Category : 海外ニュース

fisco1
6日前

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値上がり、国内景気の先行き楽観が引き続き支え

【ブラジル】ボベスパ指数 76659.80 -0.31%
11日のブラジル株式市場は小反落。主要指標のボベスパ指数は前日比237.41ポイント安(-0.31%)の76659.80で取引を終えた。76984.88まで上昇した後、一時76322.58まで下落した。

朝方はプラス圏に回復する場面もあったが、その勢いは続かなかった。弱い経済指標が足かせになった。8月の小売売上高は前年比で3.6%上昇し、市場予想の4.5%を下回った。前月比ではマイナス0.5%となり、こちらも市場予想のプラス0.2%を下回った。また、翌12日は聖母の日でブラジル市場が休場となり、積極的な売買も手控えられた。一方、原油価格の上昇が資源銘柄の一角の支援材料となった。

【ロシア】MICEX指数 2101.07 +0.68%
11日のロシア株式市場は反発。主要指標のMICEX指数は前日比14.16ポイント高(+0.68%)の2101.07で取引を終了した。2103.29から2087.07まで下落した。

買いが先行した後は上げ幅を拡大させ、引けまで高値圏で推移した。ブレント原油価格の上昇が好感され、資源銘柄を中心に買いが広がった。また、石油輸出国機構(OPEC)が2017年、18年の世界原油需要の予想を引き上げたことも支援材料となった。

【インド】SENSEX指数 31833.99 -0.28%
11日のインドSENSEX指数は4日ぶりに反落。前日比90.42ポイント安(-0.28%)の31833.99、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同32.15ポイント安(-0.32%)の9984.80で取引を終えた。

プラス圏で推移した後は終盤に売りに押された。成長予想の下方修正が圧迫材料。国際通貨基金(IMF)は最新リポートで、2017年度(18年3月まで1年間)のインドの成長予想を従来の7.2%から6.7%に引き下げた。予想通りなら4年ぶりの低水準となる。IMFは、4-6月期のインド成長率が5.7%まで減速しており、残りの3四半期は7%前後まで回復しないと従来予想7.2%への達成は困難だと指摘した。

【中国本土】】上海総合指数 3388.28 +0.16%
11日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比5.30ポイント高(+0.16%)の3388.28ポイントと4日続伸した。終値ベースで年初来高値を更新している。

国内景気の先行き楽観が引き続き支え。9日に発表された国際通貨基金(IMF)による最新の世界経済見通し(WEO)では、中国の2017年・国内総生産(GDP)成長率予想が6.8%に上方修正された。7月時点の予想値から0.1ポイント引き上げられている。中国で5年に1度の共産党大会を今月中旬に控えるなか(期間は18日から約1週間)、相場の安定期待も根強い。足元の中国本土マーケットでは、「国家隊」と呼ばれる政府系ファンドなどが積極的に市場介入しているもようだ。


<CS>

fisco1
6日前

11日のNY市場は上昇



NYDOW;22872.89;+42.21
Nasdaq;6603.55;+16.30
CME225;20945;+75(大証比)



 11日のNY市場は上昇。ダウ平均は42.21ドル高の22872.89、ナスダックは16.30ポイント高の6603.55で取引を終了した。朝方は複数の主要企業が市場予想を上回る好決算を発表したものの、FOMC議事録の内容を見極めたいとの思惑から、小動き。FOMC議事録では、数人の当局者が足元の低調なインフレ基調に懸念を示したが、大半が年内の利上げについて支持する見方を示した。発表後の相場はもみ合う展開となったが、原油相場の上昇が重なり、上げ幅をやや拡大した。セクター別では、消費者・サービスや運輸が上昇する一方でメディアや商業・専門サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の20945円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、任天堂、三井住友、ソニー、ファーストリテ、京セラなど、対東証比較(1ドル112.5円換算)で全般堅調。 <TM>

fisco1
6日前

11日の香港市場概況:ハンセン0.4%安と反落、香港不動産セクターさえない

11日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比101.26ポイント(0.36%)安の28389.57ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が7.35ポイント(0.06%)安の11411.41ポイントとそろって反落した。売買代金は1122億6300万香港ドルに拡大している(10日は915億2500万香港ドル)。

