Category : 海外ニュース

3週間前

20日の中国本土市場概況:上海総合0.8%安で3日ぶり反落、金融セクター下げ主導

20日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比22.94ポイント(0.78%)安の2911.05ポイントと3日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、24.06ポイント(0.78%)安の3049.94ポイントで取引を終えている。

米中対立の激化が警戒される流れ。米上院では日本時間20日朝方、香港の自治を守る「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決し、香港デモ支援の姿勢を鮮明化した。法案はすでに下院が可決済み。正式な成立には、トランプ米大統領の署名が必要となる。中国外交部はその後、法案が成立すれば報復措置をとる可能性を改めて示唆した。

一方、中国人民銀行(中央銀行)は朝方、実質的な政策金利の指標金利「ローンプライムレート(LPR)」(毎月1回公表)について、1年物と5年物の金利を引き下げると発表している。ただ、引き下げは事前に想定されていただけに、好感する買いは限定された。

金融株が下げを主導する。招商銀行(600036/SH)が2.5%安、中国人民保険集団(601319/SH)が3.2%安で引けた。ハイテク関連株も安い。フラッシュメモリなどの北京兆易創新科技(603986/SH)が4.8%、IC設計の上海書爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が3.0%ずつ値を下げた。運輸株、素材株、自動車株、不動産株の一角なども売られている。

半面、医薬品株は高い。華北製薬(600812/SH)が6.3%上昇した。同社に関しては、同業他社とコンソーシアムを組み、品薄薬品の共同生産に乗り出すことが手がかりになっている。このほか金、非鉄など素材株、エネルギー株や農業関連株の一角も買われた。

一方、外貨建てB株は値下がり。上海B株指数が0.695ポイント(0.37%)安の255.95ポイント、深センB株指数が2.73ポイント(0.30%)安の909.35ポイントで終了した。


【亜州IR】

<NH>

3週間前

概況からBRICsを知ろう ブラジル市場は続落、通貨レアル安の進行に伴う利下げ期待の後退

【ブラジル】ボベスパ指数 105864.2 -0.38%
19日のブラジル市場は続落。主要指標のボベスパ指数は前日比405.1ポイント安(-0.38%)の105864.2で取引を終えた。106949.8から105366.7まで下落した。

買いが先行した後は売りに押され、引けまで安値圏で推移した。通貨レアル安の進行に伴う利下げ期待の後退が圧迫材料。また、原油価格の下落も資源セクターの売り手掛かりとなった。このほか、成長予想の下方修正が引き続き嫌気された。一方、内需関連の上昇が指数をサポートした。

【ロシア】MICEX指数 2941.69 +0.59%
19日のロシア株式市場は反発。主要指標のMOEX指数は前日比17.21ポイント高(+0.59%)の2941.69で取引を終了した。2923.10から2942.49まで上昇した。

中盤は高値を追う展開を示したが、その後は上げ幅をやや縮小させた。堅調な企業決算が好感された。また、取引時間中に米株式市場の上昇も支援材料となった。一方、指数の上値は重い。原油価格の下落が圧迫材料となったほか、MOEX指数が引き続き過去最高値水準で推移しており、利益確定売り圧力が強い。

【インド】SENSEX指数 40469.70 +0.46%
19日のインドSENSEX指数は小反発。前日比185.51ポイント高(+0.46%)の40469.70、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同55.60ポイント高(+0.47%)の11940.10で取引を終えた。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅を拡大させた。政府が税制優遇や民間投資などに注力するとの報道が好感された。また、追加の景気対策への期待も指数をサポートした。

【中国本土】上海総合指数 2933.99 +0.85%
19日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比24.79ポイント高(+0.85%)の2933.99ポイントと続伸した。

金融緩和の期待感が強まる流れ。中国人民銀行(中央銀行)が18日に実施したリバースレポ取引では、4年以上ぶりに金利が引き下げられた。人民銀はあす20日、実質的な政策金利の最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」を発表する。LPR金利も2カ月ぶりに引き下げられるとの思惑が広がった。

