Category : マーケット情報

fisco1
5日前

日経平均は約21年ぶりに21000円を回復

 日経平均は9営業日続伸。48.78円高の21003.50円(出来高概算9億2000万株)で前場の取引を終えた。1996年12月以来、20年10カ月ぶりに21000円を回復した。12日の米国市場の下げや、短期的な過熱感もあり、小幅に続伸で始まった日経平均は寄付き直後に下げに転じる場面もみられた。しかし、世界的な景気拡大を背景に、相対的に出遅れている日本株を見直す流れから下値は堅く、再びプラス圏を回復すると、前場半ばには節目の21000円を回復している。

 指数インパクトの大きいところでは、決算が評価されたファーストリテが買い気配スタートとなり、1社で日経平均を45円押し上げている。その他、ソフトバンクG、花王、ユニファミマ、東エレクが堅調。セクターでは空運、その他金融、小売、ゴム製品、食料品が堅調。半面、鉱業、銀行、サービス、鉄鋼が冴えない。

 日経平均は約21年ぶりに21000円を回復した。国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長見通しを上方修正するなど世界的な景気拡大を背景に、相対的に出遅れている日本株を見直す流れが続いている。また、衆院選では「最も可能性が高い結果」として、連立与党による議席過半数維持を市場が期待しているとみられるなか、各メディアの調査結果は「アベノミクス加速」への思惑から、先高期待が高まりやすい。

 節目到達で達成感が意識されたとしても、日本株の相対的な出遅れと、アベノミクス加速を手がかりに押し目買い意欲は強く、一段高への期待が大きいだろう。
(村瀬智一)
<AK>

karauri 空売り
6日前

[2017/10/12] 空売りの残高に関する銘柄情報

      東証の「公衆縦覧書類 空売りの残高に関する情報」を参考に集計していますが、集計内容に万が一誤りがある場合がありますので、ご利用の際は必ず各証券取引所および証券金融会社のホームペー

株式銘柄レーティング情報
6日前

株式銘柄レーティング情報 [2017/10/12]

      情報内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報掲載は株式投資判断の参考となる情報の提供であっ て、投 資勧誘を目的としたものではあり

fisco1
6日前

マザーズ指数は反発、SHIFTなどがストップ高、直近IPO銘柄の一角は売りかさむ

 本日のマザーズ市場では、このところ人気だった直近IPO銘柄の一角に利益確定売りが広がる一方、出遅れ感のある主力・準主力株が戻りを試す展開となった。日経平均が節目の2
1000円に迫るまで上昇し、相場全体の良好な地合いが追い風となった。決算などを手掛かりとした物色も活発だった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で859.55億円。
騰落数は、値上がり130銘柄、値下がり94銘柄、変わらず18銘柄となった。マザーズ指数は
1100pt近辺でのもち合いが続いている。
 個別では、SOSEI、ミクシィ、UNITED、GNI、インフォテリなどが上昇。今期の大幅増益見通しが好感されたSHIFT
や、上期が黒字確保の見込みとなったDMPはストップ高となった。決算発表を控えたエヌピーシー、東証1部への市場変更を申請していることを明らかにしたハイアス、直近IPO銘柄のMSコンサルも10%を超える上昇だった。一方、マザーズ売買代金トップのPKSHAは11%安と大幅続落した。9月下旬の上場後は急ピッチの株価上昇が続いていた。その他、ロードスターやテックポイントといった直近IPO銘柄や、仮想通貨関連として人気化していたメタップスも利益確定売りに押された。また、第2四半期決算を発表したスタジオアタオがマザーズ下落率トップとなった。
<HK>

fisco1
6日前

JASDAQ平均は反発、ヤマト・インダストリーが上昇率トップ



JASDAQ平均   3646.75  +17.86 /出来高 1億6477万株/売買代金 861億円
J-Stock Index 3412.76  +29.28


