Category : ALL

4時間前

国内債券市況コメント(1月18日)

1月18日の国内債券市場:株高を背景に軟調な展開   【債券先物】 前日の海外市場では経済指標の上振れを受けて株高・債券安の流れとなっており、債券先物(3月限)は前日比8銭安の152円50銭でスタート。寄り後も

10時間前

18日の香港市場概況:ハンセン1.3%高で反発、舜宇光学科技が7.7%上昇

18日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比335.18ポイント(1.25%)高の27090.81ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が124.82ポイント(1.19%)高の10636.97ポイントとそろって反発した。ハンセンは約1カ月半ぶりの高値水準を回復している。売買代金は920億2500万香港ドルとなった(17日は974億300万香港ドル)。

米中通商協議の進展期待が強まる流れ。中国商務部の高峰報道官は17日の定例会見で、「貿易問題担当の劉鶴副首相が今月30~31日の日程で米国を訪問し、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やムニューシン財務長官との通商協議に臨む」と正式発表した。中国人民銀行(中央銀行)の資金供給もプラス。人民銀は18日、公開市場操作(オペ)で差し引き200億人民元を供給した。これにより、オペによる純供給額は今週1兆1600億人民元(約18兆7190億円)に拡大。週間ベースの供給規模として2017年1月第4週(1兆1900億人民元)以来、2年ぶりの大きさを記録した。

ハンセン指数の構成銘柄では、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が7.7%高、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が7.3%高、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が5.7%高と上げが目立った。

業種別では、スマートフォンや第5世代(5G)ネットワーク関連、半導体などハイテクが高い。上記した舜宇光学科技のほか、瑞声科技HD(2018/HK)が5.5%、中興通訊(ZTE:763/HK)が2.8%、長飛光繊光纜(6869/HK)が2.6%、華虹半導体(ファホンセミコンダクター:1347/HK)が11.4%、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が6.6%、中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が4.3%ずつ値を上げた。

家電セクターも急伸。創維数碼HD(スカイワース・デジタル:751/HK)が16.1%高、海信家電集団(921/HK)が9.2%高、TCL電子HD(1070/HK)が8.6%高、海爾電器集団(ハイアール電器:1169/HK)が5.4%高で引けた。「内需拡大策の一環として、中国政府はテレビの買い替えを奨励する」と報じられたことがセクター全体の刺激材料となっている。

中国の保険セクターもしっかり。衆安在線財産保険(6060/HK)が6.0%高、新華人寿保険(1336/HK)が4.3%高、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が3.7%高と上昇した。

本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前日比1.42%高の2596.01ポイントで取引を終えた。金融株が相場をけん引する。インフラ関連株、消費関連株、医薬品株、資源・素材株、不動産株、運輸株、自動車株、ハイテク株なども買われた。

【亜州IR】


<FA>

11時間前

18日の中国本土市場概況:上海総合1.4%高で反発、大型金融株が相場けん引

18日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比36.37ポイント(1.42%)高の2596.01ポイントと反発した。約1カ月ぶりの高値水準を回復している。上海A株指数も上昇し、38.17ポイント(1.42%)高の2718.43ポイントで取引を終えた。

中国人民銀行(中央銀行)の資金供給が好感される。人民銀は18日、公開市場操作(オペ)で差し引き200億人民元を供給した。オペによる純供給額は今週に入って1兆1600億人民元(約18兆7190億円)に拡大。週間ベースの供給規模として2017年1月第4週(1兆1900億人民元)以来、2年ぶりの大きさを記録した。米中通商交渉の進展も期待される。中国商務部の高峰報道官は17日の定例会見で、「貿易問題担当の劉鶴副首相が今月30~31日の日程で米国を訪問し、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やムニューシン財務長官との通商協議に臨む」と正式発表した。

時価総額上位の金融株が相場をけん引。中国工商銀行(601398/SH)が2.7%高、中国太平洋保険(601601/SH)が3.3%高で引けた。インフラ関連株も高い。ゼネコンの中国建築(601668/SH)が4.9%上昇した。消費関連株、医薬品株、資源・素材株、不動産株、運輸株、自動車株、ハイテク株なども買われている。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が0.87ポイント(0.31%)高の277.79ポイント、深センB株指数が2.27ポイント(0.26%)高の865.95ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

12時間前

帝国電機 当社子会社における不適切な取引行為判明による社内調査委員会設置に関するお知らせ

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (50.0%) (50.0%) (0.0%) 2019-01-18 16:00:00  帝国電機製作所 当社子会社における不適切な取引行

12時間前

大林組 建設業法に基づく営業停止処分について

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (50.0%) (50.0%) (0.0%) 2019-01-18 15:30:00  大林組 建設業法に基づく営業停止処分について

13時間前

サンバイオ 再生細胞薬「SB623」に脳出血プログラムを追加する件

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (0.0%) (50.0%) (50.0%) 2019-01-18 15:00:00  サンバイオ 再生細胞薬「SB623」に脳出血プロ

13時間前

国際帝石 ノルウェー王国 2018年APAラウンドにおける探鉱鉱区2件の落札について

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (50.0%) (50.0%) (0.0%) 2019-01-18 15:00:00  国際石油開発帝石 ノルウェー王国 2018年AP

14時間前

弱い相場ながらも光明も見える

米国のNYダウ平均は昨年10月の高値から12月安値までの下げ幅に対する半値戻りを達成した。「半値戻しは全値戻し」との格言通り、これから下落分をすべて取戻しにいくのだろう。

