Category : 海外ニュース

2週間前

8日の香港市場概況:ハンセン1.2%安で反落、創科実業4.4%下落

8日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比359.82ポイント(1.23%)安の29003.20ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が163.68ポイント(1.45%)安の11097.37ポイントとそろって反落した。ハンセン指数は約1カ月半ぶりの安値水準に落ち込んでいる。売買代金は1076億6600万香港ドルにやや拡大した(7日は969億800万香港ドル)。

米中貿易摩擦の激化を警戒。トランプ米政権が対中関税引き上げを表明するなか、「米国が関税を引き上げた場合、その1分後に中国は報復関税を実施する」とする中国側の関係筋情報として伝えられた。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は7日、いったん棚上げされていた2000億米ドル相当の中国製品向け輸入関税を10→25%に引き上げる措置に関し、10日の午前0時1分(日本時間で午後1時1分)に実施すると発表している。ワシントンで9日から始まる米中通商協議に関しても、交渉決裂の不安がくすぶる状況だ。

なお、取引時間中に公表された今年4月の中国貿易統計は、輸出が下振れる一方、輸入が上振れるなどまちまちの内容となっている。

ハンセン指数の構成銘柄では、電動工具メーカー大手の創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が4.4%安、国内銀行5位の交通銀行(3328/HK)が3.3%安、生命保険事業で中国最大手の中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が3.1%安、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が3.0%安と下げが目立った。創科実業と万洲国際は米国での売り上げが大きいだけに、米中関係の悪化が懸念されている。

業種別では、中国の金融が安い。上記した交通銀行と中国人寿保険のほか、新華人寿保険(1336/HK)が4.1%、中国人民財産保険(PICC:2328/HK)が3.8%、招商銀行(3968/HK)が2.1%、中国建設銀行(939/HK)が1.9%、海通証券(6837/HK)が2.8%、広発証券(1776/HK)が2.7%ずつ下落した。

自動車セクターもさえない。比亜迪(BYD:1211/HK)が3.0%安、北京汽車(1958/HK)が2.4%安、吉利汽車HD(175/HK)が1.9%安、東風汽車集団(489/HK)が1.7%安と値を下げた。

半面、材料の出た銘柄群の一角は物色される。食品・飲料メーカーの統一企業中国HD(220/HK)が12.6%高と急伸した。1~3月期業績の大幅増益が好感されている。そのほか、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が1.1%上昇した。同社は8日、課金可能な新ゲームの公開テストを開始すると発表。収益拡大の思惑が先行している。

一方、本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比1.12%安の2893.76ポイントで取引を終えた。金融株が下げを主導する。医薬品株、公益株、資源・素材株、運輸株、インフラ関連株、不動産株なども安い。半面、ハイテク株の一角は買われた。

【亜州IR】


<FA>

2週間前

8日の中国本土市場概況:上海総合1.1%安で反落、金融セクター下げ主導

8日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比32.63ポイント(1.12%)安の2893.76ポイントと反落した。今年2月22日以来の安値を切り下げている。上海A株指数も下落し、34.18ポイント(1.12%)安の3030.65ポイントで取引を終えた。

米中貿易摩擦の激化を警戒。トランプ米政権が対中関税引き上げを表明するなか、中国側からは「米国が関税を引き上げた場合、その1分後に中国は報復関税を実施する」と関係筋情報として伝わった。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は7日、いったん棚上げされていた2000億米ドル相当の中国製品向け輸入関税を10→25%に引き上げる措置に関し、10日の午前0時1分(日本時間で午後1時1分)に実施すると発表している。ワシントンで9日から始まる米中通商協議に関しても、交渉決裂の不安がくすぶる状況だ。

なお、取引時間中に公表された今年4月の中国貿易統計は、輸出が下振れる一方、輸入が上振れるなどまちまちの内容となっている。

金融株が下げを主導。中国銀行(601988/SH)が1.6%安、中国平安保険(601318/SH)が2.9%安、中信証券(600030/SH)が2.3%安で引けた。医薬品株、公益株、資源・素材株、運輸株、インフラ関連株、不動産株なども安い。