<CS>

3週間前

19日のNY市場はまちまち



NYDOW;27934.02;-102.20
Nasdaq;8570.66;+20.72
CME225;23245;-45(大証比)



19日のNY市場はまちまち。ダウ平均は102.20ドル安の27934.02、ナスダックは20.72ポイント高の8570.66で取引を終了した。朝方は買いが先行したものの、複数の主要小売決算が嫌気され、S&P500及びダウは下落に転じた。ナスダック総合指数は堅調推移となったが、米中通商協議の進展に懐疑的な見方もあり、上値の重い展開となった。セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやソフトウェア・サービスが上昇する一方で電気通信サービスやエネルギーが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の23245円。ADRの日本株はデンソー、TDK、任天堂がしっかりな他は、ソフトバンクG、ソニー、ファーストリテ、HOYA、AGC、シャープなど、対東証比較(1ドル108.54円換算)で全般小安い。
<FA>

3週間前

19日の香港市場概況:ハンセン1.6%高で3日続伸、瑞声科技6.1%上昇

19日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比412.71ポイント(1.55%)高の27093.80ポイントと3日続伸し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)も140.00ポイント(1.33%)高の10696.56ポイントと続伸した。売買代金は799億600万香港ドルにやや拡大している(18日は704億5000万香港ドル)。

中国の金融緩和期待が強まる流れ。中国人民銀行(中央銀行)が18日に実施したリバースレポ取引では、4年以上ぶりに金利が引き下げられた。人民銀はあす20日、実質的な政策金利の最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」を発表する。LPR金利も再び引き下げられるとの思惑が広がった。

香港情勢を巡る警戒感もやや後退。警官隊と反政府派が対峙している香港理工大学では、学校長らの説得により、立てこもった学生のうち300人以上(うち200人あまりが18歳未満)が19日朝方までに外に出たもようだ(メディア報道によれば、その後も投降は続いている)。また、15~19日まで休校だった小中高は、あす20日に再開される。繁華街での衝突は続いているものの、政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が「平和的な解決を望む」と発言するなど、最悪期は脱したとの見方も広がった。もっとも、抗議行動は完全に収束したわけではなく、不透明感は依然としてくすぶっている。

ハンセン指数の構成銘柄では、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が6.1%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が5.1%高、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が4.9%高、米菓・飲料メーカーの中国旺旺HD(151/HK)が4.5%高と上げが目立った。米アップルが主要取引先の瑞声科技については、アップル「iPhone11」の中国販売好調が支援材料。舜宇光学科技も一部部品をアップルに供給している。中国旺旺に関しては、昼に公表した中間決算の増益が好感された。時価総額上位の金融株や香港系の不動産株も買われている。

業種別では、香港の小売関連がしっかり。香港SOGO運営会社の利福国際集団(1212/HK)が4.1%高、化粧品販売店をチェーンの莎莎国際HD(ササ・インターナショナル・ホールディングス:178/HK)が3.8%高、アパレルグループのI.T(999/HK)が2.0%高で引けた。

中国不動産セクターも高い。雅居楽集団(3383/HK)が3.3%、融創中国HD(1918/HK)が2.6%、華潤置地(1109/HK)と広州富力地産(2777/HK)がそろって2.5%、万科企業(2202/HK)が2.1%ずつ値を上げた。

5Gネットワークや半導体関連の銘柄群も物色される。長飛光繊光纜(6869/HK)が4.7%高、中国通信服務(552/HK)が2.1%高、中国鉄塔(788/HK)と中興通訊(ZTE:763/HK)がそろって1.8%高、京信通信系統HD(2342/HK)が1.6%高、華虹半導体(1347/HK)が3.9%高、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が1.6%高と上昇した。工業情報化部の直属機関、中国信息通信研究院は18日、10月の5G端末出荷台数が前月比で5倍に急増したと報告している。