香港不動産株の下げが重し。恒基兆業地産(ヘンダーソンランド:12/HK)が4.9%安、長江実業集団(CKアセット・ホールディングス:1113/HK)が1.3%安、新世界発展(ニュー・ワールド・ディベロップメント:17/HK)が1.0%安で引けた。香港の林鄭月娥行政長官がこの日の昼前、施政方針を演説するなか、住宅テコ入れ策の効果に対する見方が交錯した。演説を挟み、株価は一進一退の値動きとなっている。

マカオ・カジノセクターも売られる。金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が2.6%、MGMチャイナHD(2282/HK)が2.0%、銀河娯楽(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.6%、澳門博彩HD(SJMホールディングス:880/HK)が1.4%ずつ下落した。

一方、他の個別株動向では、ピックアップトラック・SUV生産の長城汽車(2333/HK)が14.4%高と急騰。「長城汽車と中国第一汽車集団は、10月中にも戦略的提携関係を結ぶ見通し」と報じられたことが刺激材料だ。かねてから両社の再編観測が浮上する中で、今回の戦略提携は将来的な合併を視野に入れたものとみる向きもある。

本土マーケットは4日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.16%高の3388.28ポイントで取引を終えた。時価総額上位の金融株がしっかり。消費関連株や医薬関連株、自動車株、発電株、不動産株なども買われた。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
7日前

11日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高と4日続伸、金融株が相場主導

11日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比5.30ポイント(0.16%)高の3388.28ポイントと4日続伸した。終値ベースで年初来高値を更新している。上海A株指数も上昇し、5.58ポイント(0.16%)高の3548.02ポイントで取引を終えた。

国内景気の先行き楽観が引き続き支え。9日に発表された国際通貨基金(IMF)による最新の世界経済見通し(WEO)では、中国の2017年・国内総生産(GDP)成長率予想が6.8%に上方修正された。7月時点の予想値から0.1ポイント引き上げられている。中国で5年に1度の共産党大会を今月中旬に控えるなか(期間は18日から約1週間)、相場の安定期待も根強い。足元の中国本土マーケットでは、「国家隊」と呼ばれる政府系ファンドなどが積極的に市場介入しているもようだ。大型連休明けの9日に急騰してスタートしながらも徐々に上げ幅を縮小したことに関し、「国家隊」が市場に売り介入したとの観測が浮上している。一方、急落場面では大型株に買いを入れ相場を下支えしたとも伝えられた。指数は安く始まったものの、買いの勢いが徐々に増している。

業種別では、時価総額上位の金融株がしっかり。中国農業銀行(601288/SH)が1.6%高、中国太平洋保険(601601/SH)が2.0%高で引けた。消費関連株の物色も続く。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が1.0%高の545.54人民元と続伸し、上場来高値を連日で更新した。医薬関連株も上げが目立つ。新薬・医療機器の臨床応用推進のために、承認審査を迅速化させる方針が打ち出されたことをこの日も材料視している。自動車株や発電株、不動産株もしっかり。

一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.60ポイント(0.16%)安の362.88ポイント、深センB株指数が1.43ポイント(0.12%)高の1212.14ポイントで終了した。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
7日前

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は3日続伸、インド準備銀行が金融緩和に踏み切るとの期待

【ブラジル】ボベスパ指数 76897.21 +1.55%
10日のブラジル株式市場は3日ぶりに反発。主要指標のボベスパ指数は前日比1170.41ポイント高(+1.55%)の76897.21で取引を終えた。76995.59まで上昇した後、一時75745.07まで下落した。

買いが先行した後は上げ幅を拡大させ、引けにかけて上げ幅をじりじりと拡大させた。原油価格の上昇が好感され、資源の一角に買いが広がった。また、国内の消費が拡大しているとの報告も景気の回復期待を高めた。一方、鉄鉱石価格の下落が関連銘柄の売り材料となった。

【ロシア】MICEX指数 2086.91 -0.45%
10日のロシア株式市場は6日ぶりに反落。主要指標のMICEX指数は前日比9.38ポイント安(-0.45%)の2086.91で取引を終了した。2096.35 から2084.49まで下落した。

