Category : 注目トピックス 外国株

18時間前

19日の香港市場概況:ハンセン1.2%高で続伸、内外株高が追い風

19日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比322.71ポイント(1.19%)高の27407.37ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が184.71ポイント(1.75%)高の10741.69ポイントとそろって続伸した。売買代金は963億7500万香港ドルとなっている(18日の売買代金は863億6600万香港ドル)。

米中貿易戦争の過度な警戒感が後退するなか、昨夜の米株が反発したことを好感。トランプ政権は「制裁関税第3弾(中国製品2000億米ドル相当を対象)を24日に発動する」と発表し、中国は600億米ドル相当の米国製品に関税をかける報復措置を公表したが、市場では「想定より厳しくない内容にとどまった」との声が聞かれた。本土株高も追い風。上海総合指数の上げ幅拡大をにらみながら、香港でも買いの勢いが徐々に増している。

ハンセン指数の構成銘柄では、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が6.9%高、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が5.7%高、全国展開型デベロッパーの中国海外発展(688/HK)が5.5%高と上げが目立った。時価総額上位の金融株や、石油・石炭株なども値上がりしている。本土系不動産株については、中国の政策も追い風。2019年1月1日付で改正される「個人所得税法」では、住宅ローン金利などが控除される見通しだ。

業種別では、空運・海運が高い。中国南方航空(1055/HK)が4.2%、中国国際航空(753/HK)が3.8%、中国東方航空(670/HK)が3.0%、国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が2.3%、中遠海運能源運輸(1138/HK)が2.7%、中遠海運発展(2866/HK)が2.0%ずつ買われた。ドル建て債務の比率が高い中国の空運各社にとって、元安懸念の後退はプラス。李克強・首相は19日、天津で開催中の夏季ダボス会議で講演し、「人民元の下落は弊害が大きい」と述べ、人民元安を望まない姿勢を明確にした。このほか、原材料を輸入に頼る紙製品各社も値上がりしている。

中国の保険セクターも軒並み上昇。中国太平洋保険集団(2601/HK)が3.3%高、中国人民財産保険(2328/HK)が2.5%高、中国平安保険(2318/HK)と新華人寿保険(1336/HK)がそろって2.4%高で引けた。保険各社の月次統計では、収入保険料の伸びが堅調に推移。業績の成長が期待された。

他の個別株動向では、ピックアップトラック・SUV生産の長城汽車(2333/HK)が11.9%高と急伸。創業者の魏建軍・董事長は先週13日から17日までの3営業日で、同社株を合計1億香港ドル相当以上を市場内で買い入れている。このほか、大手トラックメーカーの中国重汽(サイノトラック:3808/HK)が16.5%高と急反発し、上場来高値を更新した。独VWのトラック・バス部門「TRATON(トレイトン)」と合弁会社を設立することで合意したという。

本土市場も続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比1.14%高の2730.85ポイントで取引を終えた。不動産株が高い。消費関連株、空運株、紙・パルプ株、エネルギー株、医薬株、運輸株、インフラ関連株、金融株など幅広く物色されている。

【亜州IR】


<FA>

2日前

18日の中国本土市場概況:上海総合1.8%高で3日ぶり反発、米追加関税織り込む

18日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比48.16ポイント(1.82%)高の2699.95ポイントと3日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、50.49ポイント(1.82%)高の2827.46ポイントで取引を終えている。

米追加関税の悪材料をひとまず織り込む流れ。トランプ政権が本日朝方、制裁関税第3弾(中国製品2000億米ドル相当を対象)を24日に発動すると発表したことなどを嫌気して小安くスタートしたものの、下値は固く、後場に入り買い戻しの動きが加速した。中国証券監督管理委員会の副主席が追加関税について、「中国は最悪の関税シナリオに備えている」と発言。そのうえで、「米国が中国からの輸入品すべてに追加関税をかけた場合でも、中国GDP成長率に対する悪影響は約0.7ポイントにすぎない」と説明した。また、上海総合指数は2015年の人民元切り下げショック後安値(16年1月27日の2638ポイント)に接近していたこともあり、「国家隊(政府系ファンドなど)」が相場を支えるとの楽観も広がっている。

業種別では、ゼネコンや素材のインフラ関連が高い。中国交通建設(601800/SH)と中国鉄建(601186/SH)がそろって値幅制限いっぱいまで上昇し、安徽海螺セメント(600585/SH)が6.7%、宝山鋼鉄(600019/SH)が5.0%ずつ値を上げた。消費関連株や自動車株、海運株、ハイテク株、医薬株、金融株、不動産株など幅広く買われている。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が3.10ポイント(1.11%)高の282.93ポイント、深センB株指数が9.02ポイント(0.95%)高の956.99ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

