Category : マーケット情報

karauri 空売り
1日前

[2017/10/20] 空売りの残高に関する銘柄情報

    東証の「公衆縦覧書類 空売りの残高に関する情報」を参考に集計していますが、集計内容に万が一誤りがある場合がありますので、ご利用の際は必ず各証券取引所および証券金融会社のホームページも合わせてご

fisco1
2日前

日経平均、週明け15連騰に向けたカギはファーストリテ

 日経平均は小幅ながら14営業日続伸。3.26円高の21451.78円(出来高概算7億8000万株)
で前場の取引を終えている。19日の米国市場は、中国の景気減速やスペインの政情不安への警戒感から売りが先行した。NYダウは小幅に上昇となったが、ナスダックはマイナスに。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比135円安の21335円となり、これにサヤ寄せする格好から売りが先行した。

 ただし、日経平均は5日線で下げ渋るなか、じりじりと下げ幅を縮めると、前場半ば辺りにはプラス圏に浮上した。東証1部の騰落銘柄は値上がり、値下がり数は拮抗。セクターでは水産農林、保険、化学、ゴム製品、繊維が上昇。半面、海運、空運、不動産、パルプ紙が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、東エレク、信越化、花王4452>、リクルートHD、ソフトバンクGがしっかり。

 日経平均はプラス圏を回復し、前場段階では日経平均の連騰最長記録の14連騰に顔合わせしている。インデックスに絡んだ商いを中心に、指数インパクトの大きい値がさ株の影響が大きい状況である。とりわけファーストリテには仕掛け的な動きも観測されており、同社の動向を睨みながらの相場展開になりそうだ。一方、指数インパクトの大きい値がさ株に関心が向かう中、中小型株は手掛けづらい状態が続いている。衆院選を控え、結果を見極めたいとの模様眺めムードもありそう。

 過度な期待は禁物ではあるが、衆院選が終盤情勢通りの結果となれば、「アベノミクス加速」といった長期安定政権を評価した物色が強まる相場展開が期待される。日経平均が14連騰で最長記録に並ぶことで、週明けには15連騰という最長記録更新が加わることから、よりセンチメントを明るくさせよう。
(村瀬智一)
<AK>

karauri 空売り
2日前

[2017/10/19] 空売りの残高に関する銘柄情報

    東証の「公衆縦覧書類 空売りの残高に関する情報」を参考に集計していますが、集計内容に万が一誤りがある場合がありますので、ご利用の際は必ず各証券取引所および証券金融会社のホームページも合わせてご

fisco1
2日前

マザーズ指数は5日ぶり反発、大型株優位で商い低調、ロゼッタなどがストップ高

 本日のマザーズ市場では、前日にマザーズ指数が25日線水準まで下落していたこともあり、主力株を中心に買い戻しや押し目買いの動きが優勢となった。ただ、日経平均が29年8ヶ月ぶりの13日続伸となるなか、マザーズ市場の商いは低調だった。軽量感の強い小型材料株の一角が値を飛ばした。なお、マザーズ指数は5日ぶり反発、売買代金は概算で675.91億円と9月25日以来の低水準だった。騰落数は、値上がり103銘柄、値下がり128銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、MSコンサル、メタップス、SOSEI、DMP、GNIなどが上昇。機械翻訳開発の進展が好感されたロゼッタは朝方から買い気配のままストップ高比例配分となり、HMTやウォンテッドリーもストップ高水準で本日の取引を終えた。HMTは東洋紡とうつ病関連バイオマーカー用酵素の量産技術を確立したと発表している。バリューゴルフはテレビ番組で紹介されたことを受けて16%高となった。一方、直近IPO銘柄のPKSHAは利益確定売りに押され小幅安となり、ロードスター、Gunosy、サンバイオ
なども下落した。また、前日までストップ高が続いたエディアが本日は急反落し、マザーズ下落率トップとなった。
<HK>

fisco1
2日前

JASDAQ平均は小幅反発、セゾン情報がストップ高で上昇率トップ



JASDAQ平均   3621.89   +3.92 /出来高 1億2281万株/売買代金 815億円
J-Stock Index 3385.13  -19.55


