Category : FISCO

2日前

JASDAQ平均は3日ぶりに反発、AppGuardを材料にハイパーが後場に急騰



JASDAQ平均   4169.64 +39.83/出来高1億3852万株/売買代金1029億円
J-Stock Index 3896.80  +7.37

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、J-Stock Indexはともに3日ぶりに反発、JASDAQ-TOP20も反発した。値上がり銘柄数は355(スタンダード338、グロース17)、値下がり銘柄数は316(スタンダード293、グロース23)、変わらずは46(スタンダード45、グロース1)。18日の米国市場はNYダウなど主要3指数が下落、為替も円高傾向にあったものの、このところの相場下落の反動もありJASDAQ市場では買い戻しの動きが広がった。また、好決算や材料のある中小型株には引き続き個人を中心とした短期マネーが流入した。
 個別では、任天堂の新商品「ニンテンドーラボ」を手がかり材料に、段ボールシートなどを手がける大村紙業が前日に続き物色を集め、前日比300円(27.27%)高のストップ高まで買われた。また、AppGuard Marketing社と提携、サイバーセキュリティー製品「AppGuard(アップガード)」の提供を開始すると発表したハイパーも前日比300円(29.94%)高の1302円と後場に急騰した。また、今年11月に上場10周年を迎えるアサカ理研は記念配当など株主還元策への期待から16.89%高と大幅に続伸。このほか、1対3の株式分割を発表した幸和製作所、ラクオリア薬や免疫生物
などのバイオ関連株も引き続き物色された。
 一方、下落率トップは6.89%安のポエック。9-11月期の連結経常損益が2200万の赤字となったことが蒸し返されたとの指摘も。また、年初から10%以上上昇していた夢の街創造委で利食い売りが続き6.68%安で下落率は2位となったほか、18年11月期の通期業績が営業利益で同6.0%減と前期の1.2%減から拡大することが嫌気された協和コンサルは3.69%安となった。このほか、ABホテルやRISE、白鳩が下落率上位だった。
 JASDAQ-TOP20では、メイコーやフェローテクなどには買いが先行した半面、ザインなどが下落した。




・値上がり率上位10傑
 |コード|銘柄          |  現値| 前日比|   前比率|
1| 3054|ハイパー       |  1302|   300|  

2日前

津田駒、三菱ケミHD、ドンキHDなど

 津田駒 289 +50大幅反発で上昇率トップ。11月期決算を発表、営業利益は6.2億円で前期比14%減益、先に下方修正した水準での着地となった。一方、今期は10億円で同61%増益の見通しとしており、一部季刊誌予想の8億円なども大きく上回る水準となっている。前11月期の受注高は前期比18%の増加と大きく拡大しており、計画達成確度は比較的高いとの見方にもなっているもよう。つれて、復配の可能性などにも期待が高まる。

 モバファク 1358 +214日ぶり反発。年内にもブロックチェーン技術を活用したゲームを開発すると報じられており、期待材料視された。プレーヤー同志が仮想通貨を使って、キャラクターやアイテムを売買できるゲームにするもよう。仮想通貨の取り扱い人口が増加するなか、注目度が高まりやすくなっている。なお、本日12月期の決算発表を予定しており、決算期待なども先行しているものとみられる。

 三菱ケミHD 1208.5 -34.5大幅に3日続落。メリルリンチ日本証券は投資判断を「買い」から「アンダーパフォーム」に2段階格下げ、目標株価も1320円から1080円に引き下げた。新規増設の集中によるMMAモノマーの市況ピークアウト、原料高による採算圧迫への懸念から来期以降の業績予想を下方修正しているもよう。また、同様に石化市況のピークアウト懸念から、三井化学
の投資判断も2段階格下げしているようだ。

 いちご 460 +323日ぶり大幅反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「バイ」を継続し、目標株価を560円から590円に引き上げている。第3四半期決算発表を受けて売りが優勢となっていたことから、安心感が強まる状況へと繋がっているようだ。富裕層向けへの売却を本格化するなど利益率改善を予想し、来期以降の利益予想を上方修正。19年2月期営業利益は前期比23%増の270億円を見込んでいるもよう。

