Category : マザーズ市況

3か月前

マザース指数は3日続落、IPOブティックスは初値2.4倍、ビープラッツは持ち越し

 本日のマザーズ市場では、日経平均が前日終値を挟んだこう着の強い動きとなり、マザーズ指数は25日線水準がいったん抵抗線として意識される展開となった。主力大型株がさえない動きとなるなか、個人投資家による積極的な商いも限られた。また、ミクシィやGNIなどのマザーズ時価総額上位銘柄の軟調推移も手掛けにくくさせる一因となった。一方で、直近IPO銘柄の一角には引き続き個人主体の短期資金が向かっていたが、指数を押し上げるには至らなかった。なお、マザーズ指数は3日続落、売買代金は概算で1065.40億円。騰落数は、値上がり75銘柄、値下がり159銘柄、変わらず10銘柄。
 値下がり率上位には、シルバーライフやSMNのほか、イトクロが並んだ。売買代金上位では、直近IPO銘柄のRPAホールディングスや神戸天然物化学のほか、ジェイテックコーポレーションがさえない。一方で、同じ直近IPO銘柄でも、アジャイルやSOU、ファイバーゲートは上昇したほか、外食関連銘柄の串カツ田中が上昇した。串カツ田中は、3月の既存店売上高が2.1%増と5カ月連続のプラスになったことが材料視された。なお、上場2日目のブティックスは公開価格の約2.4倍となる3210円での初値形成となり、本日新規上場したビープラッツは買い気配のまま初値が付かなかった。
<SK>

4か月前

マザーズ指数は続伸、IPOのMマートは好調な初値形成

 本日のマザーズ市場では、米株高を受けた流れから、バイオ株や直近IPO、好業績株など幅広い銘柄が買い優勢の展開となった。しかし、足元で大きく上昇していた銘柄などで利食いの動きも散見された。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で812.22億円。騰落数は、値上がり158銘柄、値下がり70銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、先週末に続きデジタル教科書関連のすららネットに関心が向かいストップ高。ダイハツのシステムに同社の音声認識技術と端末が採用されたと発表したAMIが大幅反発。また、23日19時放送の一部TV番組において、同社の再生細胞薬が取り上げられたサンバイオは一時4135円まで急伸した他、ブライトパス・バイオ、アンジェス、ナノキャリアなどバイオ株への物色が目立った。一方、ソケッツ3634>が9.74%安で下落率トップ。その他、マザーズ売買代金上位ではフィルカンパニーが小反落となったほか、モブキャスト、カナミックNが下落した。
 なお、Mマートは上場2日目となる本日、公開価格の約4.3倍となる5380円の初値をつけた(公開価格1240円)。また、初値形成時の出来高は37万4200株だった。
<>

5か月前

マザーズ指数は3日続落、サイバーダインやPKSHAがさえない推移

 本日のマザーズ市場では、前日終値水準でのもみ合いが続いた。相場全体の地合いとして、決算を受けた主力大型株への物色から底堅さが意識されるなか、後場に短期資金が向かう場面もみられた。前週24日の高値更新から利食い売りの動きは続いているものの、直近IPO銘柄や決算評価の動きもみられ、下値は限定的となった。なお、マザーズ指数は3日続落、売買代金は概算で897.57億円。騰落数は、値上がり99銘柄、値下がり138銘柄、変わらず6銘柄となった。
 値下がり率上位では、U&Cやバーチャレクスのほか、Jストリームの下落幅が目立つ。一方で、値上がり率上位には、オイシックスや日本動物高度医療6039>のほか、フィルカンパニーなどが並んだ。売買代金上位では、DMPや時価総額上位のサイバーダインのほか、直近IPO銘柄のPKSHAがさえない。一方で、ソレイジアのほか、そーせいやGNIなどは堅調。
<SK>

5か月前

マザーズ指数は4日ぶり反落、地合い悪で目先の利益確定

 本日のマザーズ市場では、このところの中小型株物色の流れから買いも入ったが、結果的に目先の利益を確定する動きが優勢となった。為替の円高進行やこれに伴う日経平均の軟調推移を受けて、個人投資家の積極姿勢もやや後退したようだ。なお、マザーズ指数は4日ぶり反落、売買代金は概算で1178.72億円。騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり149銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、直近で上昇の目立っていたナノキャリアのほか、DMP、サイバーダイン、ミクシィ、GNIなどが下落。本日より信用規制が実施されたフィルカンパニーも売り優勢だった。また、アンジェスやユニネクがマザーズ下落率上位に顔を出した。一方、マザーズ売買代金トップのSOSEIは朝高後伸び悩んだものの、終値で小幅ながらプラスを確保した。その他、ブライトパス、PKSHA、サンバイオなどが上昇。また、ベネフィットJ、一家ダイニング、大泉製などがマザーズ上昇率上位となり、自社創薬品目
「RBM003」の実験結果が好感されたリボミックや特許出願観測のアスカネットなども大きく買われる場面があった。
<HK>

