Category : 海外ニュース

2週間前

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は反発、ボルソナロ氏の優勝を改めて好感

【ブラジル】ボベスパ指数 86885.69 +3.69%
30日のブラジル市場反発。主要指標のボベスパ指数は前日比3088.98ポイント高(+3.69%)の86885.69で取引を終えた。83801.50から86989.63まで上昇した。

買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。28日の大統領選の決選投票で投資家に好まれている極右候補のジャイル・ボルソナロ氏が勝利を収めたことが改めて好感されたもようだ。同氏による経済改革などに対する期待が高まっている。また、米中貿易戦争への懸念がやや後退していることも支援材料となった。

【ロシア】MICEX指数 2299.98 -0.74%
30日のロシア株式市場は反落。主要指標のMICEX指数は前日比17.08ポイント安(-0.74%)の2299.98で取引を終了した。2316.89から2283.13まで下落した。

後半はプラス圏を回復する場面もあったが、終盤は再び売りに押された。原油価格の下落がウエートの高い資源銘柄の売り手掛かり。また、欧州の主要な株式市場が不安定な値動きを示したこともロシア株の売り圧力を強めた。一方、米中貿易戦争への懸念がやや後退していることが指数をサポートした。

【インド】SENSEX指数 33891.13 -0.52%
30日のインドSENSEX指数は反落。前日比176.27ポイント安(-0.52%)の33891.13、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同52.45ポイント安(-0.51%)の10198.40で取引を終えた。

前日の終値近辺でもみ合った後は後半に下げ幅を拡大させた。外国人の売り継続が圧迫材料。外国人はこの日までに8日連続の売り越しとなった。また、国内の燃料価格の上昇などもインフレの加速懸念を強めた。このほか、金融引き締めに伴う流動性不足懸念が高まっていることも警戒された。

【中国本土】上海総合指数 2568.05 +1.02%
30日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比25.94ポイント高(+1.02%)の2568.05ポイントと3日ぶりに反発した。

中国の政策期待が強まる。貿易摩擦による景気下振れの懸念が強まるなか、中国政府が「車両購置税(車両取得税)」の減税復活を計画しているもよう——と伝わった。国家発展改革委員会はこのほど、排気量1600cc以下の小型車について、税率を現行の10%から5%に引き下げることを提案したという。「国家隊(政府系ファンドなど)」が相場を支えるとの観測も根強い。割安銘柄などを物色する動きも活発化した。



<NH>

3週間前

30日のNY市場は上昇



NYDOW;24874.64;+431.72
Nasdaq;7161.65;+111.36
CME225;21625;+145(大証比)



30日のNY市場は上昇。ダウ平均は431.72ドル高の24874.64、ナスダックは111.36ポイント高の7161.65で取引を終了した。トランプ大統領が中国との貿易協定締結への自信を示し、寄付き後から上昇して始まった。その後は、強弱入り混じる内容となった主要企業決算を受けてもみ合う展開となったが、昨日の大幅下落を受けた買い戻しの動きも広がり、引けにかけて上げ幅を拡大した。セクター別では全面高となり、半導体・半導体製造装置や耐久消費財・アパレルの上昇が目立った。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の21625円。ADRの日本株は任天堂、三菱電、AGCが冴えない他は、トヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、ソニー、ホンダ、TDKなど、対東証比較(1ドル113.1円換算)で全般堅調。 <FA>

3週間前

上海総合1.0%高で3日ぶり反発、自動車セクターしっかり

30日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比25.94ポイント(1.02%)高の2568.05ポイントと3日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、27.16ポイント(1.02%)高の2689.31ポイントで取引を終えている。

中国の政策期待が強まる。貿易摩擦による景気下振れの懸念が強まるなか、中国政府が「車両購置税(車両取得税)」の減税復活を計画しているもよう——と伝わった。国家発展改革委員会はこのほど、排気量1600cc以下の小型車について、税率を現行の10%から5%に引き下げることを提案したという。「国家隊(政府系ファンドなど)」が相場を支えるとの観測も根強い。割安銘柄などを物色する動きも活発化した。

