Category : ALL

1時間前

国内債券市況コメント(6月20日)

6月20日の国内債券市場:海外金利に連れて大幅金利低下   【債券先物】 前日の海外市場ではFOMCを受けて米長期金利が低下しており、債券先物(9月限)も前日比12銭高の153円76銭でスタート。東京時間でも米

8時間前

20日の中国本土市場概況:上海総合2.4%高で4日続伸、金融セクターに買い

20日の中国本土市場は大幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比69.32ポイント(2.38%)高の2987.12ポイントと4日続伸した。上海A株指数も上昇し、72.71ポイント(2.38%)高の3128.76ポイントで取引を終えている。

米中協議の進展期待が追い風。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は19日、「今月28~29日の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせた米中首脳会談の前に、劉鶴副首相とも会談する」との見通しを示した。閣僚級の会談は5月10日以来。首脳会談に向けた“地ならし”を進める。金融緩和の思惑も強まった。米金融当局が利下げを示唆したことを受け、実際に金利が引き下げられた場合、中国の利下げ余地が広がるとの見方も出ている。

業種別では、金融の上げが目立つ。中信建投証券(601066/SH)がストップ高、華泰証券(601688/SH)が9.7%高、中国人民保険集団(601319/SH)が8.1%高、招商銀行(600036/SH)が4.3%高で引けた。招商銀行株は38.38人民元で取引を終え、上場来高値を切り上げている。証券株に関しては、上海に新設されるハイテク・スタートアップ企業向け株式市場「科創板」の準備進展を引き続き材料視した。指数構成の金融株は全銘柄が値上がりしている。

消費関連株も高い。白酒メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が4.6%、スーパーマーケット大手の永輝超市(601933/SH)が3.6%ずつ上昇した。貴州茅台酒株は一時975.50人民元まで買われ、最高値(990人民元)に接近している(終値は975人民元)。このほか、自動車株、不動産株、運輸株、インフラ関連株、ハイテク株、医薬品株など幅広く物色された。

外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が3.22ポイント(1.11%)高の292.93ポイント、深センB株指数が14.02ポイント(1.50%)高の947.47ポイントで終了した。

【亜州IR】


<FA>

10時間前

エン・ジャパン 株式会社JapanWorkの株式取得(子会社化)、当該株式取得の対価としての第三者割当による自己株式処分、完全子会社化を目的とした株式交換に係る基本合意締結

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (50.0%) (50.0%) (0.0%) 2019-06-20 15:30:00  エン・ジャパン 株式会社JapanWorkの株式

10時間前

イントランス 中国現地法人設立に関するお知らせ

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (50.0%) (50.0%) (0.0%) 2019-06-20 15:00:00  イントランス 中国現地法人設立に関するお知らせ

10時間前

5-6年ぶりに最高益を更新した銘柄は

4月下旬からスタートした3月決算企業の本決算発表も先月中旬に終了しましたが、日本経済新聞の集計によると前期は自動車や機械などの製造業の苦戦が目立ち純利益が小幅ながら3期ぶりの減益となってしまいました。しかし、こうしたなかでも健闘し前期に過去最高益を更新した銘柄もあります。

そこで投資のヒントでは2年ぶりに最高益を更新した銘柄や3-4年ぶりに最高益を更新した銘柄をこれまで取り上げてきましたが、今回は営業利益が5-6年ぶりに最高益を更新した3月決算銘柄をピックアップしてみました。例えばツガミ(6101)は前期比で45%近い大幅な営業増益となり2013年3月期の最高益を6年ぶりに更新したほか、オリエンタルランド(4661)やいすゞ(7202)でも5年ぶりに最高益を更新しています。

1日前

国内債券市況コメント(6月19日)

6月19日の国内債券市場:一段と金利低下   【債券先物】 前日の海外市場ではドラギECB総裁が追加金融緩和の可能性について示唆したことから、欧米の長期金利の低下が進んでおり、債券先物(9月限)も前日比16銭高

no image posts
1日前

ソフトバンクGが修正申告 子会社株移動、税法に課題  :日本経済新聞

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (45.5%) (45.5%) (9.1%) 2019-06-19 21:32:00 ソフトバンクグループ ソフトバンクGが修正申告 子

1日前

19日の中国本土市場概況:上海総合1.0%高で3日続伸、証券セクターに買い

19日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比27.65ポイント(0.96%)高の2917.80ポイントと3日続伸した。上海A株指数も上昇し、28.98ポイント(0.96%)高の3056.05ポイントで取引を終えている。

米中首脳会談の実施決定で投資家心理が上向く。トランプ米大統領は18日、「習近平国家主席と電話協議し、今月28~29日に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談することで合意した」ことを明らかにした。中国国営テレビも同日、米中首脳会談の開催決定を伝えている。

業種別では、証券が高い。中国銀河証券(601881/SH)が6.4%上昇した。上海に新設されるハイテク・スタートアップ企業向け株式市場「科創板」の準備進展などが材料視されている。

ハイテク株も急伸。なかでも半導体関連が買われ、半導体回路(IC)設計の上海書爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)とファブレス半導体メーカー上海貝嶺(600171/SH)がそろってストップ高、指紋認証ICの深セン市匯頂科技(603160/SH)が6.0%高で引けた。このほか、保険株、医薬品株、運輸株、消費関連株、インフラ関連株、自動車株、不動産株、資源・素材株など幅広く物色されている。

外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が1.99ポイント(0.69%)高の289.71ポイント、深センB株指数が10.38ポイント(1.13%)高の933.45ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

1日前

塩野義薬 オピオイド誘発性便秘症治療薬Rizmoic(R)のFerrer社とのスペインにおける販売契約締結について

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (50.0%) (50.0%) (0.0%) 2019-06-19 15:15:00  塩野義製薬 オピオイド誘発性便秘症治療薬Rizm

1日前

岡野バル 業績予想の修正に関するお知らせ

上がる?下がる? プロはどう見ているか  (33.3%) (33.3%) (33.3%) 2019-06-19 15:00:00  岡野バルブ製造 業績予想の修正に関するお知らせ

2日前

3-4年ぶりに最高益を更新した銘柄は

4月下旬からスタートした3月決算企業の本決算発表も先月中旬に終了しましたが、日本経済新聞の集計によると前期は自動車や機械などの製造業の苦戦が目立ち純利益が小幅ながら3期ぶりの減益となってしまいました。しかし、こうしたなかでも健闘し前期に過去最高益を更新した銘柄もあります。

そこで昨日は2年ぶりに最高益を更新した銘柄を取り上げましたが、今回は営業利益が3-4年ぶりに最高益を更新した3月決算銘柄をピックアップしてみました。例えばクレハ(4023)やサトーホールディングス(6287)では4年ぶりに営業利益が最高益を更新したほか、沢井製薬(4555)やシスメックス(6869)、西武ホールディングス(9024)でも3年ぶりに最高益を更新しています。

前の記事へ »