本土市場は続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.85%高の2933.99ポイントで取引を終えた。ITハイテク関連株が高い。不動産株、素材株、医薬品株、消費関連株、発電株、銀行・証券株なども買われた。

【亜州IR】


<FA>

3週間前

19日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で続伸、金融緩和に期待感

19日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比24.79ポイント(0.85%)高の2933.99ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、25.98ポイント(0.85%)高の3074.00ポイントで取引を終えている。

金融緩和の期待感が強まる流れ。中国人民銀行(中央銀行)が18日に実施したリバースレポ取引では、4年以上ぶりに金利が引き下げられた。人民銀はあす20日、実質的な政策金利の最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」を発表する。LPR金利も2カ月ぶりに引き下げられるとの思惑が広がった。

業種別では、不動産がしっかり。保利地産(600048/SH)が2.6%高、金地集団(600383/SH)が1.9%高で引けた。素材株も高い。なかでもセメント関連の上げが目立つ。華新水泥(600801/SH)が3.9%上昇した。中国のセメント相場は、足もとで急騰しているという。医薬品株、消費関連株、発電株、銀行・証券株なども買われた。

ITハイテク関連株も上げが目立つ。スマホ用アプリ開発(電子書籍リーダー)の掌閲科技(603533/SH)が6.9%高、フラッシュメモリなどの北京兆易創新科技(603986/SH)が3.7%高、通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)が3.5%高、多層プリント回路基板の依頓電子(603328/SH)が2.9%高と値を上げている。工業情報化部の直属機関、中国信息通信研究院は18日、第5世代(5G)サービス対応端末の出荷台数が10月に前月比5倍までに急増したと報告した。ハイテク各社の追い風になると期待されている。ハイテクなどベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は2.8%高と続伸し、他の主要指数をアウトパフォームした。

外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が2.04ポイント(0.80%)高の256.90ポイント、深センB株指数が7.06ポイント(0.78%)高の912.08ポイントで終了した。

【亜州IR】


<FA>

3週間前

概況からBRICsを知ろう 上海総合指数は値上がり、中国人民銀行の資金供給がプラス

【ブラジル】ボベスパ指数 106269.3 -0.27%
18日のブラジル市場は小反落。主要指標のボベスパ指数は前日比287.6ポイント安(-0.27%)の106269.3で取引を終えた。107519.2から106246.1まで下落した。

買いが先行した後は上げ幅をじりじりと縮小させた。原油価格の下落が資源セクターの圧迫材料。また、成長予想の下方修正もブラジル株の売り圧力を高めた。ブラジル中央銀行がエコノミスト約100人を対象に実施した最新調査では、2019年の成長予想が前回の0.91%から0.88%に下方修正された。一方、内需関連の上昇が指数をサポートした。

【ロシア】MICEX指数 2934.82 -0.35%
18日のロシア株式市場は反落。主要指標のMOEX指数は前日比10.34ポイント安(-0.35%)の2924.48で取引を終了した。2956.59から2914.25まで下落した。

買いが先行した後は下げ幅をじりじりと拡大させた。ブレント原油価格の下落が資源セクターの圧迫材料。また、主要な欧州市場の下落もロシア株の売り圧力を高めた。このほか、英国が欧州連合(EU)離脱後はロシアへの経済制裁を強化するとの見通しが嫌気された。一方、通信関連の一角の上昇が指数をサポートした。

【インド】SENSEX指数 40284.19 -0.18%
18日のインドSENSEX指数は3日ぶりに反落。前日比72.50ポイント安(-0.18%)の40284.19、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同10.95ポイント安(-0.09%)の11884.50で取引を終えた。

前日の終値近辺でもみ合った後は売りに押された。企業業績の悪化が圧迫材料。統計によると、7-9月期の上場企業の純利益は15年ぶりの低水準を記録したという。また、成長鈍化観測も警戒材料。7-9月期の国内総生産(GDP)成長率が4.9%まで鈍化するとの見方は出ている。外部環境では、米中通商協議の先行きを見極めたいとのムードが高まっていることが積極的な買いを手控えさせた。