半面、ハイテク株の一角は物色される。業務ソフト大手の用友網絡科技(600588/SH)とフラッシュメモリ製造などの北京兆易創新科技(603986/SH)がそろって4.7%高、スーパーコンピュータ世界大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が2.4%高と値を上げた。

一方、外貨建てB株は値下がり。上海B株指数が3.36ポイント(1.13%)安の294.79ポイント、深センB株指数が1.33ポイント(0.14%)安の968.30ポイントで終了した。

【亜州IR】


<FA>

3週間前

6日のNY市場は下落



NYDOW;26438.48;-66.47
Nasdaq;8123.29;-40.71
CME225;22205;-45(大証比)



6日のNY市場は下落。ダウ平均は66.47ドル安の26438.48、ナスダックは40.71ポイント安の8123.29で取引を終了した。トランプ大統領がツイッターで中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げを10日から実施すると表明し、アジア・欧州株がほぼ全面安となり、米国株も大幅下落して寄りついた。しかし、関税引き上げがトランプ大統領による交渉テクニックであるとの見方も広がり、引けにかけて下げ幅を縮小する展開となった。セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや食品・生活必需品小売が上昇する一方で耐久消費財・アパレルやテクノロジー・ハード・機器が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の22205円。ADRの日本株はソフトバンクG、ソニー、任天堂が堅調な他は、トヨタ、ファナック、ファーストリテ、資生堂、コマツ、富士通、オムロン、TDK
など、対東証比較(1ドル110.66円換算)で全般軟調。
<FA>

3週間前

3日のNY市場は上昇



NYDOW;26504.95;+197.16
Nasdaq;8164.00;+127.22
CME225;22475;+225(大証比)



3日のNY市場は上昇。ダウ平均は197.16ドル高の26504.95、ナスダックは127.22ポイント高の8164.00で取引を終了した。4月雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比26.3万人増と予想を大きく上振れ、失業率は49年ぶりの低水準となり、買いが先行。平均時給が予想に届かなかったことで、インフレが抑制されているとの認識が強まった。ハイテク株を中心に買いが広がり、終日堅調推移となった。ナスダック総合指数は最高値を更新した。セクター別では全面高となり、特に小売や消費者・サービスの上昇が目立った。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比225円高の22475円。ソフトバンクG、ファナック、NTT、ソニー、三井住友、ホンダ、任天堂、東京海上HD、資生堂、エーザイなど、対東証比較(1ドル111.1円換算)で堅調。
<SK>

4週間前

26日のNY市場は上昇



NYDOW;26543.33;+81.25
Nasdaq;8146.40;+27.72
CME225;22335;+85(大証比)



26日のNY市場は上昇。ダウ平均は81.25ドル高の26543.33、ナスダックは27.72ポイント高の8146.40で取引を終了した。複数の主要企業決算が嫌気され、売りが先行。1-3月期GDP速報値が予想を上振れ、米景気減速への警戒感が和らぎ、引けにかけて上昇した。S&P500及びナスダック総合指数は最高値を更新した。セクター別では、自動車・自動車部品や家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置や食品・生活必需品小売が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比85円高の22335円。ソフトバンクG、エーザイ、資生堂、ソニー、任天堂、ホンダが堅調な一方で、トヨタ、TDK、ファーストリテ、ファナックはさえないなど、対東証比較(1ドル111.58円換算)で高安まちまち。
<SK>

4週間前

26日の香港市場概況:ハンセン0.2%高で6日ぶり反発、企業業績の改善が支え

26日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比55.21ポイント(0.19%)高の29605.01ポイントと6日ぶり、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が8.83ポイント(0.08%)高の11510.87ポイントと5日ぶりにそれぞれ反発した。売買代金は860億9600万香港ドルに縮小している(25日は975億1200万香港ドル)。
企業業績に対する期待感が相場を支える流れ。主要企業の四半期決算発表が終盤に入るなか、これまで報告された業績は堅調な内容が多くを占めている。約3週ぶりの安値水準を切り下げただけに、自律反発狙いの買いも入った。ただ、上値は限定的。本土株安が重しだ。海外マネーの流出懸念が強まったことで、上海総合指数は続落している。