売りが先行した後は下げ幅を拡大させ、引けまで安値圏で推移した。連日の上昇で足元では高値警戒感が強まり、利益確定売り圧力が強まった。また、欧米金融当局が金融引き締めに踏み切るとの懸念も足かせに。一方、原油価格の上昇が指数をサポートした。

【インド】SENSEX指数 31924.41 +0.24%
10日のインドSENSEX指数は3日続伸。前日比77.52ポイント高(+0.24%)の31924.41、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同28.20ポイント高(+0.28%)の10016.95で取引を終えた。

買いが先行した後は狭いレンジでもみ合った。インド準備銀行(中央銀行)が金融緩和に踏み切るとの期待が高まっていることが指数をサポートした。景気回復の遅れや物品・サービス税(GST)の導入(7月)に伴う経済活動の一時停止を受け、政府が景気対策のほか、金融緩和などにも踏み切ると期待されている。

【中国本土】】上海総合指数 3382.99 +0.26%
10日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.61ポイント高(+0.26%)の3382.99ポイントと3日続伸した。

国内景気の先行き楽観が強まる展開。9日に発表された国際通貨基金(IMF)による最新の世界経済見通し(WEO)では、中国の2017年・国内総生産(GDP)成長率予想が6.8%に上方修正された。7月時点の予想値から0.1ポイント引き上げられている。中国では来週19日、今年第3四半期GDP成長率が発表される予定。第2四半期の6.9%から、6.8%に減速すると予想されているが、過度の景気減速に対する警戒感は薄らいでいる。商品市況安などを嫌気して指数は安く推移していたものの、後場に入り買いが優勢となった。

<CS>

fisco1
7日前

10日のNY市場は上昇



NYDOW;22830.68;+69.61
Nasdaq;6587.25;+7.52
CME225;20815;-15(大証比)



10日のNY市場は上昇。ダウ平均は69.61ドル高の22830.68、ナスダックは7.52ポイント高の6587.25で取引を終了した。国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長見通しを上方修正したほか、原油高が好感され、買いが先行。年初来で大きく上昇しているハイテク株は決算前に手仕舞う動きなどで一時弱含む場面もあったが、明日から始まる7-9月期決算シーズンには概ね楽観的な見方が広がり、堅調推移となった。セクター別では、食品・生活必需品小売や食品・飲料・タバコが上昇する一方で小売やヘルスケア機器・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の20815円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファーストリテ、日鉄住金が冴えない。半面、NTTドコモ、三井住友、京セラ、任天堂がしっかりなど、対東証比較(1ドル112.38円換算)で高安まちまち。

<TM>

fisco1
1週前

10日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と反発、香港系不動産セクターに買い

10日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比164.24ポイント(0.58%)高の28490.83ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が33.38ポイント(0.29%)高の11418.76ポイントとそろって反発した。引値ベースでハンセン指数は約9年10カ月ぶりの高値水準。売買代金は915億2500万香港ドルにやや縮小している(9日は977億5000万香港ドル)。

中国・香港の景気改善期待が相場を支える展開。9日に発表された国際通貨基金(IMF)による最新の世界経済見通し(WEO)では、中国の2017年・国内総生産(GDP)成長率予想が6.8%に上方修正された。7月時点の予想値6.7%から0.1ポイント引き上げている。香港の成長率予想に関しても、17年で2.4→3.5%(↑1.1ポイント)、18年で2.3→2.5%(↑0.2ポイント)に引き上げた。本土株がプラス圏に浮上して引けるなか、香港でもハンセン指数は上げ幅を広げて取引を終えている(H株指数はプラスに転換)。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港系不動産株の上げが目立つ。新世界発展(17/HK)が5.1%高、恒基兆業地産(ヘンダーソンランド:12/HK)が3.4%高、新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ:16/HK)が1.6%高で引けた。

トラック関連セクターもしっかり。トラック製造の中国重汽(サイノトラック:3808/HK)が3.6%高、ディーゼルエンジン生産のイ柴動力(ウェイチャイ・パワー:2338/HK)が2.5%高と値を上げた。「中国で大型トラックの販売が記録的な伸びを持続している」と報じられたことが手がかり。今年9月の国内販売は、前年同月比89%増の10万台に達した。中国重汽株は上場来の高値を切り上げている。