3週間前

上海総合指数は前日比31.56安で続落、指標発表が気がかり

30日の中国本土マーケットは値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比31.56ポイント(1.14%)安の2737.74ポイントと3日続落した。上海A株指数も下落し、33.12ポイント(1.14%)安の2867.01ポイントで取引を終えている。

指標発表が気がかり。31日に公表される8月の製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)については、市場コンセンサス予想では前月からやや低下するみられている。米国は中国の知的財産権侵害に対抗する制裁関税第1弾(340億米ドル相当)を7月6日に、第2弾(160億米ドル相当)を8月23日に発動していることもあり(中国側も同規模の報復関税を発動)、景況感の悪化が不安視される状況だ。

業種別では、ハイテクと医薬が安い。光ケーブルの江蘇亨通光電(600487/SH)が5.3%、インターネット・セキュリティーの三六零安全科技(601360/SH)が3.6%、CRO(医薬品開発業務受託)中国最大手の薬明康徳(603259/SH)とジェネリック医薬品メーカー大手の江蘇恒瑞医薬(600276/SH)がそろって2.6%ずつ下落した。資源・素材株、インフラ関連株、銀行株も下げが目立つ。不動産株、消費関連株、空運株も売られた。

外貨建てB株の相場も値下がり。上海B株指数が0.88ポイント(0.31%)安の287.61ポイント、深センB株指数が6.03ポイント(0.60%)安の1002.06ポイントで終了した。

【亜州IR】

<HT>

3週間前

29日の香港市場概況:ハンセン0.2%高で3日続伸、香港銘柄に買い

29日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比64.82ポイント(0.23%)高の28416.44ポイントと3日続伸する半面、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は14.53ポイント(0.13%)安の11083.06ポイントと3日ぶりに反落した。売買代金は801億3000万香港ドルに縮小している(28日の売買代金は905億3100万香港ドル)。

通貨安の一服で、資金流出の警戒感がやや薄れる流れ。今月下旬に入り、香港ドルの対米ドル相場は許容変動幅(7.75~7.85香港ドル)下限で推移することが多かったものの、この日は香港ドル高に動いている。為替動向を巡っては、香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)が28日、8月に入り5度目となる香港ドル買いの為替介入を実施した。ただ、全体として上値は限定的。本土株安が重しとなった。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港拠点の銘柄群が高い。不動産開発大手の恒隆地産(101/HK)が2.4%、インフラ投資会社の長江基建集団(長江インフラ:1038/HK)が2.0%、香港財閥系コングロマリットの長江和記実業(1/HK)が1.8%ずつ値を上げた。

業種別では、中国自動車セクターの一角がしっかり。広州汽車集団(2238/HK)が6.4%高、長城汽車(2333/HK)が2.0%高、東風汽車集団(489/HK)が1.0%高で引けた。

香港上場企業の決算報告が終盤に入るなか、大幅増益を達成した銘柄群も物色される。中国興業太陽能技術HD(750/HK)が3.8%高、江西銅業(358/HK)が2.3%高、中海石油化学(3983/HK)が2.2%高。このほか、下水処理大手の北控水務集団(371/HK)は後場から買われ、6.0%高と急伸している。昼に発表した決算は増益。配当の増額も予定された。同じく増益と配当増額を手がかりに、不動産デベロッパーの雅居楽集団HD(3383/HK)も3.6%上昇している。

一方、本土系銀行株の一角はさえない。中国郵政儲蓄銀行(1658/HK)が2.9%安、中国銀行(3988/HK)が0.6%安、中国建設銀行(939/HK)が0.3%安と下落した。

本土市場は続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.31%安の2769.29ポイントで取引を終えた。インフラ関連株が安い。発電株、交通インフラ株、消費関連株、証券株なども売られた。半面、不動産株、ハイテク株の一角は値上がりしている。


【亜州IR】


<FA>

3週間前

28日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安で4日ぶり反落、ハイテク関連は逆行高

28日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比2.92ポイント(0.10%)安の2777.98ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、3.07ポイント(0.11%)安の2909.23ポイントで取引を終えている。

米中通商交渉の長期化懸念がくすぶる流れ。一部で強まっていた交渉進展の期待が後退した。トランプ米大統領は27日、(米中交渉について)「今は適した時期ではない」と述べている。上海総合指数は前日まで急ピッチに上昇し、約2週ぶりの水準を回復していたこともあり、戻り待ちの売り圧力も意識された。

