Category : マーケット情報

7日前

日経平均は大幅に4日続落、中国市場の動向とともに企業決算に注目

 日経平均は大幅に4日続落。218.81円安の23564.91円(出来高概算7億6000万株)で前場の取引を終えている。

 米NYダウは5日、9月雇用統計を受けた長期金利の上昇を嫌気して180ドル安と続落。週明け8日には39ドル高と3日ぶりに小幅反発したものの、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は3日続落した。また、大型連休明けの中国・上海総合指数が急落したことからリスク回避の動きが広がり、為替市場では円相場が一時1ドル=112円台まで上昇。3連休明けの東京市場でも外部環境の不安定感を嫌気した売りが先行し、日経平均は233円安からスタートした。東京証券取引所の一部でシステム障害が発生したことに加え、中国株の動向を見極めたいとの思惑もあり、寄り付き後の日経平均はじりじりと下げ幅を広げ、23442.86円
(340.86円安)まで下落する場面があった。しかし、上海総合指数の反発を受けて前引けにかけてやや下げ渋った。

 個別では、任天堂、ソフトバンクG、トヨタ自、キーエンス
などが軟調。東エレクが4%超安となるなど半導体関連株の下げが目立ち、SUMCOは7%安となった。ゆうちょ銀行が一部住宅ローンの仲介を停止すると伝わった、スルガ銀も7%超下落した。一方、ファーストリテ、ソニー、日本郵政などはしっかり。ユニファミマは今上期の業績修正を好感した買いが続き、4%超高と大幅続伸した。また、好業績のシステムインテや大有機化が東証1部上昇率上位に顔を出した。セクターでは、鉱業、輸送用機器、電気機器などが下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは不動産業、陸運業、建設業の3業種のみだった。

 米中貿易摩擦に対する警戒感が高まり、日本の3連休中に上海総合指数が急落したことから、目先は同指数や人民元相場睨みの神経質な相場展開となりそうだ。ただ、日経平均は2日に付けた取引時間中の年初来高値(24448.07円)から本日の安値までの下落幅がおよそ1000円に達している。25日移動平均線からのかい離も急速に縮まり、上海総合指数が落ち着きを見せれば徐々に押し目買いの動きも出てくるだろう。

 なお、今週はJフロント(9日)、イオン(10日)、7&iHD、ユニファミマ、ファーストリテ(以上11日)、高島屋(12日)と小売大手の決算発表がピークを迎える。ただ、ユニファミマは業績修正を発表済みで、イオンや7&iHDなどは事前の観測報道が伝わっているため、堅調な業績は織り込み済みと考えておいた方がよいだろう。相場の先行きを占ううえで注目されるのが10日の安川電となる。短期的に輸出株の見直し機運が高まるか、あるいは中国経済の減速懸念が一段と強まるかの分かれ目となる可能性がある。
(小林大純)
<AK>

3週間前

マザーズ指数は大幅反発、外部環境を追い風に、そーせいが3日ぶりに急反発

 本日のマザーズ指数は大幅反発。20日のNYダウが史上最高値を更新したほか、ナスダック総合指数も反発するなど米国株が上伸したほか、為替も1ドル=112円台後半まで円安が進むなど外部環境が好転しているなか、個人投資家のマインドも改善した。また、連日でストップ安を演じたそーせいが3日ぶりに急反発したほか、指数寄与度の大きい時価総額上位銘柄の強い動きがセンチメントを好転させた。なお、売買代金は概算で1221.14億円。騰落数は、値上がり140銘柄、値下がり107銘柄、変わらず11銘柄となった。
 値上がり率上位は、ジェイテックコーポレーションが16%高となったほか、エクストリームやコラボスなどが2ケタ上昇に。売買代金上位では、そーせいが急反発したほか、フィンテックグローバル、アンジェス、ALBERT、ミクシィが堅調な一方で、前日に上場したアズームが13%安になったほか、メルカリ、ipsは軟調。
 なお、本日マザーズ市場に上場したイーエムネットジャパンの初値は公開価格の約2.3倍となる7000円となった。
<SK>