5か月前

マザーズ指数は連日で昨年来高値を更新、そーせいやサイバーダインが堅調

 本日のマザーズ市場では、日経平均の上値が重い展開となるなか、同市場における時価総額上位銘柄中心に個人主体の短期資金が向かったことから指数をけん引し、連日で昨年来高値を更新する場面がみられた。後場に利益確定の動きも一時的にみられるなか、直近IPO銘柄やバイオ株のほか、好業績銘柄への物色意欲は強かった。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1643.42億円。騰落数は、値上がり134銘柄、値下がり102銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値上がり率上位には、連日で昨年来高値を更新しているハイアス・アンド・カンパニー6192>やナノキャリアのほか、直近IPO銘柄のクックビズなどが並んだ。売買代金上位では、時価総額上位銘柄であるそーせいやサイバーダインのほか、ナノキャリアやDMPが堅調。一方で、PKSHAのほか、フィルカンパニー
やグローバルリンクなどはさえない。
<SK>

5か月前

マザーズ指数は続伸、連日で昨年来高値更新、テラスカイや串カツ田中はストップ高

 本日のマザーズ市場では、日経平均が300円を超える上昇となるなか、相場全体の先高感の高まりを背景に中小型株でも買い優勢の展開となった。マザーズ時価総額上位のSOSEIが大幅続伸して指数をけん引したほか、材料株やテーマ株物色も活発だった。
なお、マザーズ指数は続伸、連日で昨年来高値を更新した。売買代金は概算で1459.48億円。騰落数は、値上がり147銘柄、値下がり88銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、SOSEIやフィルカンパニー、PKSHA、サンバイオ、DMP、サイバーダインなどが上昇。株式分割実施を発表したテラスカイ
、立会外分売のリリースで東証1部への昇格期待が高まった串カツ田中のほか、エーバランス、グローバルリンク、カナミックNがストップ高水準で取引を終えた。コラボスは前日同様にストップ高水準での買い気配が続いた。
新商品提供に向けた登録完了を発表したロードスターなども上げが目立った。一方、ナノキャリア、中村超硬、HANATOUR、メディアS
などは利益確定売りに押され下落。遺伝子治療薬の国内承認申請を受けて前日ストップ高だったアンジェスだが、本日は前期業績の修正もあり急反落した。
<HK>

5か月前

マザーズ指数は5日ぶり大幅反発で昨年来高値更新、バイオ株や直近IPO銘柄に買い

 本日のマザーズ市場では、前週末に売られたSOSEIが反発したほか、その他バイオ株や直近IPO銘柄の一角に買いが入り、マザーズ指数は堅調に推移した。外部環境の不透明感や主要企業の決算内容を見極めたいとする思惑などから、日経平均は上値の重い展開となり、中小型株に物色が向かいやすかった面もあるようだ。なお、マザーズ指数は5日ぶり大幅反発、2%を超える上昇で昨年来高値を更新した。売買代金は概算で1256.05億円。騰落数は、値上がり196銘柄、値下がり46銘柄、変わらず2銘柄となった。
 個別では、SOSEIやマザーズ売買代金トップのフィルカンパニー、その他HANATOUR、ブライトパス、中村超硬などが上昇。SOSEIは一部証券会社の新規高評価付与が観測されている。バイオ株のナノキャリアやアンジェス、株式分割実施を発表したハイアスやコラボス、直近IPO銘柄の一家ダイニング、新サービス開始のメディアS、その他リンクバルはストップ高水準で本日の取引を終えた。アンジェスは遺伝子治療薬の国内承認申請が材料視された。エンバイオHDやグローバルリンクも上げが目立った。一方、DMPやUNITEDなどが軟調で、PKSHAは小安い。また、BS3623>がマザーズ下落率トップとなった。
<HK>