保険株が下げを主導。中国太平洋保険(601601/SH)が2.9%安、中国人寿保険(601628/SH)が1.1%安で引けた。消費関連株もさえない。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が0.9%下落した。自動車株、医薬株、石油関連株、インフラ関連株なども売られている。

半面、ハイテク株は物色される。なかでも、第5世代(5G)ネットワークの通信機器関連が急伸。剣橋科技(603083/SH)がストップ高し、深セン上場の中興通訊(ZTE:000063/SZ)が3.0%高と値を上げた。5G商用化に向けた動きが進ちょくしている——と伝えられている。このほか空運株、不動産株、非鉄株、軍需関連株なども買われた。

一方、外貨建てB株の相場はまちまち。上海B株指数が0.09ポイント(0.03%)高の289.35ポイント、深センB株指数が7.62ポイント(0.75%)安の1012.41ポイントで終了した。


【亜州IR】

<FA>

4週間前

23日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高で反発、ハイテク・医薬に買い

23日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比10.02ポイント(0.37%)高の2724.62ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、10.50ポイント(0.37%)高の2853.27ポイントで取引を終えている。

制裁関税の発動で「悪材料の出尽くし感」が広がる流れ。中国の知的財産権侵害に対抗する米国の制裁関税第2弾(中国からの輸入品160億米ドル相当に25%の追加関税)は、日本時間午後1時1分に発動された。これに対抗し、中国側も同規模の報復関税を発動している。指数は後場途中から上昇に転じた。関税第1弾が発動された7月6日の相場でも、後場からプラスに転じている。

業種別では、ハイテクや医薬関連の上げが目立つ。スーパーコンピュータ大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が6.9%高、ソフト開発の中国軟件与技術服務(600536/SH)が4.0%高、CRO(医薬品開発業務受託)中国最大手の薬明康徳(603259/SH)が7.0%高で引けた。不動産株や消費関連株、発電株、自動車株、金融株、ゼネコンや建機のインフラ関連株なども買われている。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が0.81ポイント(0.28%)高の286.34ポイント、深センB株指数が10.15ポイント(1.02%)高の1008.57ポイントで終了した。


【亜州IR】

<FA>

1か月前

7日の香港市場概況:ハンセン1.5%高で続伸、決算期待で碧桂園6.4%上昇

7日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比429.32ポイント(1.54%)高の28248.88ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が164.14ポイント(1.53%)高の10866.10ポイントとそろって続伸した。売買代金は890億300万香港ドルとなっている(6日の売買代金は855億6200万香港ドル)。

業績期待が強まる流れ。香港上場企業の決算発表が進むなか、増益や増配を明らかにする企業が相次いでいる。中国の政策期待も高まる状況。河北省秦皇島市の北戴河では、非公式の重要会議「北戴河会議」(共産党の最高指導部や長老らが毎年夏に集まり、今後の政策や党人事を話し合う)がスタートしたもようだ。

ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面高(50のうち48が上昇)。なかでも本土系不動産の碧桂園HD(2007/HK)が6.4%高、華潤置地(1109/HK)が4.5%高と上げが目立った。碧桂園が6日引け後に、中間決算の大幅増益見通しを発表したことが手がかり。指数構成以外でも、恒大地産集団(3333/HK)が同様に好業績を予告し、21.2%高と急騰した。

ゼネコンや建機、建材などインフラ関連セクターも急伸。中国鉄建(1186/HK)が7.5%高、中国交通建設(1800/HK)が3.9%高、中国中鉄(390/HK)が3.3%高、中国龍工HD(3339/HK)が6.1%高、安徽海螺水泥(安徽コンチセメント:914/HK)が3.7%高と値を上げた。現地メディアがこの日、中国鉄路総公司関係者の話として「18年の鉄道投資は昨年水準を回復するとの見通し」と報じたことが支援材料。それによれば、中国鉄路総公司が年初に定めた目標7320億人民元を上回り、17年実績の8000億人民元を超える見込みという。これより先、先月の国務院(内閣に相当)常務会議では、内需拡大に向けて財政政策をより積極化する方針が打ち出された。

石炭や石油、天然ガスなどエネルギー関連株もしっかり。エン州煤業(1171/HK)が5.1%、中国神華能源(1088/HK)が2.3%、中国中煤能源(1898/HK)が2.2%、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が3.2%、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が2.9%、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が2.6%、昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)が3.4%ずつ上昇した。