                     NYダウ平均

出所:Bloomberg

それに比べて日経平均の戻りが鈍い。円高が重石となっていると思われる。ドル円は急低下した米国長期金利を追いかけるように円高に動いてきた。

                  米国債10年利回りとドル円

出所:Bloomberg

米国長期金利の低下は、米国の景気減速懸念を背景に、市場がFRBに緩和スタンスを「催促」してきたことの表われと、株価急落局面でのFlight to Quality、リスクオフの流れが強まったことが要因である。

米国株が戻り歩調を辿るなら、今度はリスクオフの巻き戻しであり、リスクオフで買われた米国債も売られ金利低下は一服する。当然、円高圧力も薄まるだろう。

ここ一両日の冴えない日本株の動きにはがっかりだが、そんな中にも少しだけ明るい兆候が見え始めた。多くが指摘することだが、先週、中国での設備投資抑制を背景に2回目の業績下方修正をおこなった安川電機の株価が上昇した。中国景気減速で業績を下方修正しても、もはやサプライズではないということであろう。中国景気減速による業績悪化というかなり「強力な」悪材料もほぼ織り込み済みとなれば、これ以上の下値不安は相当程度、後退したと考えてよいだろう。

マクロの悪材料にも冷静に対処できるようになった。例えば、14日に発表された昨年12月の中国貿易統計では、輸出入が前年同月比で大幅に減少。新車販売台数も28年ぶりに前年割れと報じられた。これまでなら中国経済の減速懸念から機械や電気機器などの中国関連株が売られてもおかしくなかったが、3連休明け15日の東京市場はそれら機械や電気機器などが逆に牽引役となり日経平均株価は200円近い続伸となった。前日のNY市場でダウ平均が2日続落、その日の欧州時間で英国議会でEU離脱法案の採決というイベントを控えていたことを考えれば想定外の強さだった。

その15日に発表された2018年12月の工作機械受注総額。前年同月比18.3%減と3ヶ月連続で前年割れ。減少幅は11月の17%減から拡大した。前年同月比は確かにマイナスだが、しかし、受注額自体は前月から増加した。底打ちしつつある。記録的な水準だった昨年のピークは3月だった。だから今度の3月の数字が出たところが前年同月比マイナスの最大値、すなわち底をつけるだろう。

下記のグラフの赤い線は、この先も2018年12月の工作機械受注総額1355億5100万円で推移したと仮定した場合の前年同月比の動きである。3月の落ち込みは過去のサイクルのボトムとほぼ同じ水準に達し、その後減少幅が縮小していくイメージが持てるだろう。

                  工作機械受注 (前年同月比)

出所:Bloomberg

そして当然だが、機械株は工作機械受注に連動している。現在の機械株は投資チャンスにあると考える根拠だ。

            工作機械受注前年同月比と東証業種別株価指数(機械)

出所:Bloomberg

そして極めつけは今日の日本電産だ。2019年3月期の純利益が従来予想から一転して減益となる前期比14%減の1120億円と下方修正。永守会長の「11月、12月に尋常でない変化が起きた」「46年間経営をやってきて、月単位でこんなに落ち込んだのは初めてだ」という言葉は衝撃的だった。

「日本電産ショック」 ― 市場関係者の多くの脳裏に浮かんだ言葉であろう。今日の東京市場では他の電子部品株だけでなく、中国売上高比率が高い設備投資関連銘柄にも売りが広がる可能性を指摘する声が多かった。しかし、ふたを開けてみれば、ファナック、コマツなど寄り付きからプラスで始まった。安川電機はマイナスで寄ったがすぐにプラスに切り返した。牧野フライス、DMG森精機、オークマなどの工作機械株も堅調だ。

電産自身の株価も、寄り付きこそ900円安で始まり990円安まで売られ昨年来安値を更新したが、それでも9:30現在、600円安程度まで戻している。大発会の日の取引時間中の安値11565円を上回り、昨年クリスマスにつけた終値としてのこれまでの安値11800円とほぼ変わらない。

そして東証33業種、すべてのセクターが上昇する全面高だ。「日本電産ショック」 は市場全体に広がらなかった。悪材料は織り込みが進んでいる。あく抜け~反転上昇も近いだろう。

14時間前

三菱自 当社取締役前会長による不正行為に関する内部調査結果について

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (33.3%) (55.6%) (11.1%) 2019-01-18 14:00:00  三菱自動車 当社取締役前会長による不正行為に関

16時間前

リボミック ビタミンC60バイオリサーチ株式会社との共同研究開発契約書締結のお知らせ

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (71.4%) (28.6%) (0.0%) 2019-01-18 12:00:00  リボミック ビタミンC60バイオリサーチ株式会社

17時間前

第3四半期に回復の兆しがみられた銘柄は

昨年の12月中旬から始まった小売り企業を中心とした2月決算企業の第3四半期決算発表も今週で終了となりましたが、その結果をみると半数近い企業が営業減益となりました。しかし、第3四半期9カ月間累計でみると減益でも第3四半期3カ月間でみると増益に転じ、回復の兆しがみられた銘柄もありました。

そこで今回は第3四半期9カ月間累計の営業利益が減益となった2月決算企業のなかから、第1四半期3カ月間と第2四半期3カ月間は減益だったものの、この第3四半期3カ月間が増益に転じた銘柄をピックアップしてみました。例えばハイデイ日高(7611)は第3四半期9カ月間累計の営業利益は2%余りの減益でしたが、第3四半期3カ月間でみると小幅な増益に転じており、この結果を受けて決算発表翌日の株価は9%近く上昇しています。

前の記事へ »