5か月前

マザーズ指数は3日ぶり反落、大型株シフトで利益確定売り、TKPなどストップ高

 本日のマザーズ市場では、直近で上昇の目立った銘柄を中心に利益確定売りが広がった。為替の円高一服で日経平均が200円を超える上昇となり、主力大型株や指数連動型ETF
(上場投資信託)に資金が向かった面もあるようだ。ただ、マザーズ指数が5日線水準まで調整した場面では押し目買いの動きも見られた。なお、マザーズ指数は3日ぶり反落、売買代金は概算で1464.60億円。騰落数は、値上がり91銘柄、値下がり146銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、ブライトパス、GNI、ナノキャリアといったバイオ株や、メタップス、DMPなどが下落。前日に決算発表したシンメンテ
やウォンテッドリー、テーマ株として人気だったイントランスやカナミックN、前日ストップ安だったクックビズは10%を超える下げとなった。一方、マザーズ売買代金トップのUNITEDやPKSHA、サイバーダインなどが上昇。株式分割実施が材料視されたサインポストのほか、ファイズやグローバルリンクが10%超の大幅高だった。また、決算が好感されたTKP、政策の追い風期待が高まったエルテス、脳神経科学を活用したサービス開発での協業を発表したメディアSがストップ高を付け、フィルカンパニーは連日のストップ高となった。
<HK>

5か月前

マザーズ指数は続伸し昨年来高値更新、バイオ株や好決算銘柄中心に物色活発

 本日のマザーズ市場は、前週末に続き堅調な展開となった。朝方は利益確定売り優勢となる場面も見られたが、為替の円高推移により日経平均が上値の重い展開となったことで、再び中小型株に資金が向かった。バイオ株や好決算銘柄を中心に物色は活発だった。
なお、マザーズ指数は続伸、終値で1300pt台に乗せ昨年来高値を更新した。売買代金は概算で1402.20億円。騰落数は、値上がり152銘柄、値下がり86銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、売買代金トップのブライトパスやイントランス、SHIFT、アトラエなどが10%超の大幅高となった。SHIFTは第1四半期決算が好調で、上期・通期業績予想も上方修正した。また、今期の大幅増益見通しが好感されたフィルカンパニーのほか、カナミックNやオンコリスがストップ高水準まで買われた。その他、PKSHA、ナノキャリア、GNI、SOSEI、サンバイオなどが上昇した。一方、本日より信用規制が実施されたブランジスタが大幅続落し、DMPやミクシィもさえない。また、メルカリの早期上場見送り報道が売り材料視されたUNITED、第3四半期が減益となったU&C、今期減益見通しのクックビズはストップ安となった。
<HK>

5か月前

マザーズ指数は6日ぶり反落、一時1300pt回復で利益確定、GameWithなどストップ高

 本日のマザーズ市場では、為替の円高推移により日経平均が軟調な展開となるなか、前場は中小型株物色の流れが継続した。マザーズ指数は前引けにかけて2006年9月以来となる
1300pt台を回復する場面があった。しかし、その後は短期的な達成感もあって利益確定売りが優勢となった。なお、マザーズ指数は6日ぶり反落、売買代金は概算で1611.26億円。
騰落数は、値上がり100銘柄、値下がり138銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、SOSEI、GNI、サイバーダイン、DMPなどが下落。直近で急ピッチの上昇を見せていた一家ダイニング、ブランジスタ、バーチャレクは利益確定売りが強まり、マザーズ下落率上位に揃って顔を出した。一方、PKSHAはマザーズ売買代金トップで小幅高となった。上値追いの展開が続いたが、引けにかけて伸び悩んだ。その他ではブライトパス、アンジェス、中村超硬、ミクシィなどが上昇。イントランスはカジノ関連として急動意を見せ、マザーズ上昇率トップとなった。また、上期決算や株式分割等を発表したGameWithに加え、グローバルW、旅工房がストップ高水準で本日の取引を終えた。
<HK>

5か月前

マザーズ指数は5日続伸、直近IPO銘柄や仮想通貨関連に物色

 本日のマザーズ市場では、日経平均が23800円を挟んだもみ合いとなるなかで、個人主体の短期資金が中小型株へと向かう展開となった。仮想通貨関連銘柄などの各種テーマ株や直近IPO銘柄中心に物色意欲は根強く、引けにかけて上げ幅を拡大した。連日で昨年来高値を更新した。なお、マザーズ指数は5日続伸、売買代金は概算で1453.49億円。騰落数は、値上がり149銘柄、値下がり88銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値上り率上位では、ソフトマックスやデータホライゾンのほか、バーチャレクスHDなどが2ケタ超の上昇に。売買代金上位では、直近IPO銘柄であるPKSHAやみらいワークスのほか、そーせい、GNI、インフォテリアが堅調な推移。インフォテリアは、仮想通貨関連銘柄が軒並み動意をみせるなか、同社にも物色が向かった。一方で、ブランジスタやDMP、ミクシィはさえない展開に。
<SK>

前の記事へ »