業種別では、セメントなど建材がしっかり。中国建材(3323/HK)が3.5%高、華潤水泥HD(1313/HK)が1.8%高、安徽海螺水泥(安徽コンチセメント:914/HK)が1.7%高、北京金隅集団(BBMG:2009/HK)が1.1%高で引けた。北京金隅集団は26日、1~3月期業績の黒字転換を報告している。

このほか、業績が改善した銘柄群では、発電大手の華能国際電力(902/HK)が2.2%、証券ブローカー中国大手の海通証券(6837/HK)が1.2%、生命保険事業で中国最大手の中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が0.9%、白物家電大手の海信家電集団(921/HK)が0.6%ずつ上昇した。

半面、業績が低迷した銘柄では、鉄鋼大手の馬鞍山鋼鉄(323/HK)が6.3%安と急落。同社は四半期の9割減益に加え、中間期の大幅減益見通しを明らかにした。

一方、本土市場は続落。主要指標の上海総合指数は、前日比1.20%安の3086.40ポイントで取引を終えた。自動車関連株が安い。消費関連株、インフラ関連株、資源・素材株、不動産株、医薬品株、銀行株なども売られている。半面、ハイテク株は物色されてた。

【亜州IR】

<FA>

4週間前

25日の香港市場概況:ハンセン0.9%安で5日続落、吉利汽車4.9%下落

25日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比256.03ポイント(0.86%)安の29549.80ポイントと5日続落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が161.74ポイント(1.39%)安の11502.04ポイントと4日続落した。ハンセン指数は約3週ぶりの安値水準を切り下げている。売買代金は975億1200万香港ドルと低水準が続いた(24日は985億1700万香港ドル)。

上海総合指数のマイナス幅拡大を嫌気。預金準備率の引き下げをはじめとする金融緩和の期待感は、中国で一段と後退している。企業業績の好調を手掛かりに、ハンセン指数はプラス圏で推移する場面がみられたものの、引けにかけて売りの勢いが増した。

ハンセン指数の構成銘柄では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が4.9%安、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が3.8%安、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が3.5%安、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が2.9%安、中国インターネットサービス最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.6%安と下げが目立つ。時価総額上位の本土系金融株も軒並み売られた。

業種別では、自動車がさえない。上気した吉利汽車HDのほか、華晨中国汽車HD(1114/HK)が6.1%安、北京汽車(BAICモーター:1958/HK)が5.2%安、広州汽車集団(2238/HK)が4.3%安、長城汽車(2333/HK)が3.3%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が3.1%安、東風汽車集団(489/HK)が3.0%安とそろって続落した。

空運や海運の運輸セクターも売られる。中国南方航空(1055/HK)が3.5%安、中国東方航空(670/HK)が2.9%安、中国国際航空(753/HK)が2.7%安、中遠海運能源運輸(1138/HK)と中遠海運HD(1919/HK)がそろって4.5%安で引けた。

5G関連銘柄も急落。通信設備の京信通信系統HD(2342/HK)が5.4%安、中興通訊(ZTE:763/HK)が4.1%安、通信インフラ工事の中国通信服務(552/HK)が3.7%安、基地局運営の中国鉄塔(788/HK)が5.7%安と値を下げた。

本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比2.43%安の3123.83ポイントで取引を終えた。素材株が安い。自動車株、消費関連株、インフラ関連株、ハイテク株、不動産株なども売られた。医薬品株や証券株も引けにかけて値を下げている。

【亜州IR】


<FA>

1か月前

24日の香港市場概況:ハンセン0.5%安で4日続落、本土系金融株が下げ主導

24日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比157.41ポイント(0.53%)安の29805.83ポイントと4日続落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が67.24ポイント(0.57%)安の11663.78ポイントと3日続落した。ハンセン指数は約3週ぶりの安値水準に低迷している。売買代金は985億1700万香港ドルにやや縮小した(23日は1071億7800万香港ドル)。

