Category : NY市場・クローズ

5時間前

16日のNY市場は下落



NYDOW;25792.86;-10.33
Nasdaq;7223.69;-37.38
CME225;23735;-215(大証比)



16日のNY市場は下落。ダウ平均は10.33ドル安の25792.86、ナスダックは37.38ポイント安の7223.69で取引を終了した。先週連日の過去最高値更新となった流れを受け、朝方は大きく上昇して始まった。ダウ平均は一時的に26000ドルを上回る場面もあったが、主要企業決算を見極めたいとの思惑や、暫定歳出法案の期限が19日に迫っており、政府機関閉鎖のリスクが意識され下落する展開となった。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で耐久消費財・アパレルやメディアが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比215円安の23735円。ADRの日本株はトヨタ、ファナック、ソフトバンクG、ホンダ、任天堂、ファーストリテ、コマツ、SUBARU、日鉄住金、日東電など、対東証比較(1ドル110.52円換算)で全般軟調。 <TM>

1日前

15日のNY市場はキング牧師の生誕日の祝日で休場



NYDOW;;
Nasdaq;;
CME225;;(大証比)


15日のNY市場はキング牧師の生誕日の祝日で休場。
<TM>

2日前

12日のNY市場は上昇



NYDOW;25803.19;+228.46
Nasdaq;7261.06;+49.28
CME225;23820;+180(大証比)



12日のNY市場は上昇。ダウ平均は228.46ドル高の25803.19、ナスダックは49.28ポイント高の7261.06で取引を終了した。大手行決算で税制改革による企業業績の押し上げ効果が再認識され、終日堅調推移となった。主要株価指数は連日の過去最高値更新。セクター別では、小売やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で不動産や公益事業が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比180円高の23820円。ADRの日本株はトヨタ、三菱UFJ、NTTドコモ、ファナック、ソフトバンクG、三井住友、任天堂、キヤノン、ファーストリテ、三菱商、花王、京セラなど、対東証比較(1ドル111.06円換算)で全般堅調。
<TM>

6日前

10日のNY市場は下落



NYDOW;25369.13;-16.67
Nasdaq;7153.57;-10.01
CME225;23615;-185(大証比)



10日のNY市場は下落。ダウ平均は16.67ドル安の25369.13、ナスダックは10.01ポイント安の7153.57で取引を終了した。中国政府が米国債の購入の減額や停止を検討しているとの報道を受け、長期金利上昇への警戒感から売りが先行。その後は10-12月決算発表シーズンを前に企業業績への期待感から下げ幅を縮小したものの、連日の株価上昇を受けて利益確定の動きも広がり、相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で自動車・自動車部品や不動産が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比185円安の23615円。ADRの日本株はトヨタ、三菱UFJ、ファナック、ホンダ、ソニー、任天堂、ファーストリテ、三菱電、花王、ANAなど、対東証比較(1ドル111.43円換算)で全般冴えない。 <TM>

1週間前

9日のNY市場は上昇



NYDOW;25385.80;+102.80
Nasdaq;7163.58;+6.19
CME225;23835;-25(大証比)



9日のNY市場は上昇。ダウ平均は102.80ドル高の25385.80、ナスダックは6.19ポイント高の7163.58で取引を終了した。欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。10-12月決算発表シーズンを前に、企業業績への期待感を背景に投資家のリスク選好姿勢が高まり、ダウ、ナスダック総合指数、S&P500指数は揃って最高値を更新した。一方で、主要経済指標の発表に乏しく、高値警戒感から上値も限られた。セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や不動産が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円安の23835円。ADRの日本株はソフトバンクG、ファナック、三井住友、ファーストリテ、任天堂がしっかり。半面、トヨタ、ホンダ、ソニー、伊藤忠が小安いなど、台頭量比較(1ドル112.66円換算)で高安まちまち。 <TM>

1週間前

8日のNY市場は上昇



NYDOW;25283.00;-12.87
Nasdaq;7157.39;+20.83
CME225;23945;+225(大証比)



8日のNY市場は上昇。ダウ平均は12.87ドル安の25283.00、ナスダックは20.83ポイント高の7157.39で取引を終了した。前週に主要株価が最高値を更新し、利益確定の売りが先行。しかし、米景気への楽観的な見方が根強いほか、今週から始まる10-12月期決算発表への期待が広がり、下げ幅を縮小する展開となった。ナスダック総合指数、S&P500指数が揃って最高値を更新した。セクター別では、公益事業や食品・生活必需品小売が上昇する一方でメディアや医薬品・バイオテクノロジーが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比225円高の23945円。ADRの日本株はトヨタ、NTTドコモ、ソフトバンクG、ファナック、ソニー、任天堂、キヤノン、ファーストリテ、京セラ、日東電、TDKなど、対東証比較(1ドル113.09円換算)で全般堅調。 <TM>