 ショーワ 1401 +963日ぶり大幅反発。大和証券が投資判断を新規に「2(アウトパフォーム)」としていることが買い材料視された。目標株価は1800円とされている。二輪車事業はインドネシアの市場回復に加えて、事業拠点再編などによる収益性改善といった自助努力も寄与。四輪車事業ではリコール問題が収束に向かっているほか、ステアリング事業の収益貢献も期待。来期予想PER水準では割安感が強く、更なる評価余地が大きいと判断。

 ベステラ 2052 -233急落。18年1月期業績予想の下方修正を発表。営業利益は5.6億円から3.6億円に減額し、一転して減益見通しとなったことがマイナス視されている。複数の案件で発注時期に遅れが生じ、着工が遅れたことが背景。また、プラント解体事業における3D計測事業も具体的な案件獲得が遅れているもよう。第3四半期まで2ケタ増益ペースだったために、減益への下方修正はネガティブサプライズとなった。

 タケエイ 1408 +914日ぶり大幅反発で昨年来高値更新。前日に発表した自社株買いの実施が好材料視された。
発行済株式数の2.1%に当たる50万株、6億円を上限としている。取得期間は2月1日から来年の1月31日まで。経営環境の変化に対応して、機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的としている。なお、前年のこの時期にも自社株買いの実施を発表しており、現在も取得実施期間中となっている。

 日立ハイテク 5290 +170一時5470円まで上昇し上場来高値を更新。JPモルガン証券は投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」、目標株価も4800円から6100円に引き上げた。AI/データラーニング用プロセッサー市場拡大などから、2018年のファンドリー関連設備投資はSPE全体の成長率を上回ると予想。また、在庫調整終了後の生化学分析装置の回復、日立グループにおける子会社再編の可能性などもカタリストと指摘。

 ドンキHD 6040 -140続落。第2四半期累計営業利益は前年同期比14%増の300億円前後だったもようとの観測報道が伝わっている。従来予想は同9%増の288億円であり、498億円としている通期予想を上方修正する公算とも。来店客数の伸びを主因に既存店売上が好調だったようだ。ただ、第1四半期実績から上期の上振れは想定線。通期市場予想は515億円強であり、こちらも上振れ期待が織り込まれている状況にある。

 東ソー 2531 +88反発。昨日は第3四半期の好業績観測報道が伝わったものの、サプライズは限定的として出尽くし感が先行する形となっていたが、本日は見直しの動きが優勢となっている。また、ジェフリーズ証券では目標株価を3500円に引き上げている。MDIは今後も強い需給環境が続き、苛性ソーダとPVCの需給環境も良好。シリカゼオライトやバイオサイエンスなど特殊化学も注目できるとしている。
<DM>

4日前

出来高変化率ランキング(14時台)

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。

■出来高変化率上位
コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率

銘柄コード 銘柄名 出来高 5日平均出来高 出来高変化率 株価変化率

黒谷         1400900  87560  1499.93% 2.88%
メディアシーク    2937000  231800  1167.04% 16.42%
助川電        648300  54600  1087.36% 19.54%
日本エンタ      1902400

4日前

ホワイトリスト指数は前日の12時比で-21.39%安【アルトコイン評価ニュース】



フィスコが算出するホワイトリスト指数は、前日の12時比で21.39%安の263.01ptになっている。


※データ取得の関係上、16通貨/19通貨で指数を算出。データが取得でき次第、随時追加していく。
※2017年9月29日に金融庁が正式に仮想通貨交換業者11社を認定した。そこで取り扱われている仮想通貨の一覧は「ホワイトリスト」と呼ばれている。ホワイトリスト指数とは、それを指数化したもの。

日付⇒ホワイトリスト時価総額(億円)⇒BTC時価総額(億円)⇒ホワイトリスト指数(pt)⇒BTC指数(pt)