【中国本土】上海総合指数 2909.20 +0.62%
週明け18日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比17.86ポイント高(+0.62%)の2909.20ポイントと反発した。

中国人民銀行(中央銀行)の資金供給がプラス。人民銀は朝方、7日物リバースレポを通じ市中に1800億人民元の資金を供給した。レポ取引は10月25日以来、約3週ぶり。金利も従来の2.55%から2.50%に引き下げている。また、人民銀は16日、第3四半期の金融政策報告を公表し、穏健な金融政策を維持する方針を改めて打ち出した。引き続き改革を通じ、実質金利を大幅に引き下げる意向も示している。

<NH>

3週間前

18日のNY市場は上昇



NYDOW;28036.22;+31.33
Nasdaq;8549.94;+9.11
CME225;23395;-5(大証比)



18日のNY市場は上昇。ダウ平均は31.33ドル高の28036.22、ナスダックは9.11ポイント高の8549.94で取引を終了した。米中交渉を巡る報道で売り買いが交錯し、寄り付き後はもみ合う展開となった。午後にかけて上昇に転じたものの、上値は限られた。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や耐久消費財・アパレルが上昇する一方でエネルギーや自動車・自動車部品が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の23395円。ADRの日本株はエーザイ、オムロン、ANAがしっかりな他は、トヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ソニー、ファーストリテ、任天堂、HOYA、TDKなど、対東証比較(1ドル108.67円換算)で全般冴えない。

<FA>

3週間前

18日の香港市場概況:ハンセン1.4%高で続伸、吉利汽車4.5%上昇

週明け18日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比354.43ポイント(1.35%)高の26681.09ポイントと続伸し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が131.76ポイント(1.26%)高の10556.56ポイントと4日ぶりに反発した。売買代金は704億5000万香港ドルにやや拡大している(15日は620億1600万香港ドル)。

米中通商協議の進展が追い風。中国メディアは17日、「中国の劉鶴副首相が16日、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やムニューシン米財務長官と電話会談した」と報じた。これより先、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が米中協議について、「第1段階の合意取りまとめは近い」と発言している。

中国人民銀行(中央銀行)の資金供給もプラス。人民銀は朝方、7日物リバースレポを通じ市中に1800億人民元の資金を供給した。レポ取引は10月25日以来、約3週ぶりとなり、さらに、金利を従来の2.55%から2.50%に引き下げている。

香港情勢の警戒感などで朝方は上値の重さが目立っていたものの、徐々に買いの勢いを増した。「香港警察は18日早朝、学生らの抗議拠点、香港理工大学に突入した」などと報じられている。警察は「火炎瓶などの使用が続けば、実弾を使用する」と警告した。香港教育局はあす19日も幼稚園から小中高まで全ての学校を休校すると発表している。

ハンセン指数の構成銘柄では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が4.5%高、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が4.0%高、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が3.1%高と上げが目立った。

業種別では、中国の自動車が高い。上記した吉利汽車のほか、東風汽車集団(489/HK)が3.4%、広州汽車集団(2238/HK)が3.1%、華晨中国汽車HD(1114/HK)が2.3%ずつ上昇した。

中国金融セクターもしっかり。中国工商銀行(1398/HK)が2.0%高、中国建設銀行(939/HK)が1.6%高、中国人寿保険(2628/HK)が1.5%高、中国太平保険HD(966/HK)が1.4%高、中信証券(6030/HK)が2.1%高で引けた。

中国不動産セクターも買われる。広州富力地産(2777/HK)が3.9%高、中国金茂HD(817/HK)と中国恒大集団(3333/HK)がそろって2.9%高、中国海外発展(688/HK)が2.0%高と値を上げた。

一方、本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.62%高の2909.20ポイントで取引を終えた。金融株が高い。資源・素材株、不動産株、海運株、インフラ関連株、医薬品株なども買われた。