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は小幅反発、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexが続落となった。値上がり数は292、値下がり数は350、変わらずは63。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始した後は堅調な値動き。後場寄り付き後に日経平均が上げ幅を縮めたことで、JASDAQ平均も同様に上げ幅を縮めたが、プラス圏を維持して取引を終えている。
 個別では、セゾン情報がストップ高で上昇率トップ。18年3月期上期業績の上方修正が材料視され、ストップ高で年初来高値を大きく更新。なお、営業利益見通しは従来の20.00億円から27.10億円へと引き上げている。カーメイトも同じくストップ高で年初来高値更新。10月27日から東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」に出展すると発表しているが、煽り運転が社会問題として話題となるなか、同社のドライブレコーダー機能付360度カメラ「d'Action 360」が注目材料となっているようだ。
 CAPは、大和証券が投資判断「1(買い)」、目標株価3000円でカバレッジを開始したことで関心を集めた。大相続時代を迎え、申込ペーパーレスシステムで生保向けシェア拡大が期待できるとしている。ホットマンは後場に発表した18年3月期の上期及び通期の業績予想の上方修正が好感された。その他、旭化学工業、和井田製作所、重松製作、Nutsなどが上昇率上位にランクイン。
 一方、下落率トップは8%安の大阪油化工業。その他、ヤマトインダ、ネクストウェア、アイケイなどが下落率上位にランクイン。
 JASDAQ-TOP20では、夢真HD、インフォコム、エン・ジャパン、ポラテクノなどが軟調な値動きとなった。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 9640|セゾン情       |  2060|

fisco1
3日前

日経平均は13営業日続伸、主力大型株主導の展開が続く

 日経平均は13営業日続伸。140.80円高の21503.85円(出来高概算6億9000万株)で前場の取引を終えた。18日の米国市場はNYダウが連日で最高値を更新した。好決算を発表したIBMや長期金利上昇を背景とした金融株の上昇が目立ち、堅調推移となっていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円高の21450円。円相場は1ドル113円辺りでの推移となるなか、これにサヤ寄せする格好から主力大型株中心に買いが先行した。

 寄付き後しばらくはこう着感が強まっていたが、前場半ば辺りからじりじりと上げ幅を広げており、1996年10月以来の21500円を回復している。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターでは保険、不動産、金属製品、その他製品、非鉄金属が上昇。半面、電力ガス、石油石炭が小安い。指数インパクトの大きいところでは、東エレク、ソフトバンクG、信越化、アドバンテスト6857>がけん引。

 日経平均はギャップアップで始まった後はこう着をみせていたが、前場半ば辺りから上げ幅を拡大させている。指数インパクトの大きい東エレク、ソフトバンクG
が高値で引けていることをみても、インデックスに絡んだ資金が断続的に入っていたとみられる。日経平均が節目の21500円を回復するなか、よりショートカバーを誘い込む流れが意識されそうである。

 一方でインデックスに絡んだ売買で主力大型株の強い値動きが目立つ半面、中小型株は手掛けづらさが窺える。テーマ株等についても高安まちまちであり、日経平均が1988年2月以来の連騰記録をみせるなか、中小型株については手掛けづらく、個人主体の売買も盛り上がりに欠けそうだ。売買代金上位では東証1部は概ね上昇も、東証2部やJASDAQは値下がり銘柄が多い。マザーズはやや値上り数が上回っているが、大引けにかけて弱含みとなる傾向にあるため、安心できないだろう。引き続き、インデックスに絡んだ売買による主力大型株主導の展開が続きそうだ。
(村瀬智一)
<AK>

karauri 空売り
3日前

[2017/10/18] 空売りの残高に関する銘柄情報

        東証の「公衆縦覧書類 空売りの残高に関する情報」を参考に集計していますが、集計内容に万が一誤りがある場合がありますので、ご利用の際は必ず各証券取引所および証券金融会

fisco1
3日前

JASDAQ平均は反落、下落率トップは12%安の昭和システム



JASDAQ平均   3617.97  -17.11 /出来高 1億3137万株/売買代金 976億円
J-Stock Index 3404.68  -17.23


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は反落、J-Stock Indexが続落となった。値上がり数は252、値下がり数は386、変わらずは68。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。しかしその後は買いが続かずマイナスに転じ、終日軟調な展開となった。
 個別では、不二精機がストップ高で上昇率トップ。短期資金の関心が向かったようだ。田中化研はEV(電気自動車)関連としての物色が根強い。買取王国
は、エース経済研究所が投資判断を「中立」から「強気」、目標株価を480円から820円に引き上げたことが材料視された。エプコは株主優待制度の新設が好感される。シンワアートは、9月の月次業績が前年同月比で大幅減だったものの、8月からの回復が期待視された。その他、桂川電機、壽屋、Nuts、ユビキタスなどが上昇率上位にランクイン。
 一方、下落率トップは12%安の昭和システム。興研や細谷火工、重松製作などの防衛関連銘柄は、本日から中国の共産党大会が開催され、これに合わせて北朝鮮の挑発行為がなされるとの市場の見方も強かったことで、明日以降の手じまい売りなどを想定する動きにも。野村マイクロは、18年3月期の上期業績予想の修正を発表。営業利益は従来予想の0.56億円から1.15億円と大幅に引き上げたが、通期予想が据え置かれたことで短期的な失望売りが広がった。その他、両毛システムズ、フライングG、栄電子などが下落率上位にランクイン。
 JASDAQ-TOP20では、ベクター、メイコーの下げ目立つ。その他、インフォコム、ウエストHD、エン・ジャパンなどが軟調な展開に。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 6400|不二精機       |   338|   80|