4週間前

マザーズ指数は3日続伸、そーせいストップ安が指数の重しに

 本日のマザーズ指数は3日続伸となった。米中貿易摩擦による経済への過度な懸念が後退したことで、米国株高や円安進行を背景に朝方からマザーズ銘柄にも買いが先行した。指数インパクトの大きいメルカリが大幅続伸をみせたが、ムスカリンM1作動薬の臨床開発を自主的に中断したそーせいがストップ安比例配分となったことで指数の重しに。総じて、個人投資家の関心は主力大型株へと向かいやすい地合いであった。なお、売買代金は概算で962.03億円。騰落数は、値上がり161銘柄、値下がり90銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、統合型サウンドミドルウェアの大型アップデートを26日に実施すると発表したCRI・ミドルウェアのほか、マーケットエンタープライズやipsが2ケタ上昇となった。売買代金上位では、メルカリが9%高となったほか、UUUM、プロレド・パートナーズ、ラクスル、DMPが上昇。一方で、フィンテックグローバル、サンバイオ、ALBERTは軟調。
<SK>

1か月前

JASDAQ平均は3日続落、日米の貿易摩擦への懸念から売り波及



JASDAQ平均 3733.61 -15.11/出来高 6909万株/売買代金 468億円
J-Stock Index 3100.26 -45.96


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも3日続落した。値上がり銘柄数は218(スタンダード206、グロース12)、値下がり銘柄数は373(スタンダード351、グロース22)、変わらずは64(スタンダード61、グロース3)。
 本日のJASDAQ市場は、米中貿易摩擦の激化や日米貿易摩擦懸念を背景に、東証1部の主力株が売られ、日経平均も一時300円以上下落するなどの投資家心理が悪化して新興市場にも売りが波及する展開となった。また、マザーズ市場のメルカリ
が3日続落し、8月24日以来2週間ぶりに上場来安値を更新したことで、個人投資家のマインドを冷え込ませる一因につながったほか、マクドナルドやセリア
など時価総額上位銘柄が軒並み値を崩したことも響いた。
 個別では、下落率のトップはハーモニックで6%超の下落となった。そのほか、月次売上高が悪化しているセリアも手仕舞い売りが続いたほか、シライ電子
や国際チャートも値を消した。足元で復興需要への期待感から値を上げていたニッパンRも反落したほか、SEMITEC、エスプールなども値下がり率上位にランクインした。
 一方、値動きの軽さから値幅取りの動きが強まった地域新聞がストップ高水準まで買い進まれたほか、上期の純損失が縮小する見通しのユークスも2ケタ上昇。第1四半期の好決算を受けたナ・デックスもストップ高水準まで買い進まれた。また、クラスターT、中央化学が上伸したほか、子会社がアリペイの認定代理店に登録されたフォーサイドも大幅反発した。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 2164|地域新聞       |   908|   150|

1か月前

マザーズ指数は反落、大引けにかけて利益確定売りの動き、アドベンチャーは急落

 本日のマザーズ指数は反落。米国の通商政策に対する警戒感が強まるなか、マザーズ主力銘柄中心に売りが先行した。朝方に一時プラスに転じる場面もあったが、総じて1050pt処では上値は重く、大引けにかけて利益確定売りの動きが強まった。一方で、テーマ株や材料銘柄には引き続き個人投資家の値幅取りの動きも散見され、下げ渋る展開となっていた。なお、売買代金は概算で964.22億円。騰落数は、値上がり85銘柄、値下がり162銘柄、変わらず12銘柄となった。
 値下がり率上位では、アドベンチャーが16%超の下落となったほか、和心
やGA TECHも2ケタの下落になった。売買代金上位では、そーせい、メルカリ4385>、ALBERT、メドレックスが下落した。一方で、フィンテックグローバル
、サンバイオ、エクストリーム、串カツ田中、サインポストは上昇。串カツ田中は、8月の既存店売上高が前年同月比9.7%増だったと発表。プラスは2カ月連続で、伸び率は7月(1.9%増)から加速したという。
<SK>

1か月前

マザーズ指数は反落、不動産関連の下落で警戒感も

 本日のマザーズ指数は反落。僅かながら前週末比プラスで取引を開始したものの、寄り付き直後にマイナス転換。後場寄り付き後に日経平均が下げ幅を広げると同じく一段安となったが、その後は大引けにかけて狭いレンジ内での推移となった。外部環境が不透明な状況が続く中、不動産関連の下落などで改めて警戒感が高まり様子見ムードも強まったようだ。なお、売買代金は概算で979.89億円。騰落数は、値上がり78銘柄、値下がり174銘柄、変わらず8銘柄となった。
 売買代金及び下落率ランキングでは、23%安となったエクストリームがトップにランクイン。その他、AMBITION、ロードスター、GA TECH、グローバルリンクなど不動産関連には売りが広がった。一方、上昇率トップはバリューデザイン。その他、マネジメントソリューションズ、ログリー、エーアイ、和心、ipsなど直近IPO銘柄の一角にも物色が見られた。また、間葉系幹細胞由来の細胞治療薬に関する特許ポートフォリオを取得したと発表したサンバイオが連日強さを見せている。
<FA>