金融緩和の期待感が後退するなか、投資家のセンチメントも弱気に傾いている。中国人民銀行は23日夜、預金準備率の引き下げ観測を否定した。また、人民銀が朝方、新しい金融政策ツール「ターゲット中期貸出ファシリティ」(対象を絞った中期貸出制度:TMLF)で市場に資金を供給したことを受けて、大規模な緩和策は遠のいたとする見方が広がっている。昨夜の米株高などを追い風に買いが先行したものの、上値は重く、徐々に売りが優勢となった。

本土系金融株が下げを主導する。新華人寿保険(1336/HK)が1.6%安、中国人民保険集団(人保集団:1339/HK)が1.2%安、中国平安保険(2318/HK)が1.1%安、中国工商銀行(1398/HK)と中国銀行(3988/HK)がそろって0.8%安で引けた。

自動車セクターも安い。吉利汽車HD(175/HK)が5.4%、長城汽車(2333/HK)が2.9%、北京汽車(1958/HK)が2.3%、華晨中国汽車HD(1114/HK)が2.2%、東風汽車集団(489/HK)が2.1%、広州汽車集団(2238/HK)が2.0%、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.8%ずつ下落した。民間自動車メーカーの吉利汽車に関しては、楊健・副主席兼執行董事が保有株の半分近くを売却したことなどが嫌気されている(持ち株比率は0.16→0.07%に低下)。

他の個別株動向では、携帯通信キャリア中国最大手の中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が1.1%安と続落し、約3カ月半ぶりの安値水準に落ち込んだ。1~3月期決算の8%減益が嫌気されている。

半面、1~3月期のテレビ販売が自社予想を上回ったTCL電子HD(TCLエレクトロニクス・ホールディングス:1070/HK)は4.8%高、足元の売電量が堅調に伸びた華電国際電力(1071/HK)は2.0%高とそろって反発した。

一方、本土市場は3日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.09%高の3201.61ポイントで取引を終えた。ハイテク株が高い。新エネルギー自動車(NEV)関連の銘柄群も急伸した。23日に急落したインフラ関連株に買い戻しが入り、銀行・証券株、環境保護関連株も物色された。半面、前日に逆行高した上海拠点の物流・不動産株はさえない。保険株、運輸株、消費関連株の一角も売られた。

【亜州IR】


<FA>

1か月前

24日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高で3日ぶり反発、NEV関連セクター急伸

中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.02ポイント(0.09%)高の3201.61ポイントと3日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、3.13ポイント(0.09%)高の3353.35ポイントで取引を終えている。

企業業績に対する期待感が強まる流れ。財政部が23日公表した最新データで、国有企業の売上高と利益の伸びが1~3月に加速した実態が分かった。金融緩和の期待が後退したことを嫌気し指数は安く推移していたものの、引けにかけて買いの勢いが増している。

業種別では、ハイテク関連の上げが目立つ。スーパーコンピュータ大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が6.6%高、LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)が6.2%高、業務ソフト大手の用友網絡科技(600588/SH)が5.8%高、フラッシュメモリ製造などの北京兆易創新科技(603986/SH)が4.7%高で引けた。中科曙光に関しては、第1四半期の大幅な増収増益が好感されている。このほか、23日に急落したインフラ関連株に買い戻しが入り、銀行・証券株、環境保護関連株も物色された。

新エネルギー自動車(NEV)関連の銘柄群も急伸。車載電池メーカーの湖南科力遠新能源(科力遠:600478/SH)と完成車メーカーの亜星客車(600213/SH)、子会社が新エネバスを製造する金竜汽車(600686/SH)などがそろってストップ高した。工業情報化部の黄利斌・報道官(兼運行監測協調局)は23日の会見で、燃料電池自動車(FCV)と電気自動車(EV)を同時に普及させる方針を発表した。NEV重要技術の開発を強化するという。