【亜州IR】


<FA>

3週間前

この記事は削除されました。

この記事は削除されました。 <FA>

3週間前

18日の中国本土市場概況:上海総合0.6%高で反発、人民銀の資金供給を好感

週明け18日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比17.86ポイント(0.62%)高の2909.20ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、18.76ポイント(0.62%)高の3048.03ポイントで取引を終えている。

中国人民銀行(中央銀行)の資金供給がプラス。人民銀は朝方、7日物リバースレポを通じ市中に1800億人民元の資金を供給した。レポ取引は10月25日以来、約3週ぶり。金利も従来の2.55%から2.50%に引き下げている。また、人民銀は16日、第3四半期の金融政策報告を公表し、穏健な金融政策を維持する方針を改めて打ち出した。引き続き改革を通じ、実質金利を大幅に引き下げる意向も示している。

米中通商協議の進展もプラス。中国商務部は17日、「米中両国が16日午前、閣僚級の電話協議を行った」と発表した。「『第1段階の協定』に関するそれぞれの中核的な懸念について、建設的に議論した」と説明している。

業種別では、金融の上げが目立つ。招商銀行(600036/SH)が1.8%高、中国人寿保険(601628/SH)が2.8%高で引けた。資源・素材株、不動産株、海運株、インフラ関連株、医薬品株なども買われている。

一方、外貨建てB株はまちまち。上海B株指数が0.36ポイント(0.14%)安の254.86ポイント、深センB株指数が3.63ポイント(0.40%)高の905.02ポイントで終了した。

【亜州IR】


<FA>

3週間前

概況からBRICsを知ろう インドSENSEX指数は続伸、外資の流入加速が支援材料

【ブラジル】ボベスパ指数 106556.90 +0.47%
15日のブラジル市場は3日ぶりに反発。主要指標のボベスパ指数は前日比496.9ポイント高(+0.47%)の106556.9で取引を終えた。105820.4から106757.6まで上昇した。

おおむねプラス圏で推移し、終盤に上げ幅をやや拡大させた。米政権高官が米中交渉の進展を示唆したことが指数をサポート。また、原油価格の上昇も資源セクターの物色手掛かりとなった。一方、指数の上値は重い。ボベスパ指数が過去最高値水準で推移しており、利益確定売り圧力が強い。

【ロシア】MICEX指数 2934.82 +0.42%
15日のロシア株式市場は6日ぶりに反発。主要指標のMOEX指数は前日比12.37ポイント高(+0.42%)の2934.82で取引を終了した。2914.05から2938.15まで上昇した。

中盤はマイナス圏に転落する場面もあったが、終盤は再び買い戻された。原油価格の上昇が資源セクターの支援材料。また、米中通商協議の前進期待なども指数をサポートした。一方、指数の上値は重い。米国などによる追加の経済制裁への懸念が高まっていることが指数の上値を押さえた。

【インド】SENSEX指数 40356.69 +0.17%
15日のインドSENSEX指数は続伸。前日比70.21ポイント高(+0.17%)の40356.69、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同23.35ポイント高(+0.20%)の11895.45で取引を終えた。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅を縮小させた。外資の流入加速が支援材料。統計によると、11月前半は金融市場への外資純流入額は1920億ルピー(約2918億円)に上ったという。また、政府が貸し出し促進策を検討しているとの報道も引き続き銀行や不動産株の物色手掛かりとなった。

【中国本土】上海総合指数 2891.34 -0.64%
15日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比18.53ポイント安(-0.64%)の2891.34ポイントと反落した。

利下げ期待が後退する。中国人民銀行(中央銀行)が予想外の資金供給を実施したものの、金利が据え置かれたことを嫌気した。米中貿易協議の交渉難航も重し。「第1段階」の合意を巡って、12月の追加関税発動まで間に合わないとの見方が出ている。

<CS>

前の記事へ »