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexが反発となった。値上がり数は366、値下がり数は255、変わらずは75。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。
その後も上げ幅を広げる展開となったが、買い一巡後はおおむね3645円水準での推移となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。
 個別では、ヤマトインダが上昇率トップ。アイケイは、ストップ高で上場来高値更新。第1四半期の決算発表とともに、18年5月期の上期及び通期見通しを上方修正している。第1四半期の営業利益は前年同期比3.6倍の2.08億円で着地、通期営業利益見通しは5.85億円から7.40億円へと引き上げた。昭和システムもストップ高。18年3月期上期業績の上方修正が材料視された。なお、営業利益見通しは従来の2.00億円から2.77億円へと引き上げている。インターライフは、18年2月期の上期見通しを上方修正したことが好感された。営業利益見通しは1.84億円から3.01億円へと引き上げている。その他、ミクロン精密、KYCOM、IXナレッジ、アクモスなどが上昇率上位にランクイン。
 一方、下落率トップは7%安のドーン。18年5月期の第1四半期が減収・赤字転換でのスタートとなったことが嫌気された。協立情報通信は好決算を発表するも、通期計画の据置きで一旦売られる格好に。その他、アルファ、SAMURAI、ANAPなどが下落率上位にランクイン。
 JASDAQ-TOP20では、フェローテクが年初来高値を更新。11年6月以来となる2000円台を回復。東海東京証券がレーティング「Outperform」、目標株価2800円を新規に付与したことが材料視された。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 7886|ヤマト・インダ   |   219|   46|    26.59|

fisco1
6日前

日経平均は続伸、1996年12月6日以来の21000円が射程に

 日経平均は続伸。97.29円高の20978.56円(出来高概算7億9000万株)で前場の取引を終えた。20900円を回復して始まった日経平均は、その後20980.92円まで上げ幅を広げた。これにより2015年6月24日のザラバ高値(20952.71円)を突破し、1996年12月5日(20976.54円)以来の高値を更新した。米株高や原油相場の上昇、また、衆院選の世論調査では与党の優勢が伝わっており、「アベノミクス加速」への可能性が相場を押し上げている。

 セクターでは精密機器、情報通信、陸運、海運、その他金融が上昇。半面、鉱業、石油石炭、保険、非鉄金属、銀行が冴えない。東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1200を超えており、全体の6割を占めている。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG、ファナック、東エレクの3銘柄で日経平均を約64円押し上げている。

 日経平均は2015年6月のザラバ高値をクリアしたことにより、2012年12月の第2次安倍内閣発足後の最高値を明確に突破した。1996年12月6日(21001.90円)以来の21000円が射程に入ってきた。米FOMC議事録では当局者の大半が年内の利上げについて支持する見方を示しているなか、年内の追加利上げへの思惑が高まっている。米国市場では12日から金融機関の決算発表が予定されており、決算内容次第ではメガバンクや保険セクターへの物色に波及しよう。

 その他、衆院選では「最も可能性が高い結果」として、連立与党による議席過半数維持を市場が期待しているとみられるなか、各メディアの調査結果は「アベノミクス加速」への思惑に向かわせ、先高期待が高まりやすい。日経平均の21000円目前で売り買いが交錯する可能性があるが、明日にSQを控えているなか、SQでの21000円到達が意識される。一方で、北朝鮮情勢への警戒も根強く、手掛けづらさもありそうだ。
(村瀬智一)
<AK>

karauri 空売り
6日前

[2017/10/11] 空売りの残高に関する銘柄情報

    東証の「公衆縦覧書類 空売りの残高に関する情報」を参考に集計していますが、集計内容に万が一誤りがある場合がありますので、ご利用の際は必ず各証券取引所および証券金融会社のホームページも合わせてご

株式銘柄レーティング情報
6日前

株式銘柄レーティング情報 [2017/10/11]

    情報内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報掲載は株式投資判断の参考となる情報の提供であっ て、投 資勧誘を目的としたものではありません。またこ

fisco1
7日前

JASDAQ平均は反落、下落率トップは16%安のANAP



JASDAQ平均   3628.89   -3.54 /出来高 1億4473万株/売買代金 839億円
J-Stock Index 3383.48  -10.60