半面、前日に逆行高した上海拠点の物流・不動産株はさえない。保険株、運輸株、消費関連株の一角も売られた。

一方、外貨建てB株の相場は値上がり。上海B株指数が1.60ポイント(0.51%)高の316.28ポイント、深センB株指数が4.01ポイント(0.39%)高の1044.63ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

1か月前

18日のNY市場は上昇



NYDOW;26559.54;+110.00ド
Nasdaq;7998.06;+1.98
CME225;22250;+140(大証比)



18日のNY市場は上昇。ダウ平均は110.00ドル高の26559.54、ナスダックは1.98ポイント高の
7998.06で取引を終了した。3月小売売上高が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少し、S&P500やダウは買いが先行。ナスダック総合指数は小動き。その後は、原油安により下落に転じる場面も見られたが、主要企業決算が好感され堅調推移となった。セクター別では、資本財やヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で医薬品・バイオテクノロジーやエネルギーが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の22250円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、NTT、ソニー、ファーストリテ、任天堂、HOYA、エーザイ、TDK、オムロンなど、対東証比較(1ドル111.97円換算)で全般堅調。
<FA>

1か月前

18日の香港市場概況:ハンセン0.5%安で続落、中国車セクターに利食い売り

18日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比161.42ポイント(0.54%)安の29963.26ポイントと続落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が80.35ポイント(0.68%)安の11768.63ポイントと3日ぶりに反落した。売買代金は912億3700万香港ドルに縮小している(17日は1042億7000万香港ドル)。

内外株安を嫌気。医薬品セクターを中心に、昨夜の米株が下げた流れを継いだ。この日の本土株安も逆風となっている。また、香港市場はあす19日からイースター連休(22日まで)に入ることも、買い手控え要因として意識された。もっとも、下値を叩く動きはみられない。昨日公表された経済指標の堅調、中国の景気対策に対する期待感が相場を下支えしている。

ハンセン指数の構成銘柄では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が3.7%安、全国展開型デベロッパーの中国海外発展(688/HK)が2.5%安、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が2.1%安と下げが目立った。

業種別では、自動車が安い。上記した吉利汽車のほか、比亜迪(BYD:1211/HK)が3.9%、広州汽車集団(2238/HK)が3.7%、長城汽車(2333/HK)が2.0%ずつ下落する。前日の相場では、新エネルギー車の購入支援策が近く発表される——との観測が流れるなか軒並み急騰していた。

本土系不動産セクターもさえない。上述した中国海外発展のほか、保利置業集団(119/HK)が2.8%安、雅居楽集団HD(3383/HK)が2.5%安、広州富力地産(2777/HK)が1.4%安、華潤置地(1109/HK)と万科企業(2202/HK)がそろって1.2%安と値を下げた。

半面、家電セクターはしっかり。海爾電器集団(ハイアール電器:1169/HK)が1.1%高、創維数碼HD(スカイワース・デジタル:751/HK)が1.9%高、TCL電子HD(1070/HK)が0.9%高で引けた。家電品などの消費刺激に向け、中国政府が新たな政策の導入検討に入った——と伝わったことを好感している。

他の個別株動向では、携帯端末OEMメーカー大手の富智康集団(FIHモバイル:2038/HK)が6.4%高と大幅続伸(前日は28.2%高)。親会社、台湾・鴻海精密工業(ホンハイ:2317/TW)の郭台銘会長は17日、2020年1月に実施される台湾の次期総統選に出馬すると正式表明した。そのほか、通信基地局運営の中国鉄塔(チャイナ・タワー:788/HK)は4.8%高と反発。7営業日ぶりに上場来高値を更新した。同社は昨日引け後、1~3月期の利益が3.4倍に膨らんだと報告している。

一方、本土市場は3日ぶりに反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.40%安の3250.20ポイントで取引を終えた。不動産株が安い。医薬品株、銀行・証券株、資源・素材株、自動車株なども売られた。半面、消費関連株は物色される。発電株、ハイテク株の一角もしっかり。

【亜州IR】


<FA>

前の記事へ »