業種別では、自動車関連が高い。北汽福田汽車(600166/SH)が9.9%、長城汽車(2333/HK)が5.5%ずつ上昇した。消費関連株の一角もしっかり。業界大手の重慶ビール(600132/SH)が5.0%高、化粧品メーカーの上海家化聯合(600315/SH)が4.9%高で引けた。金融株、医薬株、不動産株なども上げが目立っている。資源・素材株、インフラ関連株、ハイテク株の一角なども買われた。

一方、外貨建てB株の相場はまちまち。上海B株指数が2.96ポイント(1.11%)高の269.57ポイント、深センB株指数が8.61ポイント(1.00%)安の856.46ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

3週間前

26日のNY市場は下落



NYDOW;24688.31;-296.24
Nasdaq;7167.21;-151.12
CME225;21250;+20(大証比)



26日のNY市場は下落。ダウ平均は296.24ドル安の24688.31、ナスダックは151.12ポイント安の7167.21で取引を終了した。ネット小売のアマゾン(AMZN)及び検索大手のアルファベット(GOOGL)の決算で成長減速が示されたことで、米企業業績への先行き懸念が強まり、ハイテク株を中心に終日大幅下落となった。7-9月期GDP速報値は予想を上振れたものの、相場への影響は限定的だった。セクター別では自動車・自動車部品を除いて全面安となり、特に小売や不動産の下落が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の21250円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、エーザイ、ファーストリテ、ソニー、ホンダ、TDKが堅調な一方で、ファナック、NTT、資生堂、任天堂、キヤノンはさえないなど、対東証比較(1ドル111.91円換算)で高安まちまち。
<SK>

3週間前

26日のNY市場は下落



NYDOW;24688.31;-296.24
Nasdaq;7167.21;-151.12
CME225;21250;+20(大証比)



26日のNY市場は下落。ダウ平均は296.24ドル安の24688.31、ナスダックは151.12ポイント安の7167.21で取引を終了した。ネット小売のアマゾン(AMZN)及び検索大手のアルファベット(GOOGL)の決算で成長減速が示されたことで、米企業業績への先行き懸念が強まり、ハイテク株を中心に終日大幅下落となった。7-9月期GDP速報値は予想を上振れたものの、相場への影響は限定的だった。セクター別では自動車・自動車部品を除いて全面安となり、特に小売や不動産の下落が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の21250円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、エーザイ、ファーストリテ、ソニー、ホンダ、TDKが堅調な一方で、ファナック、NTT、資生堂、任天堂、キヤノンはさえないなど、対東証比較(1ドル111.91円換算)で高安まちまち。
<SK>

3週間前

26日の中国本土市場概況:上海総合0.2%安で3日ぶり反落、不動産株は続伸

26日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比4.95ポイント(0.19%)安の2598.85ポイントと3日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、5.22ポイント(0.19%)安の2721.64ポイントで取引を終えている。

新興国などからの資金流出を警戒。この日の外国為替市場では、中国やアジア新興国の通貨が対米ドルで軒並み下落している。なかでも人民元相場は、6.95台から6.97台に急落。2017年1月以来の安値水準に落ち込んだ。ただ、大きく売り込む動きはみられない。前日の相場で「国家隊(政府系ファンドなど)」が買い介入した——との観測が支えになっている。指数は引けにかけて下げ幅を縮小した。

業種別では、保険が軒並み安。中国人寿保険(601628/SH)が3.5%下落した。1~9月期決算の3割減益が嫌気され、同業他社にも業績不安の売りが広がっている。消費関連株も下げが目立つ。白酒メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)は1.4%安と4日続落し、約1年ぶりの安値で引けた。需要減少の懸念が引き続き売り材料となっている。IT関連株、空運株なども値下がりした。

半面、不動産株はしっかり。大手の金地集団(600383/SH)が2.6%高と続伸した。中国の主要都市で10月以降、一部の商業銀行が住宅ローン金利を引き下げている——と報じられたことが引き続き手がかりになっている。発電やガスの公益株、非鉄やセメントの素材株、海運株なども値上がりした。

光ケーブル製造各社も物色される。長飛光繊光纜(601869/SH)が6.5%高、中天科技集団(600522/SH)が1.3%高、江蘇亨通光電(600487/SH)が0.5%高で引けた。中国政府は今年末か来年初めにも、第5世代(5G)移動通信事業ライセンスを発給するもよう——と伝わり、設備投資が活発化すると期待されている。