医薬関連セクターも高い。山東新華製薬(719/HK)が8.4%、中国医療集団(8225/HK)が7.1%、中国中薬(570/HK)が3.9%、四環医薬HD集団(460/HK)が2.8%、中国生物製薬(1177/HK)が3.0%ずつ上昇した。新薬・医療機器の臨床応用推進のために、承認審査を迅速化させる方針が打ち出されたことを材料視している。

本土マーケットは3日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.26%高の3382.99ポイントで取引を終えた。医薬関連株が高い。更新した。不動産株や海運株、インフラ関連株、銀行株の一角などもしっかり。消費関連株の物色も続いた。

【亜州IR】


<CS>

fisco1
1週前

10日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と3日続伸、貴州マオタイは連日で高値更新

10日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.61ポイント(0.26%)高の3382.99ポイントと3日続伸した。上海A株指数も上昇し、9.03ポイント(0.26%)高の3542.44ポイントで取引を終えている。

国内景気の先行き楽観が強まる展開。9日に発表された国際通貨基金(IMF)による最新の世界経済見通し(WEO)では、中国の2017年・国内総生産(GDP)成長率予想が6.8%に上方修正した。7月時点の予想値から0.1ポイント引き上げられている。中国では来週19日、今年第3四半期GDP成長率が発表される予定。第2四半期の6.9%から、6.8%に減速すると予想されているが、過度の景気減速に対する警戒感は薄らいでいる。商品市況安などを嫌気して指数は安く推移していたものの、後場に入り買いが優勢となった。

業種別では、医薬関連株の上げが目立つ。通策医療投資(600763/SH)がストップ高、上海医薬集団(601607/SH)が2.5%高で引けた。新薬・医療機器の臨床応用推進のために、承認審査を迅速化させる方針が打ち出されたことを材料視している。中国共産党中央弁公庁と国務院弁公庁は連名で8日、「審査評価制度改革深化によって医薬品・医療機器のイノベーションを奨励する意見」を公布した。

消費関連株の物色も続く。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.3%高の540.06人民元と続伸し、上場来高値を連日で更新した。不動産株や海運株、インフラ関連株、銀行株の一角などもしっかり。

半面、鉄鋼や非鉄、建材の素材株はさえない。馬鞍山鋼鉄(600808/SH)が3.7%、宝山鋼鉄(600019/SH)が1.6%、洛陽モリブデン(603993/SH)が3.5%、安徽海螺セメント(600585/SH)が1.5%ずつ値を下げた。

外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が0.32ポイント(0.09%)高の363.48ポイント、深センB株指数が5.68ポイント(0.47%)高の1210.71ポイントで終了した。

【亜州IR】

<CS>

fisco1
1週前

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は5日続伸、NY原油価格が反発したことが支援材料

【ブラジル】ボベスパ指数 75726.80 -0.43%
9日のブラジル株式市場は続落。主要指標のボベスパ指数は前日比327.92ポイント安(-0.43%)の75726.80で取引を終えた。76067.32まで上昇した後、一時75180.91まで下落した。

中盤に下げ幅を拡大させたが、終盤にやや値を戻した。通貨レアル安の進行を受け、ブラジル株に売り圧力が強まった。また、前営業日の欧米市場が冴えない展開を示したことも足かせに。一方、原油価格の反発が指数を下支えした。

【ロシア】MICEX指数 2096.29 +0.12%
9日のロシア株式市場は5日続伸。主要指標のMICEX指数は前日比2.43ポイント高(+0.12%)の2096.29で取引を終了した。2100.29から2086.74まで下落した。

中盤はマイナス圏で推移したが、終盤に買い戻された。NY原油価格が反発したことが支援材料。一方、指数の上値は重い。連日の上昇で足元では高値警戒感が強まり、積極的に上値を追う展開はみられなかった。また、米朝関係や米国とトルコの関係が悪化するとの懸念が高まっていることも足かせになった。

