移しており、高値警戒感から利食い売り圧力も強い。一方、ズベルバンク(SBER)が逆行高。堅調な業績が好感された。

【インド】SENSEX指数 32760.44 -0.55%
15日のインドSENSEX指数は3日続落。前日比181.43ポイント安(-0.55%)の32760.44、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同68.55ポイント安(-0.67%)の10118.05で取引を終えた。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅を拡大させた。海外市場の下落を受け、インド株にも売りが先行。また、インフレ加速に伴う利下げ期待の後退も引き続き嫌気された。10月の卸売物価指数の上昇率(前年同月比)は前月の2.60%から3.59%まで上昇し、6カ月ぶりの高水準を記録。なお、同月の消費者物価指数(CPI)上昇率は7カ月ぶりの高水準となった。

【中国本土】上海総合指数 3402.52 -0.79%
15日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比27.02ポイント安(-0.79%)の3402.52ポイントと続落している。

商品市況安が逆風。この日の上海商品取引所では、銅や鉄鋼などの主要商品が大幅続落で推移している。今年10月の中国経済指標が総じて弱い内容となるなか、中国景気の先行きも不安視される状況だ。経済成長の鈍化を背景に、商品需要も縮小すると警戒されている。国内の長期金利上昇も投資家のセンチメントを冷やす一因。中国10年債利回りは先週後半から再び上昇基調を強め、14日は一時節目の4%を突破し、約3年1カ月ぶりの高水準に達している。15日はやや利回りが低下しているものの、依然として高水準だ。景気減速の懸念が漂っているにもかかわらず、当局は引き締め気味の金融政策を続けるとの見方が強まっている。

<CS>

fisco1
1週前

15日の香港市場概況:ハンセン1.0%安と続落、資源・素材セクターが下げ主導

15日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数は前日比300.43ポイント(1.03%)安の28851.69ポイントと続落し、本土企業株で構成されるH株指数は188.94ポイント(1.63%)安の11412.75ポイントと3日続落した。売買代金は1151億4300万香港ドルと高水準が続いている(14日は1082億4100万香港ドル)。

中国指標の低調を嫌気した売りが続く。今年10月の同国経済指標が総じて弱い内容となるなか、景気の先行きが不安視された。景気鈍化を背景に、商品需要も縮小すると警戒。この日の上海商品取引所では、非鉄や鉄鋼などの主要商品が大幅続落で推移している。原油安も投資家のセンチメントを冷やす一因。国際エネルギー機関(IEA)が14日に公表した月報の中で、2017年と18年の世界原油需要見通しを下方修正したことを受け、昨夜のWTI原油先物は1.9%安と反落した。

時価総額上位の石油株が下げを主導。中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が3.1%安、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が2.9%安で引けた。

非鉄や鉄鋼などの素材セクターも安い。新疆新キン鉱業(3833/HK)が5.9%、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が4.3%、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が2.1%、鞍鋼(アンガン・スチール:347/HK)が2.0%ずつ下落した。

中国自動車セクターも売られる。比亜迪(BYD:1211/HK)が4.5%安、北京汽車(BAICモーター:1958/HK)が3.6%安、吉利汽車HD(175/HK)が3.4%安、長城汽車(2333/HK)が2.0%安と値を下げた。

H株金融セクターは軒並み安。なかでも保険株が売られ、新華人寿保険(1336/HK)が4.3%安、中国太平洋保険集団(2601/HK)が2.8%安、中国平安保険(2318/HK)が2.3%安と下げている。

本土市場は続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.79%安の3402.52ポイントで取引を終えた。資源・素材株が下げを主導。このほか景気動向に敏感な海運株が安い。金融株、不動産株、自動車株なども売られた。国内の長期金利上昇が逆風。中国10年債利回りは先週後半から再び上昇基調を強め、14日は一時節目の4%を突破し、約3年1カ月ぶりの高水準に達している。15日はやや利回りが低下しているものの、依然として高水準だ。景気減速の懸念が漂っているにもかかわらず、当局は引き締め気味の金融政策を続けるとの見方が強まっている。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
1週前

15日の中国本土市場概況:上海総合0.8%安と続落、資源・素材セクターが下げ主導

15日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比27.02ポイント(0.79%)安の3402.52ポイントと続落している。上海A株指数も下落し、28.30ポイント(0.79%)安の3563.39ポイントで取引を終えた。

商品市況安が逆風。この日の上海商品取引所では、銅や鉄鋼などの主要商品が大幅続落で推移している。今年10月の中国経済指標が総じて弱い内容となるなか、中国景気の先行きも不安視される状況だ。経済成長の鈍化を背景に、商品需要も縮小すると警戒されている。国内の長期金利上昇も投資家のセンチメントを冷やす一因。中国10年債利回りは先週後半から再び上昇基調を強め、14日は一時節目の4%を突破し、約3年1カ月ぶりの高水準に達している。15日はやや利回りが低下しているものの、依然として高水準だ。景気減速の懸念が漂っているにもかかわらず、当局は引き締め気味の金融政策を続けるとの見方が強まっている。