本土市場は5日ぶり急反発。主要指標の上海総合指数は、前日比2.74%高の2779.37ポイントで取引を終えた。鉄道インフラ関連が高い。資源・素材株、不動産株、自動車株、ITハイテク関連株、消費関連株、金融株、海運株など幅広く買われている。


【亜州IR】


<FA>

2か月前

26日の中国本土市場概況:上海総合0.7%安で続落、ハイテク・医薬関連に売り

26日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比21.42ポイント(0.74%)安の2882.23ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、22.49ポイント(0.74%)安の3018.61ポイントで取引を終えている。

米中貿易戦争が懸念される流れ。トランプ米大統領は25日、「中国は通商政策で米農家を標的にしており、悪意のある手段だ」とツイッターで中国を非難した。一方、習近平・国家主席は訪問中のアフリカで25日、「貿易戦争に勝者はいない」と演説。名指しこそしなかったものの、米政権の動きを強くけん制している。SNS運営で世界最大手のフェイスブック(FB/NASDAQ)に対し、中国の中央政府が現地子会社設立の承認を取り消した——などと伝えられたことも両国関係の悪化に拍車がかかると危ぐされた。

業種別では、成長性の高いハイテクや医薬関連の下げが目立つ。スーパーコンピュータ大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が5.0%安、システム開発の用友網絡(600588/SH)が4.0%安、CRO(医薬品開発業務受託機関)で中国トップの薬明康徳(603259/SH)が3.0%安で引けた。ゼネコンや建機、素材などインフラ関連株もさえない。中国建築(601668/SH)が1.9%安、三一重工(600031/SH)が2.0%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が2.7%安、安徽海螺セメント(600585/SH)が2.6%安と値を下げた。時価総額上位の銀行株、自動車株、不動産株、消費関連株なども売られている。

保険株も安い。中国太平洋保険(601601/SH)が3.0%下落した。中国銀行保険監督管理委員会がこのほど、リスクの高い信用保証保険業務に対し、保険各社が精査するよう求める通達を出したことが嫌気されている。

半面、発電株はしっかり。華電国際電力(600027/SH)が1.4%上昇した。天然ガス関連株や、水処理関連株なども物色されている。

一方、外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が0.21ポイント(0.07%)安の293.09ポイント、深センB株指数が1.44ポイント(0.14%)安の1064.99ポイントで終了した。


【亜州IR】


<FA>

2か月前

24日の香港市場概況:ハンセン1.4%高で3日続伸、本土銘柄に買い

24日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比406.45ポイント(1.44%)高の28662.57ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が242.56ポイント(2.26%)高の10973.92ポイントとそろって3日続伸した。売買代金は1077億6300万香港ドルに拡大している(23日の売買代金は839億5800万香港ドル)。

政策期待が強まる流れ。国務院(内閣に相当)は23日の常務会議で、内需拡大に向けて財政政策をより積極化する方針を打ち出した。金融当局も緩和的な政策に舵を切っている。中国人民銀行(中央銀行)は23日、中期流動性ファシリティ(MLF)を通じて5020億人民元(約8兆2530億円)の資金を供給した。過去最大のMLF規模となっている。

ハンセン指数の構成銘柄では、本土系の不動産・銀行が高い。華潤置地(1109/HK)が5.1%、碧桂園HD(2007/HK)が3.5%、中国工商銀行(1398/HK)が3.4%、中国建設銀行(939/HK)が3.2%ずつ上昇した。石炭株やハイテク株などもしっかり。

ゼネコンや素材、建機などインフラ関連セクターも上げが目立つ。中国鉄建(1186/HK)が13.7%高、中国交通建設(1800/HK)が11.9%高、中国中鉄(390/HK)が10.5%高、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が8.6%高、安徽海螺セメント(914/HK)が8.2%高、鞍鋼(347/HK)が4.1%高、中聯重科(1157/HK)が8.5%高とそろって大幅続伸している。前述の常務会議で李克強首相は、地方政府に予算枠外での債券発行を認める考えも示した。インフラ建設を推進する狙いがある。また、中堅鉄鋼メーカーの重慶鋼鉄(1053/HK)は18.6%高と急伸。中間期の黒字転換見通しを明らかにした。

水処理やエコ発電など環境関連セクターも物色される。北控水務集団(371/HK)が4.5%高、中国水務集団(855/HK)が4.1%高、中国光大国際(257/HK)が3.6%高、天津創業環保(1065/HK)が3.4%高で引けた。