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexが反落となった。値上がり数は274、値下がり数は366、変わらずは57。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。
しかし、その後は買いが続かずマイナスに転じると、終日狭いレンジ内での推移となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。
 個別では、ミクロン精密がストップ高で上昇率トップ。プロパストは、一時ストップ高。18年5月期の第1四半期決算を発表。営業利益は前年同期比39.1%増の5.70億円で着地した。通期営業利益予想に対する進捗率は約66%となっており、上振れ期待も高まったようだ。幼児活動研究会は、業績期待の他、与党が勝利するとの見方が優勢となっていることも追い風に。サダマツは、17年8月期業績見通しの上方修正がポジティブ視された。その他、栄電子、ヤマトインダ、フライングG、五洋インテックスなどが上昇率上位にランクイン。
 一方、下落率トップは16%安のANAP。17年8月期決算を発表。営業利益は8月に報じられていた業績観測を上回った。また、18年8月期の営業利益見通しは、前期比23.3%増の2.50億円(業績観測では3億円弱)としている。しかし、足元で株価は決算期待から急ピッチで上昇しており、高値更新後は次第に利益確定売りに押される展開に。オーネックス5987>は利食いの流れに。その他、シンワアート、大阪油化工業、IXナレッジ
などが下落率上位にランクイン。
 JASDAQ-TOP20では、田中化研が3%安だった他、メイコーが軟調。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 6159|ミクロン精密     |  1563|  

fisco1
7日前

マザーズ指数は反落、主力大型株へと資金シフト、マルマエは急伸

 本日のマザーズ市場は反落となった。朝方は主力大型株の利食い売りが優勢となるなかで、マザーズ指数は買い先行でスタートした。しかし、その後は地政学リスクの後退や円安進行とともに日経平均が第2次安倍内閣発足後の最高値を超えて推移するなかで、新興市場から主力大型株へと投資家の資金シフトの目立つ展開となった。マザーズ指数は前日に大幅な上昇をした反動もあり、引けにかけて利益確定売りの動きに。一方で、直近IPO銘柄や好業績銘柄への物色は根強かった。
 売買代金は概算で1143.24億円。騰落数は、値上がり81銘柄、値下がり150銘柄、変わらず11銘柄となった。マザーズ売買代金上位では、連日の大幅続伸をみせていた直近IPO銘柄であるPKSHAやロードスターのほか、SOSEIなどが売られる展開となった。一方で、メタップスのほか、テックポイントやMSコンサルなどは上昇した。値下り率上位には、クラウドワークスやソーシャルワイヤー、ビーロットなどが並んだ。一方で、値上り率上位では、マルマエのほか、WASHハウスやマネーフォワードなどが大幅上昇となった。マルマエは、17年8月期決算を発表している。営業利益は前期比56.5%増の7.64億円となり、従来予想(4.82億円)を上回って着地。18年8月期について2ケタ増益見通しを示したことなどが好感された。
<SK>

fisco1
7日前

日経平均は7営業日続伸、アベノミクス発足後の高値を更新

 日経平均は7営業日続伸。46.73円高の20870.24円(出来高概算7億7000万株)で前場の取引を終えている。利食い先行で始まったが下値は堅く、前場半ばにはプラス圏を回復。一時20889.05円まで上げ幅を広げており、2012年12月の第2次安倍内閣発足後の最高値である、終値ベースの高値20868.03(2015年6月)を超える場面をみせている。先物主導によるインデックスに絡んだ資金が断続的に入っており、日経平均を押し上げた。

 セクターでは保険、非鉄金属、空運、サービス、食料品、建設が上昇。半面、鉄鋼、海運、倉庫運輸、繊維、輸送用機器、ガラス土石が冴えない。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。

 日経平均は終値ベースではアベノミクス発足後の高値を更新した。インデックスに絡んだ商いが中心であるが、週末にはオプションSQを控えているなか、ザラバ高値が意識されやすいだろう。そのため、インデックスの影響を受けやすい東証1部銘柄に物色が向かいやすそうだ。

 また、衆院選については、「最も可能性が高い結果」として、連立与党による議席過半数維持を市場が期待しているとみられる。NHKの世論調査によると、各党の支持率は自民党が31.2%、希望の党が4.8%、公明党が3.8%、立憲民主党が4.4%などと伝えられている。
「アベノミクス加速」が意識されるなか、海外勢による資金流入も期待されよう。
(村瀬智一)
<AK>

前の記事へ »