Category : マネックス

7時間前

1月決算銘柄の配当利回りランキング

1月決算の企業は東証1部上場銘柄で28しかありません。しかし、それでも魅力的な配当利回りの銘柄を幾つかみつけることができます。そこで今回は権利付き最終売買日が27日に迫っていることもあり1月末決算銘柄のなかから配当利回りが2%以上のものをピックアップしてみました。 そしてそのなかには配当利回りが5%を超えるものもあり、菱洋エレクトロ(8068)と丹青社(9743)では5%台前半の配当利回りとなっています。また、積水ハウス(1928)とスバル興業(9632)でも3%台後半の配当利回りとなっている...

1日前

ホンダでは16社が目標株価を引き上げ

決算発表後に10社以上が目標株価を引き上げた3月決算銘柄は 昨年の10月下旬からスタートした3月決算銘柄の上期決算発表は11月中旬に終わりとなりましたが、それから2ヶ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも一通り進んだとみられます。そこで今回は11月に入って上期決算を発表したTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に決算発表後に10社以上が目標株価を引き上げたもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも目標株価の引き上げが多...

4日前

金融緩和縮小より危惧されるリスク

テーパータントラムの再来がない理由 バイデン新政権の船出を株式市場はトライフェスタの祝砲で迎えた。ダウ、S&P500、ナスダック総合の主要3指数はそろって史上最高値を更新した。日経平均も2万9000円台目前、世界的な株高となっているが、この背景には中央銀行による未曽有の金融緩和によって創り出された過剰流動性があるのは衆目の一致するところである。よって目下のところ絶好調と言える株式相場に変調が訪れるとすれば、それは現在の金融緩和が終わる時であろう。いや、実際の金融緩和の終了の前に、市場が...

4日前

日銀金融政策の今後: 次回3月、ETF購入枠の修正に注目

日本銀行が21日、金融政策決定会合を開催し、企業貸出支援の資金供給の1年延長と、コロナ以降に拡充した金融緩和策を全て維持することを決めた(図表1)。同時に発表された物価と経済成長見通しは、21年度分について前回10月時点から0.3ポイント引き上げられ、実質GDP成長率予想は3.9%と力強い数字とされた。物価についても、2%の目標からは相変わらず遠ものの、21年度については、0.5%に引き上げられた(図表2)。     ところが、展望レポートの内容をテキストマイニングで解析すると、見...

4日前

キーエンスでは9社が目標株価を引き上げ

決算発表後に5社以上が目標株価を引き上げた3月決算銘柄は 昨年の10月下旬からスタートした3月決算銘柄の上期決算発表は11月中旬に終わりとなりましたが、それから2ヶ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも一通り進んだとみられます。そこで今回は10月30日に上期決算を発表したTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に決算発表後に5社以上が目標株価を引き上げたもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも目標株価の引き上げが目立つ...

5日前

デンソーでは13社が目標株価を引き上げ

決算発表後に5社以上が目標株価を引き上げた3月決算銘柄は 昨年の10月下旬からスタートした3月決算銘柄の上期決算発表は11月中旬に終わりとなりましたが、それから2ヶ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも一通り進んだとみられます。そこで今回は10月29日に上期決算を発表したTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に決算発表後に5社以上が目標株価を引き上げたもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも目標株価の引き上げが目立つ...

6日前

ソニーでは16社が目標株価を引き上げ

決算発表後に5社以上が目標株価を引き上げた3月決算銘柄は 昨年の10月下旬からスタートした3月決算銘柄の上期決算発表は11月中旬に終わりとなりましたが、それから2ヶ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも一通り進んだとみられます。そこで今回は10月28日に上期決算を発表したTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に決算発表後に5社以上が目標株価を引き上げたもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも目標株価の引き上げが目立つ...

1週間前

レノバ他、脱炭素で注目。日本の再生可能エネルギー銘柄

日本株の再生可能エネルギー関連銘柄は 再生可能エネルギーへの関心が高まっています。菅首相が2050 年までに温室効果ガスの排出を全 【図表1】日本の再生可能エネルギーの比率出所:資源エネルギー庁「日本のエネルギー2019」よりマネックス証券作成 【図表2】主な再生可能エネルギー関連銘柄 ...

1週間前

安川電機が一転増益予想に

2月決算銘柄の第3四半期決算発表集計 昨年の12月下旬から小売り企業を中心とした2月決算銘柄の第3四半期決算発表がスタートしていますが、12月中に20社に近い企業が決算を発表したのに続いて、年明け以降も先々週末までに30社に近い企業が決算を発表しています。そして先週も70社に近い企業が決算を発表しました。そこで今回は先週の2月決算銘柄の第3四半期決算発表をまとめてみました。 そのなかでも決算発表を受けて株価が大きく上げたのが安川電機(6506)で、通期の営業利益の見通しを上方修正し減益予...

2週間前

3万円は通過点

決算発表、上方修正ラッシュが期待される 1週間前の金曜日(1月8日)、レポートを書かなかったら、「どうしてレポートを出さないのか」とお叱りを受けた。「特段伝えることもなかったので」と答えると「日経平均が2万8000円をつけたではないか!」とさらに怒られた。日経平均が2万8000円をつけたことの、どこにニュースバリューがあるのだろう。常々、言っている通り、株価は上がっていくものだから、この先も2万9000円になり、3万円になり、3万1000円になっていくだろう。そのたびにレポートを出していくのも...

2週間前

決算を受けてサイゼリヤが大幅高

8月決算銘柄の第1四半期決算発表集計 昨年の12月下旬から2月決算企業の第3四半期決算発表が始まりましたが、それと並行して行われていたのが8月決算銘柄の第1四半期決算発表です。そして昨日までに37社が決算を発表し8月決算銘柄の第1四半期決算発表も終了となりました。そこで今回は8月決算銘柄の第1四半期決算発表を集計してみました。 そのなかで決算発表を受けて株価が大きく上げたのがサイゼリヤ(7581)で、第1四半期の営業利益は大幅な減益となりましたが、前期の第3四半期と第4四半期の営業赤字か...

前の記事へ »