本土市場は3日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比1.61%高の2905.56ポイントで取引を終えた。インフラ関連株が急伸し、不動産株も高い。金融株、自動車株、海運株、消費関連株、石油・石炭株なども値上がりしている。前日に急落した薬品株も買われた。


【亜州IR】


<FA>

2か月前

24日の中国本土市場概況:上海総合1.6%高で3日続伸、インフラ関連に買い

24日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比46.02ポイント(1.61%)高の2905.56ポイントと3日続伸した。終値で2900ポイント台を回復するのは、6月20日以来となる。上海A株指数も上昇し、48.24ポイント(1.61%)高の3043.13ポイントで取引を終えた。

中国の政策が追い風。国務院(内閣に相当)は23日の常務会議で、内需拡大に向けて「財政政策をより積極化」する方針を打ち出している。また、同会議で李克強首相は、地方政府に予算枠外での債券発行を認める考えも示した。インフラ建設を推進する狙いがある。金融当局も緩和的な政策に舵を切った。中国人民銀行(中央銀行)は23日、「中期流動性ファシリティ(MLF)」を通じて5020億人民元(約8兆2530億円)の資金を供給。過去最大のMLF規模となった。

業種別では、ゼネコンや素材などインフラ関連が高い。中国鉄建(601186/SH)と中国交通建設(601800/SH)がそろって値幅制限いっぱいまで買われ、中国アルミ(601600/SH)が7.1%、安徽海螺セメント(600585/SH)が6.8%、宝山鋼鉄(600019/SH)が4.4%ずつ値を上げた。不動産株も軒並み上昇。保利地産(600048/SH)が3.3%高で引けた。金融株、自動車株、海運株、消費関連株、石油・石炭株なども値上がりしている。前日に急落した薬品株もしっかり。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が3.34ポイント(1.15%)高の292.78ポイント、深センB株指数が18.84ポイント(1.79%)高の1070.13ポイントで終了した。


【亜州IR】

<FA>

7か月前

26日の香港市場概況:ハンセン0.7%高で続伸、吉利汽車が6.5%高と急伸

週明け26日の香港市場は値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比231.43ポイント(0.74%)高の31498.60ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が99.00ポイント(0.78%)高の12834.06ポイントとそろって続伸した。売買代金は1237億3500万香港ドルに拡大している(23日の売買代金は1033億3200万香港ドル)。

内外環境の改善が追い風。米金利の上昇一服を好感し、先週末のNYダウが続伸した流れを継いだ。本土株続伸も買い安心感を誘う。中国の政策期待が強まっている。中国主席の任期延長が視野に入るなか、習主席が掲げる経済成長策が強力に推し進められると予想された。

ハンセン指数の構成銘柄では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が6.5%高と上げが目立っている。同社の親会社、浙江吉利控股集団の李董事長がダイムラーの筆頭株主に躍り出たことが刺激材料だ。李董事長は「ダイムラーは車載電池や自動車スマート化、自動運転、カーシェアの各分野で技術優位性がある」とコメント。業容の拡大期待が強まる状況だ。H株指数の採用銘柄でも自動車株が高い。長城汽車(2333/HK)が4.6%、比亜迪(BYD:1211/HK)が2.1%ずつ上昇した。ピックアップトラック・SUV生産の長城汽車に関しては、同社が23日引け後、「合弁会社を設立することで独BMWと基本合意した」と発表したことが材料視されている。

元高メリットのある中国空運セクターもしっかり。中国国際航空(753/HK)が6.6%高、中国南方航空(1055/HK)が5.8%高、中国東方航空(670/HK)が5.0%高と値を上げた。人民元相場の先高観が根強いなか、ドル建て債務の実質目減りが期待されている。

医薬セクターも物色される。薬品卸で中国最大手の国薬HD(サイノファーム・グループ:1099/HK)が5.7%高、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が5.0%高、心臓・脳血管薬で国内最大手の四環医薬HD集団(460/HK)が3.6%高、抗生物質・ビタミンC生産の石薬集団(1093/HK)が3.3%高で引けた。中国の経済成長策による所得水準の向上で薬品需要が増える——との見方が流れている。

本土市場は6日続伸。主要指標の上海総合指数は、前営業日比1.23%高の3329.57ポイントで取引を終えた。非鉄やセメント、鉄鋼の素材株が高い。空運株、自動車株、インフラ関連株、ITハイテク関連株、消費関連株なども上げが目立った。

【亜州IR】



<CS>

前の記事へ »