2か月前

日経平均は8日続伸も伸び悩み、外部環境受け手がけにくい展開

 日経平均は8日続伸。35.42円高の22883.64円(出来高概算6億0657万株)で前場の取引を終えた。29日の米国市場では、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を見極めたいとの思惑が強まるなか、4-6月期GDP改定値が予想を上振れたほか、主要ハイテク株が選好されたことで堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比125円高の22975円となり、ドル円相場は1ドル=111円台後半と前日比円安方向に振れて推移するなか、本日の日経平均は朝方から買い先行となり、23000円台乗せのスタートとなった。しかし、その後は新規の買い材料に欠ける状況の中で上値は重く、機関投資家とみられる利益確定の動きから一時マイナスに転じる場面もあった。

 東証1部の値上がり数は1100を超えており、全体の5割程度を占めた。セクターでは、鉱業、パルプ・紙、水産・農林業、その他製品が堅調な一方で、精密機器、銀行業、輸送用機器はさえない。個別では、ファーストリテとファナックの2銘柄で日経平均を約30円程度押し上げる要因となった。

 本日は大引けでTOPIXやJPX400のパッシブ連動資金のリバランス需給が発生する。特に年1回であるJPX400の定期見直しに対する注目度は高く、足元の東証1部では、売買代金が2兆円割れの低水準の商いとなる場面が目立っていることもあり、指数リバランスの反応は大きくなりやすい点には留意しておきたい。

 引き続き米国とカナダによるNAFTA再交渉への模様眺めムードが強まっているほか、トランプ米大統領による北朝鮮との非核化交渉関連への声明のなかで、「米国と中国政府との貿易紛争のため、北朝鮮は中国から巨大な圧力を受けている」として中国政府を非難する姿勢をみせたことも手がけにくくさせる一因になっている。23000円を前に日経平均の上値が次第に重くなるなか、個人投資家による短期資金は、自動運転や格安スマホ、直近IPO銘柄などの直近で話題性があり、関心が向かっている中小型のテーマ株へと向かう可能性もある。
(雲宮 祥士)
<AK>

2か月前

マザーズ指数は5日ぶり反落、米国株上昇を受け買い先行も直近IPOメルカリが指数の重しに

 本日のマザーズ指数は5日ぶり反落。前日の米国株上昇を受けて、相場全体の地合いを背景に朝方から全般のマザーズ銘柄にも買いが先行した。物色としては、バイオ関連株や直近IPO銘柄の一角に関心が向かった。ただ、足元で節目の1000ptを突破したことによって達成感が台頭したほか、3日ぶりに反落となったメルカリが指数の重しとなったことで上値の重い展開となった。なお、売買代金は概算で1032.78億円。騰落数は、値上がり86銘柄、値下がり172銘柄、変わらず5銘柄となった。
 値下がり率上位では、チームスピリットのほか、フリークアウトHDやプレシジョン・システム・サイエンスが並んだ。売買代金上位銘柄では、メルカリが3日ぶりに反落となったほか、そーせい、ALBERT、エクストリーム、モブキャストなどがさえない。一方で、18年12月期営業損益見通しを下方修正したアンジェスは悪材料の出尽くし感から9%超の上昇となったほか、サンバイオ、サイバーダイン、ソレイジアなどは堅調。
<SK>

2か月前

マザーズ指数は3日続伸、直近IPOメルカリが5日ぶり反発

 本日のマザーズ指数は3日続伸。為替市場で円相場が1ドル=111円台前半まで下落したことを受けて日経平均が朝方から上昇するなど、相場全体の好地合いを背景にマザーズ市場にも買いが波及する展開となった。物色としては、直近IPO銘柄や各種テーマ株に関心が向かったほか、指数インパクトの大きいメルカリが5日ぶりに反発するなど指数のけん引役となった。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を控えるなかではあるものの、個人投資家による値幅取りの動きは活発となり、大引けにかけてマザーズ指数はじりじりと上げ幅を拡大する展開に。なお、売買代金は概算で1001.10億円。騰落数は、値上がり190銘柄、値下がり63銘柄、変わらず9銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、エクストリームがストップ高となったほか、Mマートやエコモットなどが2ケタ上昇になった。エコモットは古野電気と高精度3次元変位計測システムを開発したことを発表。売買代金上位銘柄では、メルカリが5日ぶりに反発し、そーせいが5%高となったほか、モブキャスト、JMC、オイシックスなどが上昇した一方で、ALBERT、UUUM、ミクシィなどは軟調であった。
<SK>