12月25日
476,732  265,697  296.15  301.73

12月26日
487,747  266,423  303.08  302.64

12月27日
536,561  307,151  333.06  348.53

12月28日
530,913  300,221  330.95  342.11

12月29日
499,922  277,700  312.13  316.96

12月30日
539,269  277,470  336.70  316.69

12月31日
485,061  243,778  302.85  278.24

1月1日
526,712  266,623  329.03  304.48

1月2日
519,699  256,671  325.63  294.00

1月3日
570,697  282,751  356.89  323.24

1月4日
618,838  288,922  386.17  329.59

1月5日
639,182  293,027  397.81  333.38

1月6日
555,547  331,339  345.76  376.97

1月7日
569,046  332,618  354.16  378.43

1月8日
683,320  312,821  425.13  355.78

1月9日
613,262  290,753  383.30  332.21

1月10日
588,992  271,706  369.22  311.36

1月11日
588,626  273,535  370.74  314.94

1月12日
547,678  254,102  346.47  293.86

1月13日
569,991  261,070  361.33  302.54

1月14日
593,121  267,690  375.99  310.21

1月15日
563,291  255,704  357.86  296.96

1月16日
527,286  247,287  334.56  286.83

1月17日
413,620  206,310  263.01  239.82

<WA>

4日前

フィスコ仮想通貨指数 FCCI 100は前日の12時比で26.65%安【フィスコ・ビットコインニュース】



フィスコが算出する仮想通貨の時価総額トップ100指数(FCCI 100:FISCO Crypto Currency Index 100)は、前日の12時比で25.65%安の269.59ptになっている。


日付⇒FCCI100 時価総額(億円)⇒BTC時価総額(億円)⇒FCCI100指数(pt)⇒BTC指数(pt)


12月25日
569,522  265,697  295.97  301.73

12月26日
624,687  266,423  324.81  302.64

12月27日
664,793  307,151  345.33  348.53

12月28日
657,532  300,221  342.98  342.11

12月29日
640,888  277,700  334.72  316.96

12月30日
641,176  277,470  334.99  316.69

12月31日
631,335  243,778  329.84  278.24

01月01日
663,725  266,623  346.95  304.48

01月02日
672,648  256,671  352.68  294.00

01月03日
759,471  282,751  397.42  323.24

01月04日
828,193  288,922  432.69  329.59

01月05日
827,302  293,027  430.85  333.38

01月06日
861,880  331,339  448.86  376.97

01月07日
867,162  332,618  451.61  378.43

01月08日
901,592  312,821  469.38  355.78

01月09日
782,877  290,753  409.45  332.21

01月10日
786,485  271,706  411.05  311.36

01月11日
770,142  273,535  406.95  314.94

01月12日
716,967  254,102  379.53  293.86

01月13日
759,834  261,070  403.06  302.54

01月14日
786,451  267,690  417.18  310.21

01月15日
747,813  256,559  396.22  296.96

01月16日
692,230  247,287  367.53  286.83

01月17日
543,134  206,310  269.59  239.82


<WA>

4日前

東京為替:ドル・円は伸び悩み、ユーロ・ドルにらみ

17日午後の東京市場でドル・円は110円60銭付近で伸び悩む展開となっている。来週開催の欧州中銀(ECB
)理事会での引き締めへの思惑から、ユーロ買いが入りやすい地合いが続き、ドルの下押し圧力となっている。また、前日の米株安の影響で、ドル買いは慎重になっているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円20銭から110円73銭、ユーロ・円は135円29銭から135円89銭、ユーロ・ドルは1.2255ドルから1.2323ドルで推移した。

<MK>

4日前

日経平均は99円安でスタート、アドバンテストや東エレクなどハイテクの一角は堅調



日経平均;23852.47;-99.34TOPIX;1890.09;-4.16



 日経平均は前引け値から若干下げ幅を縮めて始まっている。ランチタイムの225先物は23840-23850円辺りでのもち合いが続いていた。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。
円相場は1ドル110円60銭台と朝方からは若干円安に振れて推移している。