【インド】SENSEX指数 31846.89 +0.10%
9日のインドSENSEX指数は小幅続伸。前日比32.67ポイント高(+0.10%)の31846.89、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同9.05ポイント高(+0.09%)の9988.75で取引を終えた。

中盤にマイナス圏転落する場面もあったが、その後は再び買い戻された。企業業績の回復見通しが好感された。上場企業トップ50社の業績が7-9月期に改善すると予測されている。また、物品・サービス税(GST)の導入について、中長期的にはインド経済の成長をけん引するとの観測も支援材料となった。

【中国本土】】上海総合指数 3374.38 +0.76%
1週ぶりに取引再開した9日の中国上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比25.44ポイント高(+0.76%)の3374.38ポイントと続伸した。

金融緩和の期待感が強まる展開。連休直前の9月30日、中国人民銀行(中央銀行)が条件付き預金準備率の引き下げを発表した。また、人民銀が今週末の13日にも、金融政策ツールの一種である「中期流動性ファシリティ(MLF)」のロールオーバー(再貸出)を実施するもよう——と報じられている。ただ、上げ幅は徐々に縮小。指数は今年9月前半の年初来高値圏を突破し、約1年9カ月ぶりの高値水準で寄り付いただけに(前営業日比1.62%高)、相場の過熱感が意識された。


<NH>

fisco1
1週前

9日のNY市場は下落



NYDOW;22761.07;-12.60
Nasdaq;6579.73;-10.45
CME225;20690;-20(大証比)



9日のNY市場は下落。ダウ平均は12.60ドル安の22761.07、ナスダックは10.45ポイント安の6579.73で取引を終了した。コロンバスデーの祝日で主要経済指標などの発表も無く、終日閑散取引となった。米景気や税制改革法案成立への期待から買いが先行したものの、11日から本格化する7-9月期決算内容を見極めたいとの思惑から上げ幅を縮小し、小動きとなった。セクター別では、半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が上昇する一方でヘルスケア機器・サービスや食品・生活必需品小売が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円安の20690円。ADRの日本株はトヨタ、三菱UFJ、ホンダ、ファーストリテ、SUBARU、日鉄住金が下落。半面、ソフトバンクG、ファナック、任天堂、三井住友が小じっかりなど、対東証比較(1ドル112.65円換算)で高安まちまち。 <TM>

fisco1
2週前

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は小反発、原油価格の上昇などが好感

【ブラジル】ボベスパ指数 76617.53 +0.03%
5日のブラジル株式市場は小反発。主要指標のボベスパ指数は前日比26.09ポイント高(+0.03%)の76617.53で取引を終えた。78024.09まで上昇した後、一時76592.13まで下落した。

朝方は上値を追う展開もみられたが、その後は上げ幅をじりじりと縮小させた。原油価格の上昇などが好感された。また、欧米市場が堅調だったことも支援材料。一方、国内の政治不安が解消されていないことなどが指数の上値を押さえた。

【ロシア】MICEX指数 2088.32 +0.54%
5日のロシア株式市場は3日続伸。主要指標のMICEX指数は前日比11.23ポイント高(+0.54%)の2088.32で取引を終了した。2088.64 から2071.19まで下落した。

前日の終値近辺でもみ合った後は終盤にプラス圏を回復した。ブレント原油価格の上昇が支援材料となり、資源セクターの一角に買いが広がった。また、この日の欧米市場が堅調だったことなども買い安心感を与えた。

【インド】SENSEX指数 31592.03 -0.25%
5日のインドSENSEX指数は5日ぶりに反落。前日比79.68ポイント安(-0.25%)の31592.03、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同26.20ポイント安(-0.26%)の9888.70で取引を終えた。

前日の終値近辺でもみ合った後は終盤にマイナス圏に転落した。成長予想の下方修正が嫌気された。インド準備銀行(中央銀行)はきのう4日、政策金利を市場予想通り6%に据え置いたほか、2017年度(18年3月まで1年間)の成長予想を従来の7.3%から6.7%に引き下げた。インフレ率の加速が利下げの先送り理由として挙げられた。

【中国本土】休場

<CS>

前の記事へ »