一方、外貨建てB株の相場は値上がり。上海B株指数が0.71ポイント(0.26%)高の270.44ポイント、深センB株指数が5.18ポイント(0.59%)高の887.51ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

3週間前

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値下がり、米ドル高を背景に

【ブラジル】ボベスパ指数 85300.06 -0.35%
23日のブラジル市場は3日ぶりに反落。主要指標のボベスパ指数は前日比296.63ポイント安(-0.35%)の85300.06で取引を終えた。85595.38から84032.44まで下落した。

大幅安で寄り付いた後は下げ幅を縮小させた。世界的な株安の流れでブラジル株にも売りが広がった。また、最近の上昇で足元では高値警戒感も強い。このほか、原油価格の下落などが資源セクターの圧迫材料。一方、大統領選挙への期待が継続していることが指数をサポートした。

【ロシア】MICEX指数 2305.58 -0.13%
23日のロシア株式市場は5日続落。主要指標のMICEX指数は前日比2.98ポイント安(-0.13%)の2305.58取引を終了した。2321.46から2289.23まで下落した。

後半はプラス圏を回復する場面もあったが、終盤に再び売りに押された。世界的な株安を受け、ロシア株にも売りが継続した。また、原油価格の下落も資源セクターの圧迫材料となった。一方、指数の下値は限定的。連日の下落で値ごろ感が強まり、一部銘柄に買い戻しの動きが広がった。

【インド】SENSEX指数 33847.23 -0.84%
23日のインドSENSEX指数は4営業日続落。前日比287.15ポイント安(-0.84%)の33847.23、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同98.45ポイント安(-0.96%)の10146.80で取引を終えた。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅を拡大させた。前日の欧州市場の下落に加え、この日のアジア市場がそろって軟調な値動きを示していたことを受け、インド株にも売り圧力が強まった。また、貿易赤字の拡大懸念が強まっていることも圧迫材料となった。

【中国本土】上海総合指数 2594.83 -2.26%
23日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比60.05ポイント安(-2.26%)の2594.83ポイントと3日ぶりに反落した。

戻り売りに押される展開。昨日の上海総合指数は4.1%高と大幅続伸し(2営業日の上昇率は累計6.8%)、約2週ぶりの水準を回復していた。米ドル高を背景に、新興国などからの資金流出も懸念される。香港、日本を含むこの日のアジア株全面安もリスク回避スタンスにつながった。政策期待が根強いなか、指数はプラス圏で推移する場面がみられたものの、上値は重く、大引けにかけて下げ幅を広げている。


<NH>

4週間前

23日のNY市場は下落



NYDOW;25191.43;-125.98
Nasdaq;7437.54;-31.09
CME225;22175;+255(大証比)



23日のNY市場は下落。ダウ平均は125.98ドル安の25191.43、ナスダックは31.09ポイント安の7437.54で取引を終了した。アジア・欧州株が全面安となり、世界経済減速への懸念が強まるなか、一部の主要企業決算が嫌気されて寄付きから大幅下落となった。
買い戻しの動きに伴い引けにかけて下げ幅を縮小したものの、相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、電気通信サービスや自動車・自動車部品が上昇する一方でエネルギーや運輸が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比255円高の22175円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、ホンダ、三菱商、エーザイ、オリンパス、TDKが堅調。半面、ファナック、任天堂、コマツ、SUBARU、日鉄住金、旭化成が冴えないなど、対東証比較(1ドル112.44円換算)で高安まちまち。 <FA>

4週間前

23日の香港市場概況:ハンセン3.1%安で3日ぶり反落、カジノの銀河娯楽は7.9%安

23日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比806.60ポイント(3.08%)安の25346.55ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は255.77ポイント(2.44%)安の10234.90ポイントとそろって3日ぶりに反落した。ハンセンは前日の急伸(2.32%)分を吐き出し、それ以上に下げている。売買代金は971億7900万香港ドルにやや縮小した(22日の売買代金は1144億4100万香港ドル)。

外部環境の不透明感が嫌気された。イタリアの財政問題や、米国とサウジアラビアの関係悪化などを警戒し、昨夜のNYダウは下落している。時間外取引のダウ先物安や、この日の本土株安をにらみながら、香港の各指数は下げ幅を徐々に広げた。

ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面安(50のうち49が下落)。マカオ・カジノの銀河娯楽集団(27/HK)が7.9%安、中国政府系デベロッパーの華潤置地(1109/HK)が6.6%安、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が6.5%安、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が5.8%安と値下がり率上位に並んだ。カジノ株に関しては、VIP客の売り上げ減少が売り材料視されている。今年第3四半期(7~9月)のVIP客売り上げは前年同期比3.6%増にとどまり、前四半期比ではマイナス成長となった。23日午前中に、珠海(広東省)、香港、マカオを結ぶ「港珠澳大橋」の開通式典が開催されたが(開通はあす24日)、特段の買い材料とはなっていない。

業種別では、中国の保険・証券がさえない。衆安在線財産保険(6060/HK)が9.5%安、中国人民保険集団(1339/HK)が3.5%安、広発証券(1776/HK)が4.0%安、海通証券(6837/HK)が3.3%安で引けた。

中国の自動車セクターも売られる。北京汽車(BAICモーター:1958/HK)が9.1%安、華晨中国汽車HD(1114/HK)が5.9%安、長城汽車(2333/HK)が4.8%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が3.7%安、広州汽車集団(2238/HK)が3.4%安と値を下げた。


他の個別株動向では、携帯通信キャリア中国最大手の中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が3.9%安と続落。同社が22日引け後に公表した今年1~9月期の業績で、純利益が3%増と伸び悩んだことが嫌気された。0.3%減の減収を余儀なくされている。

本土市場は3日ぶり反落。主要指標の上海総合指数は、前日比2.26%安の2594.83ポイントで取引を終えた。金融株が下げを主導する。消費関連株、資源・素材株、ハイテク株、医薬株、インフラ関連株、不動産株など全セクターが売られた。ただ、23日の急伸(4.09%)分を吐き出してはいない。

【亜州IR】


<FA>

4週間前

22日の中国本土市場概況:上海総合4.1%高で大幅続伸、証券セクター急伸

週明け22日の中国本土市場は大幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比104.41ポイント(4.09%)高の2654.88ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、109.30ポイント(4.09%)高の2780.38ポイントで取引を終えている。

当局の相場テコ入れ策が期待される流れ。国務院金融安定発展委員会は20日、劉鶴・副首相の主宰で会議を開き、19日に表明した株価安定策を早期に実施する方針を確認した。関係各部門が具体的な施策を発表し、実施を急ぐよう指示している。同じく20日、習近平・国家主席が「民営企業の発展を支えることは共産党中央委員会の一貫した政策だ」と強調したこともプラス材料だ。指数は小高く寄り付き、中盤から一段高となっている。

金融株が相場をけん引。なかでも証券株の上げが目立つ。中信証券(600030/SH)や東方証券(600958/SH)、中原証券(601375/SH)、国泰君安証券(601211/SH)などがそろってストップ高した。

軍需関連株も高い。レーダーや無線機器の安徽四創電子(600990/SH)が5.8%、航空機メーカーの中航直昇機(600038/SH)が5.5%、航空用エンジンメーカーの中航動力(600893/SH)が4.4%ずつ上昇した。トランプ米大統領が20日、旧ソ連との間で結んだ中距離核戦力(INF)廃棄条約を破棄する方針を示したことが刺激材料。防衛予算の積み増しが意識された。このほかハイテク株、医薬株、消費関連株、自動車株、インフラ関連株、不動産株など全セクターが値上がりしている。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が12.25ポイント(4.68%)高の274.01ポイント、深センB株指数が35.43ポイント(4.14%)高の892.03ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

4週間前

19日のNY市場はまちまち



NYDOW;25444.34;+64.89
Nasdaq;7449.03;-36.11
CME225;22450;-80(大証比)



19日のNY市場はまちまち。ダウ平均は64.89ドル高の25444.34、ナスダックは36.11ポイント安の7449.03で取引を終了した。朝方は18日の株価下落を受けた買い戻しが先行したものの、9月中古住宅販売件数が予想を下振れたほか、米長期金利の上昇を嫌気したハイテク株の下落に伴い、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや半導体・半導体製造装置が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円安の22450円。ADRの日本株はトヨタ、ファナック、ソフトバンクG、ファーストリテ、任天堂、ソニー、三菱商、三井物産、ブリヂストン、SUBARU、住友電など、対東証比較(1ドル112.55円換算)で全般軟調。
<SK>

前の記事へ »