 セクターでは鉱業、石油石炭、海運、鉄鋼など資源関連を中心に軟調。半面、金属製品、パルプ紙、食料品、その他金融、その他製品がしっかり。指数インパクトの大きいファナック、ファーストリテ、ソフトバンクGが重しになっているが、一方でTDK、アドバンテスト、東エレクといったハイテク株の一角が堅調な展開に。
<SK>

4日前

仮想通貨のイベントスケジュール:1月17日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

1月17日:タイ ブロックチェーン カンファレンス(開催地:タイ)
1月17-19日:クリプト ファイナンス カンファレンス(開催地:スイス)
1月18日:CBOEビットコイン先物のSQ
1月18-19日:北米 ビットコイン カンファレンス(開催地:北米)
1月19日頃:イーサリアムからイーサリアムゼロが分岐予定(4936270ブロック目)
1月19-26日:ロンドン ブロックチェーン ウィーク2018(開催地:イギリス)
1月24-25日:クリプト ファンディング サミット(開催地:北米)
1月27日:世界ブロックチェーン・暗号通貨サミット(開催地:ロシア)
未定:SBIバーチャルカレンシーズ 取引所開設


<MS>

4日前

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反落、ファナックやファーストリテが下落寄与上位

17日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり150銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は反落。前日比103.10円安の23848.71円(出来高概算7億5000万株)で前場の取引を終えた。16日の米国市場ではNYダウが26000ドルに乗せた後に下げに転じており、前日のNYダウ上昇を織り込んでいた前日の上昇分が剥がれる格好となった。ただし、5日線レベルでの下げ渋りが見られるなか、前引けにかけてはじりじりと下げ幅を縮める展開。

値下がり寄与トップはファナック、同2位がファーストリテ、同3位がソフトバンクGとなり、3銘柄で日経平均を約62円押し下げた。前日に日経平均をけん引した反動といった形であり、インデックスに絡んだ商いに押されている。

一方、値上がり寄与トップはTDK、同2位がアドバンテスト、同3位が東エレクとなった。16日の米半導体SOX指数は上昇しており、ハイテクの一角は底堅い値動きに。その他、円相場の円高が一服していることも、安心感につながっているようである。トヨタ、ホンダなども底堅い値動きだった。

*11:30現在


日経平均株価  23848.71(-103.10)

値上がり銘柄数  69(寄与度+44.68)
値下がり銘柄数 150(寄与度-147.78)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格    前日比 寄与度
TDK         10140      240 +8.91
アドバンテ       2264  

4日前

後場に注目すべき3つのポイント~売り先行も市場は冷静、中小型株物色は活発

17日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反落、売り先行も市場は冷静、中小型株物色は活発
・ドル・円は小じっかり、ユーロ・ドルにらみ
・値下がり寄与トップはファーストリテ、同2位はファナック


■日経平均は反落、売り先行も市場は冷静、中小型株物色は活発

日経平均は反落。103.10円安の23848.71円(出来高概算7億5000万株)で前場の取引を終えている。16日の米国市場ではNYダウが26000ドルに乗せた後に下げに転じており、前日のNYダウ上昇を織り込んでいた前日の上昇分が剥がれる格好となった。ただし、5日線レベルでの下げ渋りが見られるなか、前引けにかけてはじりじりと下げ幅を縮める展開。

セクターでは鉱業、石油石炭、海運、鉄鋼など資源関連を中心に軟調。半面、金属製品、パルプ紙、食料品、その他金融、その他製品がしっかり。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。指数インパクトの大きいところでは、ファナック、ファーストリテ、ソフトバンクGが重しに。

日経平均は前日の上昇部分が帳消しとなったものの、5日線レベルでの底堅さが意識されており、もち合いレンジ内での推移となっている。指数インパクトの大きいファナック、ファーストリテ、ソフトバンクGが重しになっているが、一方でTDK、アドバンテスト、東エレクといったハイテク株の一角が堅調な展開となっており、安心感につながろう。