fisco1
3日前

マザーズ指数は4日続落、日経平均12連騰のなか、直近IPOのPKSHAなど売られる

 本日のマザーズ市場は4日続落となった。前日のNYダウが史上初の23000ドルを一時突破したことなどを追い風として、日経平均が2015年5月15日から6月1日にかけての12連騰記録を試す展開となるなかで、投資家の目線は主力大型株へと向いた。また、セカンダリーでの活況な動きが目立っていたPKSHAなどの直近IPO銘柄が売られたことなどもセンチメントを悪化させる一因となった。一方で、好業績銘柄やEV(電気自動車)などのテーマへの物色は根強く、指数を下支えし、下値の堅さが意識されていた。売買代金は概算で978.31億円。騰落数は、値上がり97銘柄、値下がり137銘柄、変わらず8銘柄となった。
 マザーズ売買代金上位では、連日の大幅続伸をみせていた直近IPO銘柄であるPKSHAやMSコンサルのほか、時価総額上位銘柄のGNIなどが売られる展開となった。一方で、5営業日ぶりに反発となったメタップスのほか、SOSEIやミクシィなどが上昇した。また、EV関連として大泉製作所などにも物色が向かった。値下り率上位には、上期及び通期業績予想の下方修正が嫌気されたPXBのほか、ウォンテッドリーやテックポイントなどが並んだ。一方で、値上り率上位では、エディアのほか、メドレックスやエムビーエスなどが2ケタ超の大幅上昇となった。
<SK>

fisco1
4日前

日経平均は12営業日続伸、一時21400円乗せでいったんは利食いが出やすい状況

 日経平均は12営業日続伸。18.44円高の21354.56円(出来高概算6億7000万株)で前場の取引を終えている。17日の米国市場は金融やヘルスケア企業の好決算が相次ぎ、ダウは史上初となる23000ドルを一時突破。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の21370円となり、これにサヤ寄せする格好から、買い優勢の展開から始まった。ただし、過熱感が警戒されやすいなか、寄付き直後に21400円に乗せた後は、一時下げに転じる場面もみられた。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1200を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは、ゴム製品、医薬品、陸運、石油石炭、パルプ紙、精密機器、輸送用機器がしっかり。半面、海運が下落率トップとなり、鉄鋼、その他製品、非鉄金属、水産農林、ガラス土石、卸売が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテがけん引する半面、京セラ、ファナック、コナミHDが重石に。

 日経平均は寄付き直後にやや荒い動きをみせたが、その後は小幅ながらプラス圏での推移が続いている。東証1部の出来高は6億7000万株にとどまっており、インデックスに絡んだ商いも減っているようである。その中で、ファーストリテが日経平均をけん引しており、後場も同社の動向を睨みながらの相場展開になりそうである。また、強い値動きが続いている任天堂が連日で陰線形成と利食いの動きが見られており、日経平均が一時21400円に乗せたことなども鑑み、いったんは利食いが出やすい状況のようだ。

 一方で、マザーズ指数がプラス圏で推移している。大引けにかけての失速等が警戒されるが、相対的に出遅れている中小型株などへの見直す動きも意識されよう。
(村瀬智一)
<AK>

fisco1
4日前

マザーズ指数は小幅に3日続落、前引けにかけて売り、直近IPOのPKSHAは切り返し

 本日のマザーズ市場では、朝方こそ押し目買いの動きが先行したものの、日経平均が前引けにかけて弱含んだことに連れて利益確定売りがかさんだ。後場に入ると売買代金トップのPKSHAなどが切り返したが、マザーズ指数は前日終値を前に戻り一服となった。引き続き大型株優位の相場展開が意識されているようで、マザーズ銘柄物色は広がりを欠いた。なお、マザーズ指数は小幅に3日続落、売買代金は概算で982.58億円。騰落数は、値上がり95銘柄、値下がり134銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、メタップス、SOSEI、ロードスター、アンジェス、テックポイントなどが軟調。また、サンバイオがマザーズ下落率トップとなった。同社株価は9月以降急ピッチの上昇が続いていたが、短期的な過熱感が意識されたようだ。一時13%安となる場面があった。一方、直近IPO銘柄のPKSHAも利益確定売りに押される場面があったが、後場に入ると強い切り返しを見せた。MSコンサル
は国内運用会社の大量保有報告書提出を受けて後場急伸。また、アエリアと女性向け位置ゲーム創出で合弁会社を設立するエディアや一部レポートが材料視されたメドレックがストップ高となり、SHIFTやマーケットEも10%超の大幅高となった。その他、GNIやDMPなどが上昇した。
<HK>

前の記事へ »