資源・素材株が下げを主導。中国石油天然気(601857/SH)が2.5%、南京鋼鉄(600282/SH)が3.8%、洛陽モリブデン(603993/SH)が5.3%、江西銅業(600362/SH)が3.4%ずつ値を下げた。このほかにも景気動向に敏感な海運株も安い。金融株、不動産株、自動車株なども売られた。

一方、他の個別株動向では、家電大手の青島海信電器(ハイセンス:600060/SH)が小幅ながら逆行高。0.5%上昇した。東芝(6502/東証2部)が14日、テレビ事業の連結子会社、東芝映像ソリューション(本社:青森県三沢市)を同社に売却すると発表したことが支援材料。業容の拡大が期待されたとみられる。

外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が2.79ポイント(0.79%)安の350.00ポイント、深センB株指数が9.71ポイント(0.79%)安の1217.18ポイントで終了した。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
1週前

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は反落、原油安や海外市場の下落で

【ブラジル】ボベスパ指数 70826.59 -2.27%

14日のブラジル株式市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前日比1648.57ポイント安(-2.27%)の70826.59で取引を終えた。72837.80から70824.91まで下落した。

前日の終値近辺でもみ合った後は下げ幅をじりじりと拡大させた。原油安が圧迫材料となり、資源銘柄を中心に売りが広がった。国際エネルギー機関(IEA)が世界の石油需要見通しを引き下げたことが嫌気されたもようだ。また、欧米市場の下落や中国の経済指標の下振れなども警戒された。

【インド】SENSEX指数 32941.87 -0.28%
14日のインドSENSEX指数は続落。前日比91.69ポイント安(-0.28%)の32941.87、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同38.35ポイント安(-0.38%)の10186.60で取引を終えた。

後半はプラス圏を回復する場面もあったが、終盤に再びマイナス圏に転落した。企業決算の悪化が警戒された。7-9月期のコール・インディア(COAL)の純利益は前年同期比で約40%減少したと報告された。また、インフレ率の加速も利下げ期待を弱めた。

【中国本土】上海総合指数 3429.55 -0.53%
14日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比18.29ポイント安(-0.53%)の3429.55ポイントと7日ぶりに反落している。

中国指標の内容が嫌気される展開。取引時間中に公表された今年10月の各種経済統計では、小売売上高や鉱工業生産額などが予想を下回った。13日引け後に発表された同月の金融統計では、新規融資額が下振れている。中国景気の先行きが不安視される状況だ。上海総合指数は昨日までの続伸で約1年11カ月ぶりの高値水準に達していただけに、利食い売りも広がっている。



<NH>

fisco1
2週前

14日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と反落、中国指標の下振れを嫌気

14日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比30.06ポイント(0.10%)安の29152.12ポイントと反落し、本土企業株で構成されるH株指数が82.82ポイント(0.71%)安の11601.69ポイントと続落した。売買代金は1082億4100万香港ドルにやや縮小している(13日は1153億5100万香港ドル)。

中国指標の下振れを嫌気。取引時間中に公表された今年10月の各種経済統計では、小売売上高や鉱工業生産額などが予想を下回った。中国景気の先行きが不安視されている。個別材料株の上昇などで指数は小高くスタートしたものの、指標発表後に売りの勢いが増した。

ハンセン指数の構成銘柄では、通信キャリア大手の中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)と小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)がそろって2.3%安、香港航空大手の国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が2.0%安と下げが目立った。
H株保険セクターも安い。中国人民財産保険(2328/HK)が3.7%、中国人民保険集団(1339/HK)が2.7%、中国太平洋保険集団(2601/HK)が2.0%、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が1.5%ずつ下落した。

半面、中国空運セクターは高い。中国東方航空(670/HK)が7.5%、中国国際航空(753/HK)が4.8%、中国南方航空(1055/HK)が2.7%ずつ上昇した。

他の個別株動向では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が6.4%高の28.20香港ドルと急伸。年初来高値を更新した。親会社の浙江吉利控股集団が13日、「空飛ぶ自動車」開発で知られる米テレフギアの買収を正式決定したことが注目されている。

本土市場は7日ぶり反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.53%安の3429.55ポイントで取引を終えた。ゼネコンや建機、発電設備などインフラ関連株が安い。自動車株や消費関連株、銀行株、発電やガスの公益株なども売られた。

【亜州IR】

<CS>

前の記事へ »