また、マザーズ指数、JASDAQ平均も下げてはいるが、個別に決算や証券会社による格上げ等を材料に動意をみせている銘柄も多く、地合いは悪くないだろう。主力処は手掛けづらそうだが、中小型株での値幅取り狙いの売買は活発である。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は小じっかり、ユーロ・ドルにらみ

17日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。ユーロ・ドルが上昇後に反落し、ドルへの下押し圧力が弱まった。

米政府機関の一部閉鎖などへの懸念から、足元ではドル売り基調に振れている。対照的にユーロの地合いの強さが示され、本日のアジア市場は朝方の取引でドルへの下押し圧力が強まり、ドル・円は110円20銭まで弱含んだ。

その後、ユーロ・ドルは1.2323ドルから失速し、ドル売りは後退したようだ。ただ、ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続き、日本株安を見込んだ円買いに振れやすい。ドルは目先、上値の重い展開が予想される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円20銭から110円66銭、ユーロ・円は135円29銭から135円84銭、ユーロ・ドルは1.2255ドルから1.2323ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・ヨシムラフードやメディアシークがストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはファーストリテ、同2位はファナック


■経済指標・要人発言

・米ホワイトハウス
「トランプ米大統領は15日、中国の習国家主席と最近の朝鮮半島情勢について話し合っ
た」

・ビルロワ・ドガロー仏銀総裁
「最近のユーロ高は不透明要因に」

・バイトマン独連銀総裁(FAZ紙)
「年内の資産買い入れ終了が適切だろう」
「ECBによる国債購入には無視できないマイナスの副作用がある」
「2019年中旬のECBの利上げアナリスト予想は、ECBのガイダンスのおおよそ一致」

・ヨルダン・スイス国立銀行(SNB)総裁
「スイスフランは、依然過大評価されている」
「金利の上昇はフラン高につながる」
「仮想通貨は問題を生む」

・ウッズ英中銀副総裁
「英建設大手カリリオンに対する融資については、全て対処可能」

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
特になし

<海外>
特になし

<DM>

4日前

さらに訪日客増加を目指すには、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/17付の「DailyOutlook」では、訪日客の増加とキャッシュレス決済について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『1月16日に発表された2017年訪日外客数は2,869万人(前年比19.3%増)と1964年以降で最多となった。また、訪日外国人旅行消費額は4.4兆円と5年連続で過去最高額を更新、初めて4兆円を突破した』と伝えています。

続けて、2020年に訪日外客数4,000万人、消費額8兆円という政府目標を挙げ、『さらなる訪日客増加に向けて、ニーズに合った施策が必要となろう。観光庁のアンケートによると、旅行中に困ったことには「施設等のスタッフとコミュニケーションがとれない」や「無料公衆無線LAN環境」などが挙げられた。そうした中、「両替」や「クレジット/デビットカード利用」、「ATMの利用」といった決済関連も訪日客にとって融通の利かないものとなっているようだ』と分析しています。

さらに、『こうした背景を捉え、政府は「未来投資戦略2017」でキャッシュレス化の推進、消費データの共有・利活用を方針として打ち出している。キャッシュレス決済比率は中国、韓国が5割、米国が4割を超えている一方で、日本は約2割に留まっており(2015年)今後10年間(2027年6月まで)で倍増の4割程度にすることを目指す。訪日外国人の半数以上はクレジットカードを利用しており、クレジットカード払いでの消費単価は現金払いと比較して1.4倍に及んでいることを考えると、キャッシュレス化はインバウンド需要を取り込む上で必要不可欠といえよう』とまとめています。

最後にレポートでは、『主なキャッシュレス関連銘柄』を紹介しています。具体的にはLINEやソニー、GMOPGなど全5銘柄が挙げられていますので、詳しくは1/17付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜


<DM>

前の記事へ »