3週間前

28日のNY市場は上昇



NYDOW;24837.51;+63.21
Nasdaq;6950.16;+10.82
CME225;22790;+10(大証比)



28日のNY市場は上昇。ダウ平均は63.21ドル高の24837.51、ナスダックは10.82ポイント高の6950.16で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が前週比横ばいとなり、労働情勢の堅調さが示され買いが先行。閑散取引が続く中、原油高や長期金利の上昇を受けてエネルギーや金融関連銘柄への買いが相場の下支えとなった。セクター別では、不動産や自動車・自動車部品が上昇する一方で食品・飲料・タバコや運輸が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の22790円、ADRの日本株は任天堂、日鉄住金が小安い他は、トヨタ、ソフトバンクG、ホンダ、三井住友、ソニー、ファーストリテ、花王など対東証比較(1ドル112.87円換算)で全般小じっかり。
<TM>

1か月前

11日のNY市場は上昇



NYDOW;24386.03;+56.87
Nasdaq;6875.08;+35.00
CME225;22915;+25(大証比)



11日のNY市場は上昇。米国株式相場は上昇。ダウ平均は56.87ドル高の24386.03、ナスダックは35.00ポイント高の6875.08で取引を終了した。本日は主要経済指標の発表に乏しく、明日から開催されるFOMC結果を見極めたいとの思惑もあり、寄付き後からもみ合う展開となった。その後はアナリストの投資判断引き上げなどを受けてハイテク株に買いが広がり、上げ幅を拡大した。朝方発生したNYでのテロ事件は被害が軽微で、相場への影響は限られた。ダウとS&P500は最高値を更新した。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器やメディアが上昇する一方で自動車・自動車部品や銀行が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の22915円。ADRの日本株はNTTドコモ、ファナック、ソニー、任天堂が堅調。半面、トヨタ、ファーストリテ、ブリヂストン、SUBARUがさえないなど、対東証比較(1ドル113.54円換算)で高安まちまち。
<TM>

1か月前

8日のNY市場は上昇



NYDOW;24329.16;+117.68
Nasdaq;6840.08;+27.24
CME225;22845;+55(大証比)



8日のNY市場は上昇。ダウ平均は117.68ドル高の24329.16、ナスダックは27.24ポイント高の6840.08で取引を終了した。アジア・欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。11月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大幅に上振れ雇用情勢の堅調さが示されたほか、昨日に上下両院が22日までのつなぎ予算を可決したことで政府機関閉鎖への懸念が後退し、終日堅調推移となった。セクター別では、電気通信サービスや医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や食品・飲料・タバコが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高の22845円。ADRの日本株はルネサス、三菱商、日産自がさえない他は、トヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ソニー、任天堂、ファーストリテ、伊藤忠
、京セラ、住友商、日東電が堅調など、対東証比較(1ドル113.48円換算)で全般しっかり。

<TM>

1か月前

7日のNY市場は上昇



NYDOW;24211.48;+70.57
Nasdaq;6812.84;+36.47
CME225;22585;+95(大証比)



7日のNY市場は上昇。ダウ平均は70.57ドル高の24211.48、ナスダックは36.47ポイント高の6812.84で取引を終了した。ハイテク株の上昇や原油高を好感し、買いが先行。税制法案の行方や明日の雇用統計結果を見極めたいとの思惑もあり、上値は限られた。
明日は歳出法案(債務上限引き上げ)の採決も控えているが、否決された場合は政府機関の閉鎖に繋がる為、積極的な売買を控える動きもみられた。セクター別では、運輸や資本財が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円高の22585円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ソニー、三井住友、ファーストリテ、花王、コマツ、TDKなど、対東証比較(1ドル113.09円換算)で全般堅調。 <TM>

2か月前

17日のNY市場は下落



NYDOW;23358.24;-100.12
Nasdaq;6782.79;-10.50
CME225;22330;-120(大証比)



17日のNY市場は下落。ダウ平均は100.12ドル安の23358.24、ナスダックは10.50ポイント安の6782.79で取引を終了した。株価上昇を受けた利益確定の動きから売りが先行。
昨日に米議会下院で税制改革案が可決されたことで同法案を巡る先行き不透明感が後退したものの、上院は議席数の優位が小さく下院と法案内容に違いもあることから、改めて年内の税制改革実現に懐疑的な見方が広がり、軟調推移となった。セクター別では、耐久消費財・アパレルや電気通信サービスが上昇する一方で運輸や家庭用品・パーソナル用品が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の22330円。ADRの日本株はソフトバンクG9984>、ファナック、ホンダ、任天堂、デンソー、ファーストリテ、三菱電など、対東証比較(1ドル112.1円換算)で全般冴えない。



<TM>

前の記事へ »