2か月前

JASDAQ平均は小幅続伸、円安や米株高などを映して買い戻し続くも薄商い継続



JASDAQ平均  3727.22 +32.77/出来高 7851万株/売買代金 468億円
J-Stock Index   3176.54 +37.02


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも続伸した。
値上がり銘柄数は407(スタンダード379、グロース28)、値下がり銘柄数は203(スタンダード195、グロース8)、変わらずは47(スタンダード46、グロース1)。
 本日の市場は、円相場が1ドル=110円台後半と円安が進んだことや米ハイテク株高を受け日経平均が上昇したことから、個人投資家の投資家心理を改善させ、新興市場にも買い戻しの動きが続いた。また、米中両国は23日、追加関税の第2弾を発動したが、市場では
「想定内のこと」と材料視していないが、日経平均が上値の重い展開となっているだけに、外部環境に左右されにくい内需関連銘柄が比較的多く上場している中小型株中心のジャスダック市場に資金が向かっているようで、全般は底堅く推移していた。ただ、24日に行われるパウエルFRB議長の講演を前に投資家の様子見姿勢は変わらず、積極的に売買を手掛ける向きは少なく、薄商いが続いていた。
 個別では、値動きの軽さや米ハイテク株高の流れからリバーエレテクがストップ高で値上がり率トップとなった。また、中国企業との業務提携を発表した新都HDや透明フレキシブル基板が引き続き材料視されたシライ電子などもストップ高となった。このほか、やまねメディ、ハリマビステム、ヒップ、サンキャピタルなども値上がり率上位にランクインした。
 一方、連騰に対する警戒感から利食い売りが出たJALCOHDが反落し値下がり率トップとなった。また、ホロンやインフォクリエ、ジャストプラ、MTジェネック、岡藤HDなども下落し値下がり率上位にランクインしている。
 JASDAQ-TOP20では、メイコー、フェローテク、ユニバーサル、夢真HDなどが上昇した。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 6666|リバーエレテク   |   352|   80|    29.41|
2| 2776|新都HD    

2か月前

JASDAQ平均は6日続落、米中貿易摩擦への警戒感強く買い見送りムード強まる



JASDAQ平均  3788.41 -26.95/出来高 8157万株/売買代金 378億円
J-Stock Index   3252.51 -39.16


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は6日続落し、JASDAQ-TOP20は小幅続落、J-Stock Indexは3日続落した。値上がり銘柄数は169(スタンダード162、グロース7)、値下がり銘柄数は428(スタンダード399、グロース29)、変わらずは65(スタンダード63、グロース2)。
 本日の市場は、買い見送りムードの強い展開となった。東証1部上場企業の決算発表が本格化するなか、個人投資家の資金は引き続き主力大型株に向かい、中小型株は買い手控えられた。また、米中貿易摩擦の激化への警戒感がくすぶるなか、週末とあってポジション調整の売りも散見された。ただ、個別には米アップルの好決算を受けて関連銘柄が物色されたほか、好業績銘柄などには値幅取りの動きが見られたが、全般を押し上げるには至らなかった。
 個別では、来週の決算発表前に思惑買いが膨らんだ大塚家具はストップ高水準まで買われたほか、業績予想を上方修正したUEXは9連騰となった。このほか、値動きの軽さから五洋インテが前日比18円(+4.80%)高の393円と値を上げ、米アップルの好決算を受けてアップル関連として人気化した倉元は前日比5円(+3.55%)高の146円と反発。そのほか、ダイヤ通商、シスロケなどが値上がり率上位にランクインした。
 一方、9月3日付で上場廃止が決まったソルガムHDは前日比6円(-23.08%)安の20円まで下落し、第1四半期利益の進捗率の悪さが嫌気されたシステムズDは前日比147円(-12.83%)安の999円と4日ぶりに反落した。また、5日線を下抜けたアクサスHDが前日比13円(-9.15%)安の129円と値を下げ、連騰の反動からJHDが前日比101円(-9.06%)安の1014円と3日ぶりに反落した。このほか、プロルート、エイシアンスター、ニチダイなどが値下がり率上位になった。
 JASDAQ-TOP20では、マクドナルド、セリア、ハーモニックなどが下落した。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 7462|ダイヤ通商      |  1399|   266|    23.48|
2| 8186|大塚家

前の記事へ »