Category : 特集記事/コラム

2か月前

デフォルト増加が顕著に:別れる日米の株式市場への影響

デフォルト率がじわり増加。しかし欧米では株価との連動性に異変 新型コロナのパンデミック発生から半年余りが過ぎ、企業のデフォルトがじわじわと上昇している。8月の世界の平均デフォルト率は、前月の6.1%から6.4%に上昇し、過去10年の最悪を更新している(図表1)。 一方、企業デフォルトと株価との関係には、過去にはみられない動きが起きている。これまでは、倒産が少ない時には株価が高く、デフォルト率と株価の間には、自然な逆相関が見られた。ところが、コロナ後はこの逆相関が見られなくなってい...

2か月前

10月の魅力的な株主優待は 他の月にはない優待も

株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当や株主優待といった魅力もあります。10月は決算が集中する3月や9月に比べて優待を実施している企業数で大きく見劣りします。しかし、それでも魅力的な優待を10月決算銘柄や中間期末の4月決算銘柄のなかから幾つかみつけることができます。 10月の株主優待にはクオカードや自社製品、カタログギフトといった定番の優待もありますが、他の月ではあまりみかけない優待もあります。例えば旅行に利用できるHIS(9603)の優待券や日本ハウスホ...

2か月前

目標株価の引き上げがみられる12月決算銘柄は

7月下旬からスタートした12月決算銘柄の上期決算発表は8月中旬にほぼ終わりとなりましたが、それから1カ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも随分と進んだとみられます。そこで今回は8月11日以降に上期決算を発表したTOPIX500採用の12月決算銘柄を対象に決算発表後に目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも目標株価の引き上げが目立つのがトレンドマイクロ(4704)で、上期の営業利益が前年同期比で1割...

2か月前

12月決算企業で決算発表後に目標株価の引き上げがみられる銘柄は

7月下旬からスタートした12月決算銘柄の上期決算発表は8月中旬にほぼ終わりとなりましたが、それから1カ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも随分と進んだとみられます。そこで今回は8月3日から7日に上期決算を発表したTOPIX500採用の12月決算銘柄を対象に決算発表後に目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも目標株価の引き上げが目立つのがクボタ(6326)やネクソン(3659)、ヤマハ発動機(727...

2か月前

決算発表後に目標株価の引き上げがあった12月決算銘柄は

7月下旬からスタートした12月決算銘柄の上期決算発表は8月中旬にほぼ終わりとなりましたが、それから1カ月以上が経過したこともあってアナリストによる業績や目標株価の見直しも随分と進んだとみられます。そこで今回は7月中に上期決算を発表したTOPIX500採用の12月決算銘柄を対象に決算発表後に目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。 そのなかでも特に目標株価の引き上げが目立ったのがルネサスエレクトロニクス(6723)で、上期の営業損益が前期の赤字...

2か月前

今週の決算発表スケジュールは

上期の決算発表が8月中旬に終了した12月決算銘柄に続いて小売企業を中心とした2月決算銘柄でも今月14日のアークランドサカモト(9842)を皮切りにスタートしています。そしてその決算発表も今週から徐々に本格化します。そこで今回は今週の2月決算銘柄の上期決算発表のスケジュールをまとめてみました。 本日も早速あさひ(3333)やハイデイ日高(7611)、しまむら(8227)などが決算を発表する予定で、明日もDCMホールディングス(3050)やケーヨー(8168)、スギホールディングス(7649)など...

2か月前

規制緩和の推進期待を表す新興小型株

S&P500のイールドスプレッドは再び4%台になった。これで株価の割高感は払しょくできた。値幅の調整は完了した。あとは日柄調整だ。 出所:Bloombergデータよりマネックス証券作成 チャートはナスダック総合だが、75日線でなんとか踏みとどまっている。当面、25日線と75日線の間でもみ合う展開か。 ナスダック総合指数出所:Bloomberg 日本株は菅政権への期待、9月権利取りの動きなどで底堅い。日経平均は25日線に沿った動きが続くだろう。 日経平均出所:Bloomb...

2か月前

住宅市場は想定外に堅調。その背景と今後の株価への影響

想定以上に強い住宅関連指数 9/24に発表された8月の米新築一戸建て住宅販売は、マイナスを見込んでいた市場予想に反して4.8%増加し、約14年ぶりの高水準となった。前日に発表された住宅価格指数も予想を上回る伸びとなっている(図表1)。    ...

2か月前

最高益予想で配当利回りが高い銘柄は

株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当といった魅力もあります。そうしたなか9月は3月決算銘柄の中間期末ということもあって配当利回りの高い銘柄を数多くみつけることができます。そこで投資のヒントでは日本を代表する企業や中型株のなかから配当利回りが高いものを取り上げてきましたが、今回は最高益予想で配当利回りが高いものをリストアップしてみました。 具体的には営業利益の会社予想が最高益を更新する見込みとなっている3月決算銘柄のなかから配当利回りが2%以上のものをピッ...

2か月前

配当利回りが高い中型株は

株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当といった魅力もあります。そうしたなか9月は3月決算銘柄の中間期末ということもあって配当利回りの高い銘柄を数多くみつけることができます。そこで昨日は日本を代表する企業のなかから配当利回りが高い銘柄を取り上げてみましたが、今回は中型株のなかから配当利回りが高いものをリストアップしてみました。 具体的にはTOPIX Mid400採用の3月決算銘柄のなかから中間配当を実施予定で配当利回りが3.5%以上のものをピックアップしてい...

2か月前

日本を代表する企業で配当利回りが高い銘柄は

株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当といった魅力もあります。そうしたなか9月は3月決算銘柄の中間期末ということもあって配当利回りの高い銘柄を数多くみつけることができます。そこで今回は日本を代表する企業のなかから配当利回りが高い銘柄を取り上げてみました。 具体的には中間配当を実施予定のTOPIX100採用の3月決算銘柄のなかから配当利回りが3%以上のものをピックアップしてみました。そのなかには配当利回りが6%を超えるものもありソフトバンク(9434)では7...

前の記事へ »